このサイトはウエディングドレスデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

ウェディングドレスデザイナーの仕事内容

ウェディングドレスデザイナーは、結婚式で新婦が着用するウェディングドレスのデザインや制作を行うのが仕事です。
お客さまからイメージやカラー、デザインなどをヒアリングし、体型や希望に沿ったウェディングドレスを紙面にデッサンすることから始めます。

お客さまが納得するまで時には数種類のデザイン画を提出することもあります。

デザイン完成後は型紙に起こすパタンナーに依頼。具体的な指示やイメージのすり合わせを行い、素材や色、柄などを考えながら縫製し、実際の形にして仕上げます。

またドレスデザインを作成し提案するだけでなく、パタンナーも自分で担当するデザイナーや、縫製やコーディネート、接客を行うデザイナーもいます。

ウェディングドレスデザイナーになるには・必要な資格は?

ウェディングドレスデザイナーになるには、服飾専門学校などでデザインや縫製に関する知識や技術を身に付けることが必要です。

その後、ウェディングドレスブランドやオーダーメイド専門店、結婚式場などに就職。

自社ブランドで既成品のデザインを行ったり、オーダー専門店でお客さまからのデザインの要望を具体化したりしていきます。

ウェディングドレスデザインが評価され、クチコミなどでお客さまからの指名が増えて、自分のウェディングドレスブランドを立ち上げる人もいます。

必要な資格はとくにありませんが、色彩検定や洋裁技術検定、ファッションビジネス能力検定などを受けておくとデザインに役立つ可能性があります。

ウェディングドレスデザイナーに向いている人

観察力がある人、絵を描くのが得意な人はデザイナー向きといえますが、重要な要素は発想力があるかどうかです。

流行を先取るデザインを考えたり、お客さまが求める以上のデザインを生み出したりするためには、センスを磨き、ユニークな発想力を身に付ける必要があります。

また、お客さまが頭で描くイメージをうまくくみ取るためのコミュニケーション能力も大切です。

ほかに、デザインを完成するまでミリ単位での細かな修正を繰り返すこともあります。集中力が高く、途中で投げ出すことなくコツコツとした作業ができる人がデザイナーに向いているといえるでしょう。

ウェディングドレスデザイナーの就職状況・雇用形態

挙式を企画・立案するウェディングプランナーや、ドレス選びのサポートをするウェディングプランナーに比べると、ウェディングドレスデザイナーの就職は求人自体が少なく、競争率も高いです。

そのため未経験者の場合はウェディングドレスを制作・販売する自社ブランドやオーダーメイド専門店などで、ウェディングドレスデザイナーのアシスタントから始めるといいでしょう。

経験を積みながら技術力や表現力を高め、オリジナルのデザインを描きためていくことで昇進や転職によるチャンスが得られることでしょう。

ただ、アシスタントやデザイナー助手などの場合は正社員ではなくアルバイト採用からとなることが多いです。

ウェディングドレスデザイナーの給料・年収・待遇

就業場所にもよりますが、新卒未経験の場合はアルバイトなら時給1000円前後、正社員なら給料は月16万〜20万ほどが相場です。その後、能力や経験によって給料アップとなる可能性もあります。

ウェディングドレスデザイナーとして働きながらハイレベルなセンスやデザイン力、技術力を磨き、たくさんのお客さまからの支持を獲得できるようになると、さらなる好待遇が見込めるでしょう。

また、デザインだけでなくパタンナーや商品開発、プロデュースなどブライダルに関する複数の分野を兼任できるような多彩なスキルを身に付けることで重宝され、待遇が上がる可能性もあります。

ウェディングドレスデザイナーの生活・勤務時間・休日

自社ブランドやドレスメーカーなど、法人相手の取引が多い会社では土日休みで9時から18時などの勤務体制が一般的です。

ただし、オーダードレス専門店や結婚式場など一般のお客さまを相手に働く職場の場合は、土日祝日を含むシフト制勤務となる可能性が高いです。

その際、勤務時間も各店舗の営業時間に合わせ、早番や遅番の2交代制での勤務となるでしょう。

一般的に婚礼時期のトップシーズンは春と秋となり、ドレスデザインはその前の段階となるため12月から3月、また6月から8月が繁忙期といわれています。この時期は休みが取りにくくなることが多いようです。

また納期に間に合わせるために、残業が発生することもあります。

ウェディングドレスデザイナーの現状と将来性

近年、オーソドックスな式場での挙式・披露宴だけでなくハウスウェディングやリゾートウェディング、海外ウェディングなどブライダル業界は多種多様な広がりを見せています。

ここ数年で業界規模も広がり、新しくブライダル産業に進出する企業も少なくありません。

しかし一方で挙式や披露宴を行わないカップルも増加傾向にあります。

ウェディングドレスデザイナーの将来性を高めるには、時代が求めるニーズを的確にキャッチしながら、いかにして独創性のあるデザインを生み出せるかにかかっています。

世界規模で活躍できる有名デザイナーを目指すのであれば、海外の服飾専門学校やアトリエ、サロンなどに飛び込んでみるのもいいでしょう。