テキスタイルデザイナーになるには

ファッションの専門学校や美術大学を卒業

テキスタイルデザイナーをめざす人は、どのような準備をする必要があるのでしょうか。

まず、デザイナーというのは芸術的なセンスさえあれば誰もが就くことができる職業である一方で、色や図形に関する知識、正確なデッサンをする高い技術など、多くの専門知識が求められることを理解しておかなければいけません。

独学でデザイナーをめざす人もいますが、可能な限りはファッションやアパレルに関する専門学校に進学してデザインの勉強をしておくとよいでしょう。

被服科がある大学もありますし、芸術大学や美術大学の中にもデザインを学べる学部や学科があるので、このような大学に進学するのもひとつの方法です。

アパレルメーカー繊維メーカーに就職

デザインの学校を卒業したら、テキスタイルデザイナーの求人がある企業に就職します。

アパレルメーカーやインテリアメーカー、繊維メーカーや素材メーカー、他にも生地問屋やデザイン事務所などさまざまな就職先があります。

ファッションのテキスタイルを作りたい人はアパレルメーカーに、家具や家電のテキスタイルを作りたい人はインテリアメーカーに就職というように、自分の携わりたい商品に合わせて就職先を探すとよいでしょう。

一人前になるまでの修行期間も

就職後は、すぐにテキスタイルデザイナーとして責任のある仕事を任されるわけではありません。

デザイナーという職業全般にいえることですが、この業界では、一人前になるまでの数年間は先輩の仕事を見ながらしっかりと基礎を身体に叩き込むことが大切だとされています。

デザインの基本はもちろんのこと、クライアントとの付き合い方や社内のデザイナー同士の人間関係、そして何よりも自社の扱う商品のコンセプトや客層を理解できるようになってから、一人前のデザイナーとして仕事が任されるようになります。

企業によっては採用後に試用期間を設けていたり非正規雇用でのスタートだったりすることもあるので注意が必要です。