「メイクアップアーティスト」とは

メイクアップアーティスト_画像

人を美しく魅せる専門家。モデル、女優などにメイクを施し、ヘアスタイルを整える。

メイクアップアーティストは、俳優や女優、モデル、タレントなどにメークを施す仕事です。

テレビ、映画、雑誌、舞台など、それぞれの場において、照明や光のあたり具合、テーマやシチュエーション、出演者の個性や服装などを考慮して、メイクを施します。

ヘアメイク専門プロダクション、エステティックサロン、化粧品メーカーなどで働くほか、フリーで活躍している人もいます。

ヘアメイクアップアーティストになるために資格は必要ではありませんが、メイクの専門学校で学び、関連企業に就職するというルートが一般的です。

また、美容師から転身する人も多くいます。

フリーとして活躍するまでの道のりは険しく、厳しい下積み時代を覚悟しなければなりません。

「メイクアップアーティスト」の仕事紹介

メイクアップアーティストの仕事内容

ヘアメイクのプロ

メイクアップアーティストとは、雑誌、テレビ、雑誌、映画などのメディア、ファッションショーやイベント、さらにはブライダルやサロンなどで、芸能人あるいは一般の人々に対してヘアメイクを行う人のことをいいます。

日本では、基本的に「ヘアスタイリング」と「メイクアップ」の仕事は分業されておらず、メイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが求められます。

メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにはどうすれば良いのかを考えながら働きます。

ヘアメイク専門のプロダクションに勤める人が多いですが、エステサロンや化粧品メーカー、またフリーランスなど、さまざまな働き方があります。

メイクアップアーティストの就職先・活躍の場

ヘアメイク専門のプロダクション

メイクアップアーティストの主な活躍の場は、ヘアメイク専門のプロダクションです。

そのほか、エステティックサロン、ブライダルサロン、化粧品メーカーなどでも働いています。

実力をつけた人の中にはフリーランスになり、特定の企業などに所属せず、自分で仕事を見つけてさまざまな案件をこなす人もいます。

メイクアップアーティストの仕事内容は、勤務先などによって少しずつ異なるため、どのような活躍をしたいかによって就職先を考えるとよいでしょう。

メイクアップアーティストの1日

勤務先によって異なる一日

メイクアップアーティストの1日の過ごし方は、勤務先によって変わってきます。

化粧品メーカー勤務であれば、一般的な社員と同様に決まった時間に出社・退社をすることが多いですが、フリーランスの場合、日によって1日の流れはまったく異なります。

仕事現場によっては日中だけでなく早朝や深夜に仕事をすることがあります。

メイクアップアーティストの1日の例

10:30 現場入り
現場に移動し、スタッフに挨拶。
メイクアップの準備を始めます。

11:00 メイク開始
モデルや依頼のイメージに合ったメイクをしていきます。

12:00 ヘアメイクの直し
撮影中は乱れや崩れをこまめにチェックします。

14:30 撮影終了
空き時間や移動時間に休憩をします。

17:30 次の現場へ
テレビの現場に入るときは、長時間待機することもあります。

0:30 帰宅

メイクアップアーティストになるには

美容系専門学校で学ぶ

未経験からスタートする場合の一般的なルートとしては、まず美容系専門学校やヘアメイクが学べる専門学校に入学し、卒業後にプロダクションやブライダルサロン、化粧品メーカーなどに就職する方法が挙げられます。

プロダクションや企業では、専門学校の卒業者のみを採用するケースも多いため、専門学校を卒業しておくほうが有利となります。

美容専門学校で学んだ場合は、美容師国家試験を受けて美容師免許を取得できるため、美容師として働きながらヘアメイクを行うという人もいます。

メイクアップアーティストの学校・学費

さまざまな専門学校がある

メイクアップアーティストを目指す人のためには、ヘアメイク専門学校や、美容専門学校のヘアメイク科などがあります。

2年制の学校が多く、ある程度時間をかけてヘアメイクの基礎から実践まで学ぶというスタイルが一般的です。

通学が難しい場合、自宅にいながらにしてテキストやDVDなどを使って学べる通信講座や民間のスクールがあります。

日中は別の仕事をしながら夜間コースに通うなど、時間がない人でも学びやすいという特徴があります。

メイクアップアーティストの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

メイクアップアーティストになるために特別な資格は必要とされません。

メイクアップに関する民間資格は、JMAメイクアップ技術検定試験や、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験などがあり、自分のスキルを確かめたり就職の際に生かしたりするためにチャレンジする人も少なくありません。

また、就職先によっては美容師免許を持っていることを採用の条件とすることもあります。

ヘアスタイリングを行うという点で、美容師の資格を持っているということはメイクアップアーティストにとって有利になるでしょう。

メイクアップアーティストの給料・年収

アシスタント時代は苦しい生活

メイクアップアーティストになる場合、まずはアシスタントからスタートする人がほとんどです。

先輩の補佐や簡単な業務をこなしながら仕事を覚える下積み期間のため、給料は月収10万円に満たないこともあり、苦しい生活が続きます。

しかし、経験やスキルがついてくるにつれて徐々に給料も上がり、300万円から400万円程度は安定して稼げるようになるでしょう。

フリーランスで活動する場合は、仕事の依頼が増えれば増えるほど収入が増えるため、実力次第では1000万円以上稼ぐこともできます。

メイクアップアーティストのやりがい、楽しさ

イメージ通りのヘアメイクを施す

メイクアップアーティストは、モデルやお客さま、また依頼者が求めるイメージ通りのヘアメイクをしなくてはなりません。

どのような依頼にもこたえられるようになるには、相当な知識量と技術の習得が不可欠で、ときには自分の思った通りにヘアメイクができず不甲斐なく思うこともあるかもしれません。

しかし自分が施したヘアメイクを気に入ってもらえれば、モデルや依頼者からお褒めの言葉がもらえ、直接喜ぶ顔が見られるのです。

こうしたことが、メイクアップアーティストとしてのやりがい、喜びにつながります。

メイクアップアーティストのつらいこと、大変なこと

不規則な生活になりがち

メイクアップアーティストは、一般の会社員のように朝から夕方までの勤務というわけにはいかないことが大半です。

芸能人などにヘアメイクをする場合は、深夜や早朝に行われることも日常茶飯事で、メイクアップアーティストは夜中から現場入りし、仕事を始めます。

毎日不規則な時間で働かなければならない日もあり、撮影はスケジュール通りに進まないこともしばしばあるため、長時間の拘束されることも有り不規則な生活になりがちなのが大変なところです。

メイクアップアーティストに向いている人・適性

「美」や「ファッション」に興味がある

メイクアップアーティストになるためには、「ヘア」「メイク」「ファッション」など、美容やファッションのこと全てに関心を持っていることは大切です。

また、モデルやお客さまをヘアメイクの力でより魅力的にすることが仕事ですから、自分自身のファッションや雰囲気にも気を配らなくてはなりません。

自分自身の美やファッションにも気を遣うことができる人、トレンドや世界にも目を向けてメイクやファッションを楽しめるような人が、この仕事には向いています。

メイクアップアーティスト志望動機・目指すきっかけ

メイクが好きという気持ち

メイクアップアーティストは、「メイクが好き」という純粋な気持ちから目指す人がとても多い職業です。

普段から雑誌のメイク特集などを読んで研究するのが好きな人には、メイクアップアーティストは憧れの仕事でしょう。

また、テレビや映画、雑誌など、メディアが好きで、自分もそういった「作品づくりに携わりたい」という気持ちから、メイクアップアーティストを目指す人もいます。

いわゆる「裏方」の仕事ですが、人を陰で支えるのが好きな人にとっては、充実感が得られる仕事でしょう。

メイクアップアーティストの雇用形態・働き方

企業勤めかフリーランスか

メイクアップアーティストには、プロダクションなどの企業に所属して働く人と、フリーランスで働く人の2種類があります。

企業勤めの場合は、安定した仕事が与えられる一方で、自分の好きな仕事ができなかったり、給料が一定だったりというデメリットもあります。

フリーランスの場合は、好きな仕事を選べ人気があれば高給になる一方で、常に仕事があるとは限らず、人気がなければ廃業してしまうリスクもあります。

自分がどのように働きたいのかをしっかり考えておきましょう。

メイクアップアーティストの勤務時間・休日・生活

長時間労働を覚悟しておく

撮影現場で働く場合、勤務時間は不規則で拘束時間は長くなりやすくなります。

現場ごとに出勤時間が異なるため、一般的な会社員のように毎日ほぼ決まった時間で働けるということは、あまりないと考えておいたほうがよいでしょう。

美容室やヘアメイク専門のサロンの場合は、基本的には店の営業時間内で働きますが、アシスタント時代はその他に練習や道具の準備や手入れに時間を取られることがあります。

ブライダル業界で働く場合は、1日に数本のヘアメイクを担当することもあり、春や秋など結婚式が多い時期は多忙な生活になりがちです。

メイクアップアーティストの求人・就職状況・需要

さまざまな業界で求められている

メイクアップアーティストとしては、近年は活躍の場が広がっているといえます。

インターネットや衛星放送、ケーブルテレビなどの「多チャンネル化」が進み、タレントやモデルの出演の場が増えたことから、ヘアメイクが必要とされる機会も増加傾向にあり、メイクアップアーティストの需要も増えています。

ただし、この職業はあくまでも「スキルありき」の専門職であることから、たしかな知識と技術なくして、長く活躍していくことは難しいことは覚悟しておきましょう。

メイクアップアーティストの転職状況・未経験採用

美容師からの転身が多い

メイクアップアーティストに転職する人が多いのは「美容師」です。

美容師として働きながらメイクを担当しているうちに、メイクのほうにより強い興味が出てきたという人や、舞台メイクや特殊メイクなどに挑戦してみたいという思いから、転職を決意する人が多いようです。

美容師から転職する場合は、「美容師免許」を持っていることが一つの強みとなります。

ただし、いくら美容師として経験があっても、メイクの知識を身に付けなければならないため、メイクアップアーティストとしてはアシスタントからのスタートになります。

メイクアップアーティストの現状と将来性・今後の見通し

新しいメイクアップビジネス

近年、高齢者向け施設では、高齢者にメイクを施し、キレイになった自分の姿を見ることで心が穏やかになり、セラピー効果を得られるという「メイクセラピー」に注目が集まっています。

また、シリコンやラバーなどの特殊な素材を用いてマスクを作り、人間の顔や体を全くの別人や想像上の生物などに変身させるメイクアップ技術にも注目が集まっています。

今まではモデルや芸能人、一般人を美しく見せるためのメイクが中心でしたが、こうした医療系のメイクや特殊メイクにも、新たなビジネスチャンスが見いだされていくことでしょう。