美容師の1日・生活スタイル

美容師の業務スケジュール

店舗の営業時間に合わせて働く

美容師は、働いている美容室の営業時間に合わせて仕事をします。

首都圏の美容室は、働く人に合わせて12時前後から22時頃までと遅くまで営業としている店が多くあります。

一方、地方や地元に密着したサロンになると、10時前後から20時頃までと夕方には予約を打ち切る店舗がほとんどです。

近年は高齢者のニーズに合わせて9時ごろから開店していたり、お客さまの自宅に出張したりして施術をする美容室もあります。

拘束時間が長く休みが少ない

見習い・アシスタント期間は店舗の営業時間外に雑用や練習をこなさなくてはならないため、どうしても一日の拘束時間が長くなりがちです。

スタイリストになると今度は教育する側の立場になり、店長になると経営者としての仕事もこなさねばならず、美容師をしていると結果的に忙しい日々を送ることになります。

一見華やかに見える職業ではありますが、現実は高速時間も長く、決して楽な仕事ではありません。

もしプライベートの時間をたくさんとりたいという場合には、入店前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

美容室で働く美容師(スタイリスト)の1日

09:30 出勤

開店前の30分から60分前には入店し、掃除や器具の準備などをします。

09:50 朝礼

スタッフ全員で当日のスケジュールなどを共有します。

10:00 営業開始

開店と同時に予約のお客さまが訪れます。
カット・カラー・パーマ・スタイリングなどをお客さまへの接客・施術をします。
カルテを見てお客さまの髪質やヘアスタイルを考えながら、満足いくスタイルに仕上げていきます。

14:00 休憩

日によって休憩時間は変わります。
予約が立て込むなど忙しい日は、ゆっくりと休憩をとることが難しいこともあります。
大手チェーン店などでは確実に1時間ほどの休憩をとれる場合もあります。

20:00 閉店

閉店の30分から60分前には予約受付を終了し、残っているお客様の接客をこなします。
閉店してから店内の掃除やレジ締めなどを行います。

21:30 個人練習

店舗の仕事終了後からは、新人を中心にお店に残って各施術の練習をします。
お店によっては練習会を開き、スタッフ全員で技術向上のための練習を行います。

23:00 帰宅

美容室で働く美容師(店長)の1日

09:30 出勤

出勤前に銀行へ寄り売り上げの入金や記帳を済ませます。
美容室によっては新札や釣り銭を用意することもあります。

09:50 朝礼

スタッフ全員で当日のスケジュールなどを共有します。

10:00 営業開始

指名が入っていないときは、美容室内の商品の管理や備品の買い出し、イベントやキャンペーンの計画など美容室の運営に関わる仕事をします。
ときには取材に対応したり広告を出すために広報に関する業務も担当したりします。
トラブルやクレームがあった際には、担当美容師とともに対応します。

14:00 休憩

20:00 閉店

レジ締めをして今日の売り上げを確認します。

21:30 帰宅

ときには個人練習に付き合ったり、新人の指導をしたりすることもあります。

美容師の勤務時間・休日