ファッションデザイナーのつらいこと・大変なこと・苦労

ファッションデザイナーのつらいこと・大変なこと

仕事の仕方が異なる

ファッションデザイナーは企業勤めをする人、独立する人、フリーになって企業等と契約して働く人がおり、それぞれで仕事の形式が異なるところがあります。

たとえば企業勤めのファッションデザイナーの場合、仕事が分業化されているためにデザインに関わる部分の仕事に集中できますが、独立しているファッションデザイナーの場合、衣服をデザインするだけでなく、縫い上げ、さらに販売までしなければならない場合があります。

せっかくデザイナーになれたとしても、勤務先や働き方によっては思うような仕事ができないという部分もあるかもしれません。

次々に新しいものを生み出す苦しみ

ファッションデザイナーは、季節に合わせて次々と新作を考えなくてはなりません。

季節に合わせて素材やデザイン、流行を考えながら、新作のデザインを考えるのは大変な苦労です。

とくに第一線のファッションデザイナーになりたい場合は、季節ごとにお客さまが求めるものを次々新しく作りだしていかなくてはならないため、生みの苦しみを味わうという人も多いようです。

競争の激しい世界

ファッションデザイナーは人気のある職業ですが、有名になれるのはほんの一握りの人たちです。

またファッションデザイナーの世界は競争率が激しいのが特徴です。

一度頂点に昇ったからといって、それを維持できるとは限りませんし、ファッションデザイナーやブランドの地位を維持するには、お客さまが望む衣服を作り続けなくてはならないのです。

ファッションデザイナーの世界はお客さまの要望に応えられるかどうかがすべてで、実力がものをいう厳しい業界だということを頭に入れておきましょう。

ファッションデザイナーの悩み

ファッションデザイナーは自分のペースで仕事ができないことが多くあります。

季節ごとに新しい衣服を作るための納期もありますし、ファッションショーや展示会といったイベントなどがあれば、なかなか定時で帰宅するというわけにはいかず、仕事が不規則になりがちです。

また一人前のデザイナーになれば別ですが、経験が浅いうちは給与も忙しさに見合ったものではありません。

はじめのうちは下積み期間と考えている人も多くいますが、この期間を乗り切れずにファッションデザイナーの道をあきらめてしまう人も少なくありません。

ファッションデザイナーを辞める理由で多いものは?

自分のしたい仕事ができない

企業内デザイナーの場合、ブランドの方向性が変わらなければ基本のパターンから大きなデザイン変更はなく、ファッションデザイナーが大きく手を加えることが少ないというブランドもあります。

もっと自分らしい仕事がしたいと別な職種に転職したいと考える人は多いようです。

そのほかの理由としては「若手デザイナーが台頭してきて将来が不安」「ブランドそのものが衰退してきて将来性が感じられない」などがあるようです。

業界内では、同じくデザインの知識が生かせるパタンナーに転職するという人が多いようです。

生活時間が不規則

ファッションデザイナーはどうしても抱える仕事が多く、生活時間が不規則になりがちです。

そのため家庭と両立ができないと結婚・出産を機に仕事を辞める人もいます。

大きな企業の場合は産休や育休が整えられ、自宅で仕事ができる場合などもありますが、小さな企業の場合はこうした制度が整っていないことも多いようです。