このサイトはシューフィッターを目指す人のための情報サイトです。

シューフィッターとは?

シューフィッターとは、一人ひとりの人間の足にピッタリと合う靴を選んで提案する、靴の専門家のことをいいます。おもに靴の専門店や百貨店の靴売り場などに勤務し、足の疾病予防の観点からお客さまの正しい靴選びをサポートします。シューフィッターになるためには、「足と靴と健康協議会(略称FHA)」が養成・認定しているシューフィッターの資格が必要です。シューフィッターとしての求人は極端に少なく、まずは販売員として靴を売りながらシューフィッターの資格取得を目指してステップアップする人が多くいます。年収は大手靴メーカー勤務であれば約500万円、大手百貨店では600万円以上となっているようです。健康志向の高まりからプロのアドバイスを求める人は増えているため、今後はシューフィッターの活躍の場がさらに広がるかもしれません。

シューフィッターの仕事内容

シューフィッターとは「足と靴と健康協議会」が認定している資格であり、靴の専門店などに常駐するシューフィッティングの専門家です。

足に合わない靴は靴ずれや足の痛みを引き起こすばかりでなく、履き続けると脊髄にまで歪みが表れることがあり、腰痛をはじめとする体の不調を招きかねません。

こうした体の不調を未然に防ぐため、シューフィッターは来店した顧客に対し、足の疾病予防の観点から正しい靴選びをサポートします。

まず、複数の計測用具を用いて顧客の足のさまざまな部位の高さや形状などを測定。その測定値をもとに、足の形に合い、なおかつ好みに合ったデザインの靴を選びます。

そして、選んだ靴に微調整を加え、無理なく快適に履ける状態にして販売するのです。さらに、歩き方や足の健康についてのアドバイスも行います。

シューフィッターになるには・必要な資格は?

シューフィッターになるためには、「足と靴と健康協議会(略称FHA)」が養成・認定しているシューフィッターの資格が必要不可欠です。

シューフィッターの資格には初級の「プライマリー」、上級の「バチェラー」、最上級の「マスター」のグレードがあり、まずはプライマリーの合格を目指します。

プライマリーの受験には靴に関する仕事に3年以上従事している経験が必要であるため、靴の販売店などに就職して実務経験を積んでから受験するのが一般的です。

3日間の講習と3ヶ月間の通信講座を経て初めて受験資格が与えられ、試験合格者がプライマリーに認定されます。

民間資格とはいえ、厳格な養成の上に成り立っているため、取得していると信頼の証となる資格のひとつだといえるでしょう。

シューフィッターに向いている人

一口に「靴」といっても、サンダルからロングブーツまでさまざまな種類や形状があり、シーズンごとの流行によっても店舗のラインナップは常に変動します。

その中で、それぞれの靴の形、性能、履き心地などを把握し、顧客の足や要望に合った1足を選び出すためには、靴が好きであることはもちろん、人一倍の探究心と情熱が必要です。

また、シューフィッターは接客業であるため、コミュニケーション能力の高さや、人に尽くしたいというホスピタリティも重要。

こうしたことから、探究心があり、人と接することや喜ばれることが好きな人が、シューフィッターに向いているといえるでしょう。

シューフィッターの就職状況・雇用形態

シューフィッターを目指すには、靴に関する仕事の実務経験を積む必要があります。

そのためまずは、靴の専門店や百貨店の靴売場、靴メーカー、アパレルメーカー、スポーツ用品店など靴を扱う会社に、販売員や製造員などとして就職します。

就職に必要な学歴は会社によって異なりますが、高卒でも就職できる会社は多数あり、雇用形態は正社員や契約社員が多いようです。

また、シューフィッターは特殊な職業であるため求人の数は極端に少なく、転職はしにくいのが特長です。

1つの会社内で経験を積みながら知識を蓄え、シューフィッターの資格試験に臨むのがおすすめです。

シューフィッターの給料・年収・待遇

最初はシューフィッターではなく販売員や製造員としての就職となり、初任給の平均は月に18〜20万円という一般的な金額です。

働きながらシューフィッターの資格取得のための勉強をするのは大変ですが、合格すると販売員や製造員からシューフィッターの職種に転身でき、手当てがついて昇給される会社が多く見られます。

平均年収は所属する会社の規定により異なりますが、大手靴メーカーの場合は約500万円、大手百貨店の場合は600〜750万円ほどです。
s

シューフィッターの生活・勤務時間・休日

販売店勤務の場合は早番、遅番などの交代制があったり、開店から閉店まで通しで勤務するため残業が多かったりと店により異なり、曜日に関係なくシフトで出勤することが多いようです。

欠員が出た場合には代わりに休日出勤せざるを得ず、人気のシューフィッターともなれば顧客から指名を受けることもあるため、顧客の都合を考慮して出勤日を調整しなけらばならないなど、臨機応変な対応が求められます。

休日は、大半の会社が平日を中心とした週休2日を実施し、一般企業のように有給休暇や長期休暇も設定。前述のような休日出勤があっても、後から代休を取れるように考慮されています。

シューフィッターの現状と将来性

近年、健康づくりのためにウォーキングやランニングをする人が増え、足に合った靴を選ぶことへの関心が高まってきました。

また、自分の足で歩くことができなくなり、要介護リスクが高くなる「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」を予防し、健康寿命を延ばすことが提唱される中、中高年層でも足に合った靴の必要性が見直されています。

こうした中、プロのアドバイスを求める人の増加とともにシューフィッターの活躍の場は格段に広まり、今後もそのニーズは絶えることはないでしょう。