美容部員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

  
美容業界は華やかなイメージがあり、若い女性が憧れる業界のひとつです。

化粧品販売のスペシャリストとも呼ばれる美容部員はどんな人が目指している職業なのでしょうか?

この記事では、美容部員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことについて解説します。

美容部員を目指すきっかけで多いもの

とくに日頃から化粧品に興味があって、ファッション誌のメイク特集やヘアメイクの雑誌をよく読んでいる人にとっては、

  • 自分もメイクを仕事にしてみたい
  • 仕事を通してたくさんの化粧品を扱ってみたい

といった理由で美容部員を目指す人が多いようです。

美容部員の志望動機の考え方

「メイクが好き」というだけでは、美容部員を目指す志望動機としてはあと一歩足りません。

美容部員というのは、メイクアップアーティストとは違いあくまでも「化粧品販売のスペシャリスト」だからです。

もちろん、美容部員として働くうえでは、化粧品に対する関心が不可欠ですし、メイクのトレンドや美容情報を得ることも大切です。

しかし、それ以上に大切なのは、

  • 人と話すのが好き
  • 人にアドバイスするのが得意
  • 誰かを喜ばせる仕事がしたい

といった接客業への興味や関心です。

美容部員は美容という観点からお客さま一人ひとりに深く関わっていく仕事であるため、この心を深く持っていなければ、この業界でやっていくことは難しいでしょう。

美容部員の志望動機の例文3パターン

なぜこの企業なのかを明確にした志望動機

    「私が貴社の美容部員として働きたい理由は、他社の化粧品メーカーに比べ一人ひとりのお客さまに対しじっくりと向き合っていると感じているからです。

    私はメイクが好きで、さまざまな化粧品メーカーの化粧品を購入してきましたが、貴社のコスメカウンターでは必ず肌の状態を調べ、ファッションやヘアスタイルを見て自分に合ったものをおすすめしてくれます。

    実際に美容部員さんにおすすめしてもらった化粧品を使うと、肌がきれいに見えたり顔が華やかに見えたりと効果を感じられ、毎回嬉しい気持ちになります。

    私もそんな人たちの仲間になり、多くの人を笑顔にできる美容部員になりたいです。」

特定のブランドやアイテムに対する思いをこめた志望動機

    「私が貴社を志望する理由は、○○というブランドを長年愛用しているからです。

    私は肌が弱く、使える化粧品が限られますが、○○というブランドは自然派でオーガニックにこだわるなど肌に優しいことをコンセプトにしていて、私でも使うことができます。

    肌の弱さに悩んできた私だからこそ、同じ立場の人に対し優しさと思いやりをもって接客できる美容部員になりたいです。」

自分自身の経験をもとにした志望動機

    「私は将来、肌の悩みを抱えるさまざまな人を助けたいと考えています。

    学生時代、肌荒れに悩みさまざまな化粧品を試しましたが、なかなか改善せずに悩んでいたことがあります。

    その際、貴社の美容部員さんに出会い、化粧品ではなくサプリメントをすすめられました。

    実際に使うと徐々に肌質が改善し、本当にうれしかったです。

    貴社はメイクだけでなくサプリメントやダイエット食品などさまざまなアイテムを扱っているため、さまざまな悩みを抱える人に対しトータルでアプローチしていきたいです。」

美容部員の面接で聞かれること・注意点

美容部員の面接で聞かれること・注意点
  • 採用試験では面接が実施される
  • 面接時の服装とメイクについて
  • 面接でよく聞かれること

採用試験では面接が実施される

多くの化粧品メーカーでは筆記試験の後に面接が行われます。

美容部員は接客業で、メーカーやブランドの顔としてお客さまに接します。

どれだけ勉強ができる人であっても、面接官から

  • 人間性がともなっていない
  • 会社やブランドのイメージに合わない

と判断されてしまえば、不合格になる可能性があるため、面接対策はしっかりと行う必要があります。

面接時の服装とメイクについて

美容部員はスタイルが良く美人できれいな人ばかり採用されているように見えますが、実際に求められているのはそのメーカーの「ブランドイメージに合う人」です。

採用担当者に「この人は当社の制服やメイクが似合いそう」「ブランドイメージに合った接客ができそう」と思わせられれば、面接が成功する確率も上がるでしょう。

服装は制服をイメージさせ、礼儀正しい印象を与えるスーツが最適です。

どのようなスーツにすればいいか迷った場合は、自分の志望する化粧品メーカーやブランドがどのような制服を採用しているかをあらかじめ調べ、似たような着こなしを選ぶとよいでしょう。

また、メイクは派手すぎず、あくまでナチュラルにしておきましょう。

好きなブランドだからといって、そのメーカーの最先端のメイク用品を駆使すればいいというものではありません。

志望先の会社のブランドコンセプトやイメージをよく研究したうえで、接客に向く優しいイメージをアピールすることが大切です。

面接でよく聞かれること

どの企業でも必ず聞かれるのが志望動機です。

なぜ美容部員として働きたいのか、仕事にかける意欲や意気込みをしっかり伝えられるよう、答えを準備して面接に臨みましょう。
また、そのメーカーやブランドのどこに関心を持っているかも評価されやすいため、しっかりと下調べしておくことが肝心です。

美容部員の自己PRのポイント

美容部員の自己PRのポイント
  • 自分が即戦力として活躍できることをアピールする
  • 自分は将来有望で企業に貢献できる人材であることをアピールする

1つ目は、自分が即戦力として活躍できることをアピールすることです。

専門学校などで学んだり資格を持ったりしている人は、スキルを身につけるまでの経緯や、仕事に就いてからスキルをどのように生かしていきたいと考えているかをアピールしましょう。

2つ目は、自分は将来有望で企業に貢献できる人材であることをアピールすることです。

スキルや経験はなくても、「根性がある」「接客が好き」「人をきれいにしてあげるのが好き」といった、将来的に仕事に役立つといえる自分の個性や強みは、立派な自己PRになります。

過去のエピソードを交えながら、自分の言葉で伝えましょう。

美容部員の履歴書で気をつけるべきこと

特定の化粧品メーカーを受ける場合

特定の化粧品メーカー専属の美容部員の試験を受ける場合は、しっかりと企業研究をして臨みましょう。

その化粧品メーカーが出している商品のシリーズや最近のCM、ポスターなどについても情報を仕入れたうえで、自分なりの意見をいえるようにしておくことが大切です。

できれば、実際にたくさんの化粧品を試してみてお気に入りの化粧品をいくつか見つけておきその商品の魅力や使用する上で、自分が工夫しているポイントなどを記載できると、その化粧品メーカーの美容部員への志望の本気度が伝わりやすくなります。

店舗の美容部員として働く場合

百貨店やドラッグストアの化粧品売り場のスタッフとして美容部員の役目を担う場合には、化粧品メーカーほどは厳しく志望動機が問われないこともあります。

しかし、「なぜ化粧品販売がしたいのか」という思いをしっかりと持ち、伝えられるようにしておくことは大切です。

接客業の一種であることを認識した上で、この仕事への熱意を記載する必要があるでしょう。

美容部員の志望動機のまとめ

自分もメイクを仕事にしてみたい・仕事を通してたくさんの化粧品を扱ってみたいといった理由がきっかけで、美容部員を目指す人は少なくありません。

ですが、メイクが好きというだけでなくあくまでも化粧品販売のスペシャリストとして化粧品に対する関心や、メイクのトレンドや美容情報を得る努力は必要です。

さらに、それ以上に大切なのは、人と話すのが好き・人にアドバイスするのが得意・誰かを喜ばせる仕事がしたいといった接客業への興味や関心です。

美容を通じてお客さま一人ひとりに深く関わっていく仕事であるため、接客業への興味や関心がなければ、この業界でやっていくことは難しいでしょう。

また面接では、効果的な自己PRをすることも合否を左右する要素となります。