ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの仕事とは

ファッションデザイナーの仕事は主に洋服や靴、バッグなどをデザインすることです。

服飾品のデザインを生み出し、そこからヒット商品を生み出すのがファッションデザイナーの仕事です。

アーティストやクリエイターのような職業ですが、実際には市場の動向を正確にとらえ、多くの人が求めているファッション提案をすることが人気デザイナーには必須の能力です。

服づくりは、どんな服が流行するかのマーケティングをすることから始まり、マーケティングした情報をもとに、色や素材を考慮したデザイン画を作成し、その後バターンの作成、裁断、縫製と進み、一つの作品を作り出していきます。

ファッションデザイナーの業務の内容

企業内デザイナーとオートクチュールデザイナー

アパレルメーカーなどの企業内のデザイナーとオートクチュールのデザイナーとでは、仕事の内容が異なります。

企業デザイナーは、大量生産される服のデザインが中心で、業務が細分化されており、マーケティング担当からの指示をもとにデザイン画を作成し、後の工程に渡します。

パターンはパタンナー、縫製は縫製者などそれぞれが分担して服を仕上げます。

一方オートクチュールデザイナーは、顧客の注文に応じてデザインをし、1品1品つくるため、デザイナーによっては、作業を分担せずに縫製まで自分で作業をする人もいます。

次の流行を作り出す

ファッションデザイナーは一歩も二歩も時代の先を読みデザインしていかなくてはなりません。

衣服を作り出すファッション業界は、季節ごとに新作の発表会としてファッションショーを行いますが、売り出すシーズンのおよそ半年前に行われます。

そのためファッションデザイナーは常に半年先の季節に何が流行するのか、お客さまがどのようなものを求めるのか、またはお客様の購買意欲を高めるような衣服を作り出すことができるのかといったことを考えてデザインをしていかなくてはなりません。

流行は今年にこのような衣服が流行ったから、来年も同じデザインの衣服が流行るとは限りませんし、毎年全く変わったデザインのものが流行るのかというとそのようなこともありません。

ファッションデザイナーには、さまざまな情報を収集し、その上で流行を読んでいく力が求められます。

各ブランドではお互いに流行の探り合いをしているため、一般的に大きく外れるということは少ないのですが、予想外の気候などにより流行を生かせない場合もあります。

日本独特のファッションの魅力を伝える

着物文化にはじまる独自のファッション文化を持つ日本は世界からも注目されています。

今や日本発のファッショントレンドは世界にも広く知られており、日本が持つ文化発信力のひとつに数えられるようになりました。

近年では特に若い世代のファッションが世界から注目され、ポップカルチャーで人気の「Kawaii」文化など、外国ではしない重ね着の仕方、考えられない色や柄の組み合わせ方などが日本独特のファッションとして認識されているのです。

着物などの伝統的なファッションの「わびさび」と新しい文化「Kawaii」といったように、対照的な要素を合わせた独特な美が存在する日本のファッションの魅力を伝えていくことも、ファッションデザイナーの大きな役割でもあります。

ファッションデザイナーの役割

企業内デザイナーの役割

アパレルメーカーの場合、衣服が作られるまでデザイン、生地選び、パターン作成、裁断、プリント、縫製、二次加工、袋詰めといった工程があり、それにあわせて仕事も細分化されているため、ファッションデザイナーといっても必要になる専門知識や技術は仕事の内容により変わってきます。

メーカーのコンセプトにあった衣服をデザインすることが役割とされる場合がありますし、いくつも分業されている作業の中で、衣服を作り上げるためにスタッフとのよいチームワークを作ることを役割とされている場合もあるでしょう。

フリーのファッションデザイナーの役割

独立したブランドを持っている人は衣服のデザインだけに限らず、素材選びから、衣服を縫って作り上げ、ときにはそれを販売するまで行います。

仕事内容が異なればファッションデザイナーとしての役割も異なってくるのです。

なかにはオートクチュールのデザイナーとして、一人ひとりの要望に応えることを役割としている人もいます。

服をデザインすることで人に喜んでもらう

仕事の内容が異なってもファッションデザイナーに求められるのは、人に喜ばれる衣服を作るということです。

自分がデザインした衣服という作品を作り出すわけですから、衣服を使って自分の考えを発信するという役割もあります。

作品ができ上がれば達成感や喜びがありますが、作り出した作品が誰にも目にとまらず、また目にとまったとしても喜ばれなければ、作品を作り出した意味はありませんし、もちろん収入にも結びつきません。

ファッションデザイナーの一番の役割は、自分が欲しい衣服を作るのではなく、「人が求める衣服」「人に喜んでもらえる服」をデザインすることなのです。

ファッションデザイナーの業務の流れ

ファッションデザイナーが描いたデザイン画に沿って、パタンナーが型紙を作って製品に仕上げていくというのが服作りの基本的な流れです。

デザインを専門に行うデザイナーと、パターン(型紙)づくりを専門に行うパタンナーに分業されているところが多いのですが、小規模なアパレルメーカーやデザイン事務所などにはファッションデザイナーがパタンナーの仕事をこなすという人もいます。

デザイン画を描き、パターンを製作し、企画の提案まで行うという「何でも屋」という一面があるのも、デザイナーの仕事の特徴といえます。

ファッションデザイナーの勤務先の種類

主な就職先はアパレルメーカー

有名なファッションデザイナーの大半は自分でブランドを立ち上げて成功した人たちですが、それはごく一部です。

ほとんどのファッションデザイナーはアパレルメーカーや繊維メーカーなどに勤務して、その会社の製品づくりを担っています。

大量生産される既製品のことを「アパレル」着る人に合わせてオーダーメイドで服づくりをすることを「クチュール」といいますが、現在活躍しているファッションデザイナーの大半はアパレル生産に関わる仕事をしています。

一般的な「ファッションデザイナー」のイメージとは異なるかもしれませんが、多くのファッションデザイナーは企業内で会社員や契約社員として働いているのです。

独立すればフリーでの仕事も可能

ファッションデザイナーに求められる能力は、いかに独創的で多くの人に受け入れられるデザインを作ることができるかという点にあります。

コンクールなどで実績を上げたり、ヒット商品を次々生み出したりするファッションデザイナーは引く手あまたで、独立してフリーで活躍する人も少なくありません。

オートクチュールのデザイナーとなったり、自身のブランドを立ち上げたりして世界で活躍するデザイナーになっていく人も多く、ファッションセンスと流行を読む力、そして表現する力があれば実力次第でどんどん出世していくことができる職業です。

ファッションデザイナーの就職先の種類・活躍の場