このサイトはメイクアップアーティストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「メイクアップアーティスト」

仕事内容
メイクアップアーティストの主な仕事は、俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクを施すことです。メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにはどうすれば良いのかを考えながら働きます。ヘアメイク専門のプロダクションに勤める人が多いですが、エステサロンや化粧品メーカー勤務、またフリーランスなど、さまざまな働き方があります。
なるには
メイクアップアーティストになる代表的なルートとしては、高校卒業後にメイクアップの専門学校で2年間学び、その後、プロダクションやサロンなどへの就職するという方法が挙げられます。中には美容師専門学校で学んだのちに国家試験を受け、美容師免許を取得した上でメイクアップアーティストとして活躍する人もいます。学校での勉強や資格が絶対に必要というわけではありませんが、まったく知識がない状態からの就職は難しいようです。
給料
プロダクションに勤める場合、まずはアシスタントからスタートする人がほとんどです。先輩の補佐や簡単な業務をこなしながら仕事を覚える下積み期間のため、給料は月収10万円に満たないこともあります。しかし、経験やスキルがついてくると昇給し、300万円~400万円程度は安定して稼げるようになるでしょう。フリーランスで活動する場合は、仕事の依頼が増えれば増えるほど収入が増えるため、成功すれば1000万円以上稼ぐこともできます。
将来性
プロが施す質の高いメイクはテレビや映画、舞台、結婚式など求められる場が多く、それだけ需要の高い仕事と言えます。しかし、高い技術力がなければ仕事として続けていくことは難しいため、華やかではありますが、実力主義の世界であることを忘れてはなりません。近年はメイクだけでなく、ヘアやファッション、ライフスタイルまでマルチな分野に造詣が深く、実力を身につけた人材のニーズが 高まっているようです。

仕事体験談