パタンナーの1日のスケジュール・生活スタイル

パタンナーの業務スケジュール

半年以上先の型紙を考える

ファッション業界は、常に流行を先取りしなくてはなりません。

アパレルメーカーでは、半年から一年以上季節を先取りして服を作っているため、夏に冬のコートつくったり、真冬に水着を作ったりするなども当たり前です。

そのため実際に来ている服と考えている服は季節がずれたものとなり、常にツーシーズン以上先の服について考えていく必要があります。

パタンナーの繁忙期

パタンナーの繁忙期は、コレクションやショーなど新作の発表前です。

発表の前は、型紙を作り直したり細かな修正を加えたりなど仕事が膨大となります。

また複数の型紙を同時につくっていたり、ブランドの型紙を一手に引き受けていたりするようなパタンナーは、夜も眠れないほど忙しくなることも少なくありません。

そのため休日出勤や残業も当たり前となります。

反面、パタンナーのみならずファッション業界で働いている人たちは、自身がかかわった服が世に出ることに非常に達成感を持つ人が多いため、大変さを感じながらもやりがいをもって繁忙期を乗り切るという人が多くなっています。

アパレルメーカーで働くパタンナーの1日

9:00 出勤

パタンナーの1日は、今日のスケジュールを整理することから始まります。

複数のパタンナーが仕事をしている場合は、パタンナーが集まって本日の仕事内容を報告しあうこともあります。

9:30 作業開始

仕事内容の整理ができたら、いよいよ本業のパターン製作です。

一度作業を始めると数時間は集中することになるので、昼食休憩まではパターン製作に励みます。

13:00 休憩

14:00 クライアントと打ち合わせ

ファッション・アパレル業界は朝が比較的遅い企業が多いため、クライアントなど外部の人との打ち合わせなどは主に午後にセッティングされます。

クライアントとの打ち合わせや企画会議、完成品の試着などの対外的な仕事をする日は、クライアント先に出向くことも少なくありません。

17:00 パターン製作

仕事が立て込んでいなければ定時で帰宅しますが、仕事が忙しいとこの時間帯から再びパターン製作に没頭することが多く、納期が近づいていときや繁忙期だと終電くらいまで作業をすることもあります。

22:00 帰宅

デザイン事務所で働くパタンナーの1日

9:45 出社

朝は比較的遅いため、納期前や繁忙期でなければゆっくりと出社できます。

10:00 ミーティング

デザイナーやパタンナーが集まってミーティングをし、一日の仕事内容を確認します。

工場や営業などから急な問い合わせがあれば対応します。

10:30 問い合わせ対応

工場の担当者と連絡をとり、縫製に出すものの最終確認や準備をしたり、サンプルであがってきたものを試着して確認したりします。

13:00 パターン制作

パタンナーが複数人いるため、それぞれが分担してパターンを作ります。

納期前や繁忙期でなければ比較的自由に時間を使うことができます。

16:00 会議

デザイナーや営業、工場の担当者などが集まり、生産に関する会議を行います。

どのアイテムが売れているのか、次の流行はどんなものかを話し合ったり、次の売り上げ目標や生産数を確認したりします。

19:00 終業

パタンナーの勤務時間・休日・仕事は激務?