理容師の仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

理容師の仕事とは

理容師の仕事は、お客さまの髪を切り整えることです。

ただ単純に髪を切るだけではなく、理容室(床屋)に来店されたお客さまの要望や好み、ヘアや頭皮の状態などを見極めながら、適切にカットをして髪型を整えていきます。

また、サービス業の一種として、お客さまに対する応対・接客マナーを身につけることも欠かせません。

とくに、お得意さまや常連のお客さまの好みや髪の特質などは細かく把握しておく必要があります。

来店時にはお客さまから何もいわれなくても、いつもどおりの気に入ったヘアスタイルに仕上げていくといった心遣いも求められる仕事です。

理容師の業務の内容

カットのほかには、毛染めの要望に際してお客様の髪の色合いを確認する「カラーコーディネイト」、毛染めの「ヘアカラーリング」、髪をロッドで巻き上げる「ワインディング」などがあります。

さらに近年では、爪の手入れを行う「ネイルケア」や、ヘアやスキンの相談に応じてアドバイスを実施する「コンサル」などがあります。

これら一つひとつの施術を駆使しながら、お客さまに満足をお届けするのが理容師の仕事です。

理容師の役割

理容師はただ、ヘアスタイルを整えることが仕事ではありません。

洗髪しヘアスタイルを整えることにより、多くの人の美や健康を支えています。

さらに、理容室に来たお客さまにひとときのやすらぎを与え、整ったヘアスタイルで快適な生活を送ってもらうという役割もあります。

理容師の勤務先の種類

理容師の勤務先は、全国にある理容室です。

理容室は、店舗ごとに経営方針や雰囲気が異なるため、自分に合ったお店を選ぶことが重要になってくるでしょう。

経験を積み、自分の技術に目途がついてくると、なかには独立し自分の店舗を構えることを考える人も出てきます。

理容師の仕事の流れ

お客さまのヘアスタイルを仕上げるまでにはたくさんのプロセスがあり、各プロセスでさまざまな技術が施されていきます。

まずは、お客様さまの髪を切る体勢までを整える「セッティング」です。

どんな風にカットしたいのか「カウンセリング」し、実際に髪を切っていく「カッティング」を行います。

さらに、カット後の髪を洗う「シャンプー」、髭や顔のうぶ毛処理を施す「シェービング・顔剃り」、カット後の髪を整える「ブロー」という流れです。

最後に肌の手入れを行う「フェイシャル」、そしてすべてのプロセスを終えてから全体を見直して整える「フィニッシュ」、これが、基本的に理容師が提供する一連の施術です。

理容師と関連した職業

美容師との定義の違い

理容師とよく似た職業に「美容師」があります。

理容師法と美容師法により、それぞれの業務内容は法律上で以下のように定義されています。

理容師

頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること(理容師法第1条の2第1項)

美容師

パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること(美容師法第2条第1項)

美容師との仕事内容の違い

実際に両者の仕事内容は共通するところがありますが、カミソリを使う「シェービング」に関しては、理容師免許の取得者のみが行うことができます。

かつて美容師が男性のヘアカットを行えるのは「パーマ等に付随する場合のみ」と制限されていました。

しかし2015年の規制緩和によって、理容師がパーマネントウエーブを行うこと、美容師がカッティングを行うことも認められるようになりました。

なお、現代の日本では男性も女性も利用できる複合型サロンの増加、消費者ニーズの多様化などにより、理容師法、美容師法のあり方は今後変わってくると考えられます。

美容師の仕事