エステティシャンになるには

エステティシャンになるには

エステティック養成学校やスクールに通う

エステティシャンは施術の際には人間の肌に直接触れるため、確かな技術と知識が求められます。

エステティシャンとして、即戦力として働きたい場合は養成学校やスクールで学び、基礎的な知識を身につけてから就職するのが一般的で、専門学校などを卒業し一定の知識を持っている場合、就職時には待遇面でも優遇されることがあります。

エステティックサロンと提携している養成学校に通えば、そのまま系列サロンに就職というルートも考えられます。

近年ではサロンの数も増え、エステティシャンのニーズは高まりつつある一方、手に職を付けられる仕事として、エステティシャンの志望者も増加傾向にあるようです。

ライバルが増えているため、エステティシャン養成学校やスクールに通い、少しでも就職に有利になる方法をとることがますます必要になってくるかもしれません。

専門学校やスクールに通わずに就職するには?

エステサロンを運営する企業の中には、たとえ未経験であっても徐々にスキルアップしていける教育制度を整えているところもあります。

いまエステの需要は高まっているため、エステティシャンとして就職することは、条件さえ選ばなければそれほど難しくなく、異業種から転職する人も増えているようです。

ただし勤務先によって提供するサービスが異なるため、就職後は社内研修を受けたり自主的に勉強したりする必要があります。

エステサロンによっては、お客さまの営業に力を入れているところもあり、前職が営業職などであった場合は高い営業スキルが買われ、有利に就職できる可能性もあります。

エステティシャンになるまでのルート

エステティシャンの資格・難易度

エステティシャンには国家資格がないものの、さまざまな民間資格があります。

日本エステティック協会「認定エステティシャン」・CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」・日本エステティック業協会「AEA認定インターナショナルエステティシャン」など、こうした資格は、通信教育での独学や、専門学校・スクールで学ぶなどすることで取得することができます。

資格のなかには受験資格が必要となるものや、認定する団体の正会員にならなくてはならない場合もあるため、資格を取得したいときには、条件をしっかりとチェックしましょう。

エステティシャンを目指す人に必要な資格やおすすめの資格は?

エステティシャンになるための学校の種類

エステティシャンになるための美容を学ぶ学校としては、美容系の専門学校・エステティシャン養成学校・民間のスクール・通信教育などその種類や学び方はさまざまです。

学校やスクールのなかには、「日本エステティック協会」などエステ関連の協会から認定されているところもあります。

資格を取得するための実務経験などが免除されるなどのメリットがあり、さらには業界内での信頼も厚く大手エステサロンなどからの求人が多数あるようです。

自分に合った学校やスクールを選択するのもよいですが、卒業後の進路を考えて学校を選ぶのもひとつの方法です。

エステティシャンになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

エステティシャンに向いている人

エステティシャンを目指す人はもともと美容に興味があるという人がほとんどですが、サロンに来るお客さまも美容に対してこだわりを持っている方が多く、お客さまの期待に応えるために、エステティシャンは専門的な知識を身につけておく必要があります。

また、美容が好きというだけでなく、普段から自分自身でもさまざまな美容法を試したり、最新の情報を集めたりするような人が、この職業に向いているといえます。

エステティシャンに向いている人・適性・必要なスキル

エステティシャンのキャリアプラン・キャリアパス

エステティシャンは、経験がものをいう仕事でもあります。

そのため、エステティシャンとして経験を積めば積むほど、お客さまからの信頼も得られ、仕事も順調に行うことができるでしょう。

エステティシャンとして経験を重ねた人は、エステティシャンを束ねたり新人を指導したりするマネージャーや店舗を運営する経営側になるほか、独立して自分の店舗を開業する人も少なくありません。

エステティシャンを目指せる年齢は?

エステティシャンを目指す際は、若ければ若いほどよいといっていいでしょう。

エステに来られるお客さまはたいていが若い女性ですので、同年齢だとコミュニケーションが取りやすかったり共感を得られやすかったりというメリットがあります。

また、体力勝負の仕事のため、若いうちからエステティシャンの仕事に慣れていた方が、心身共に楽であるという面もあります。

ただし、今後は少子高齢化が進み、年配のお客さまも増えると予想されることから、ある程度の年齢を重ねてもエステティシャンとして活躍する人が増えると考えられます。

エステティシャンを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でエステティシャンを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、エステティシャンの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもエステティシャンが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。