メイクアップアーティストの需要・現状と将来性

メイクアップアーティストの需要は高まっています。 近年、少子高齢化の中でメイクは若者だけのものではなく、高齢者に向けたメイクセラピーや医療メイク・特殊メイクなど活動の幅は広がっています。 この記事では、メイクアップアーティストの需要・現状と将来性について解説します。

メイクアップアーティストの需要

近年、老人ホームなどの高齢者向け施設では、メイクを施すことで気持ちを若々しく保つ「メイクセラピー」への期待・需要が高まっています。 高齢者にメイクを施し、きれいになった自分の姿を見ることで心が穏やかになり、セラピー効果を得られると注目を集めています。 少子高齢化を迎えるなか、メイクは若者だけのものではなく、今後は高齢者に向けたサービスもより需要が増えていくことでしょう。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの現状

いつの時代も人は「美」を求めているため、ヘアメイクに関する仕事はなくならないでしょう。 インターネットなどでメイクアップの情報を簡単に手に入れられるようになったため、一般の方でもメイクアップの方法に詳しくなってきています。 そのため、メイクに強く関心を持った人が、個人でヘアメイクアップアーティストに仕事を依頼し、パーティーなどの前に自分だけの特別なメイクをプロに施してもらうといった新たなビジネスも登場しています。

メイクアップアーティストの将来性

近年では、ヘアメイクの個別サービスに期待が高まっています。 お客さま一人ひとりに対するホスピタリティ精神が必要とされますし、高いコミュニケーション能力も不可欠で、さまざまな人と会話できるだけの応用力も持ち合わせていなければなりません。 また、ヘアメイクだけではなく、ファッション・ライフスタイルなどの生活全般をトータルにコーディネートできるような、マルチな才能の持ち主が活躍の場を広げていくといわれています。 現在の技術や実力に甘んじず、常に上を目指している向上心のあるメイクアップアーティストが求められています。

メイクアップアーティストの今後の活躍の場

特殊メイクの需要の拡大

日本ではまだまだ需要が少ない「特殊メイクアップアーティスト」にも期待の目が向けられています。 これはシリコンやラバー等の特殊な素材を用いてゾンビやモンスターのような大きなマスクを作ったり、人間の顔や体をまったくの別人や想像上の生物などに変身させたりするメイクアップ技術で、映画などで見たことがある人も多いのではないでしょうか。 CGではない特殊メイクはリアリティがあり、映画や舞台などさまざまな場所で求められています。 特殊メイクの本場はまだ外国ですが、今後は国内でも需要が拡大することが考えられます。

医療関係でのメイクの役割

ケガや病気を治療するための手術等によって体に傷が残ったり、皮膚が変色したりしてしまったりすることで、精神的な苦痛を強いられ外に出られなくなってしまったり、生きる喜びを感じられなくなったりしてしまうこともあります。 そうした体の傷や肌の変化をメイクによって隠す「医療メイク」に注目が集まっています。 医療メイクは

などと呼ばれることもあり、その人の症状にあったメイクを施すことで、治療に前向きな気持ちを持ってもらったり、自分に自信をつけてもらったりします。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの需要のまとめ

いつの時代も人は「美」を求めているため、ヘアメイクに関する仕事はなくならないでしょう。 パーティーの前にメイクをプロに施してもらうビジネス、高齢者向け施設で、メイクを施す「メイクセラピー」への期待が高まっています。 近年では、生活全般をコーディネートできるような才能の持ち主が活躍の場を広げていくといわれています。 メイクアップアーティストの今後の活躍の場として、特殊メイク業界や医療業界などが挙げられ、映画や舞台などで特殊メイクの技術が求められています。 また、医療業界でも、「医療メイク」に注目が集まっています。