海外で活躍するメイクアップアーティストになるには? 留学は必要?

海外で活躍することは、メイクアップアーティストにとって大きな憧れです。

海外におけるヘアメイクの技術は日本以上速いスピードで進化し続けているため、海外へ夢を抱き、飛び出している人も少なくありません。

この記事では、海外で活躍するメイクアップアーティストになるために必要なこと・留学ついて解説します。

海外で活躍するメイクアップアーティストになるには?

ヘアメイク技術が進む海外での挑戦

日本でもメイクアップアーティストという職業の認知度は随分と高まりましたが、海外におけるヘアメイクの技術は日本以上に洗練されていたり、速いスピードで進化し続けています

とくにハリウッドのあるロサンゼルスや、アートやカルチャーのムーブメントの中心地となるニューヨーク、さらにはパリコレなどでも有名なフランス・職人制度が残るドイツなどのヨーロッパ諸国では、世界的に活躍するメイクアップアーティストを多数輩出しています。

そのため、日本で力を身につけたメイクアップアーティストの中には、

  • 世界を股にかけて仕事をしたい
  • 自分の力をもっと試してみたい

といった夢を抱き、海外へと飛び出している人も少なくありません。

入念な準備が大切

いくらスキルを身につけて海外に行きたいと思っても、現地で働くためには準備を進めておかなければなりません。

たとえば、海外で働く際には労働ビザの取得が必要ですし、その国独自のメイクアップアーティストの免許が求められる国では、現地の学校に通って再び学び直さなければいけません。

ほとんどの国では現地に美容学校やヘアメイクスクールが存在するため、短期留学でもそういった学校に通い、そこでの生活を経験しながら働くイメージを持っておくのもよいかもしれません。

経験を積んだメイクアップアーティストは、人の紹介によって海外へ挑戦の舞台を移す人も多いようですが、何の人脈もない状態で海外に行くのであれば、自分で道を切り開いていくだけの熱意とバイタリティが不可欠です。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

海外留学でヘアメイクを学ぶ

海外の美容学校

ヘアメイクの最先端ハリウッド映画でも有名なアメリカ・ロサンゼルスでは、メイクアップアーティストや美容関係の専門職を目指す人向けに、世界を舞台に活躍するプロのメイクアップアーティストや、スタイリストの指導が受けられる美容学校が多数存在します。

そのほか、イギリスやフランスにも留学生を受け入れる美容学校は数多くあり、マイスター制度(職人制度)をもつドイツでも、メイクアップアーティストの養成教育は盛んに行われています。

同じ美容学校といっても、国や学校によってカリキュラムも大きく違えば、在学期間もさまざまです。

現地で働くとなればワーキングビザの取得が必要になるため、留学後は日本に帰国し、ヘアメイクプロダクションに入ったり、フリーで活躍したりする人が多いようです。

国内で学んでからの留学がベター

メイクアップアーティストを目指す人にとって、海外で学び、視野を大きく広げることは憧れかもしれません。

ただし、ヘアメイクの留学は、一切ヘアメイクに関する知識や技術がない状態からではなく、国内の美容学校で基本的なことを身につけたのちに行うほうがベターです。

現地の美容学校では、留学生の受け入れ条件として、語学力はさほど問わないケースが多いですが、海外で生活するとなると言語の壁もあり、慣れない環境で生活するだけでも負担を感じやすく、未経験で新しいことを学び続けるのは難しいでしょう。

現地の学校では、より実践的な講座が多く開講されていることから、やはり最低限の知識を持っていたほうが成長しやすいようです。

海外で活躍するメイクアップアーティストになるには? のまとめ

日本で力を身につけたメイクアップアーティストの中には、世界を股にかけて仕事をしたい・自分の力をもっと試してみたいといった夢を抱き、海外へと飛び出している人も少なくありません。

海外で働く際には労働ビザの取得や、その国独自のメイクアップアーティストの免許が求められる国では、現地の学校に通って再び学び直さなければいけないこともあります。

そのため、短期留学で現地の学校に通い、そこでの生活を経験しながら働くイメージを持っておくのもよいでしょう。

また留学は、実践的な講座が多く開講されていることから、国内の美容学校で基本的なことを身につけたのちに行くほうがより成長しやすいようです。