何歳までメイクアップアーティストとして働ける?

メイクアプップアーティストは働き方次第で、何歳でも働ける職業です。

しかし、不規則な生活になりがちなため、体力が必要な職業でもあります。

この記事では、メイクアプップアーティストの定年・働き方などを解説します。

メイクアプップアーティストの定年

美術や音楽作品などを創造する「アーティスト」と同じように、メイクアップアーティストの場合も通常定年の概念はありません

もちろん、会社勤務であれば定年退職がありますが、スキルと体力・気力さえあれば、フリーランスなどの形で何歳であっても働ける仕事です。

ただし、ヘアメイクの技術や流行は常に進化していくものなので

  • 勉強を怠ることなく努力し続ける気持ち
  • 自分自身が常に美しく健康的

であることも大事です。

若い人が採用されやすい

メイクアップアーティストに就職や転職を考えた場合、とくに年齢制限はありません。

しかし、企業やプロダクションに就職するとなると、年齢は不利になってしまう場合があるので注意しましょう。

就職先の募集要項では、経験があったとしても年齢が定められていることもあります

メイクアプップアーティストはどうしても不規則な生活になりがちなため、体力がありフットワークの軽い若い人を採用したいと考えるところも多いです。

そのため、メイクアップアーティストとして長く働きたい場合は、企業に所属して働くのはもちろん、働き方を考えていく必要があります。

長く働くためには

メイクアプップアーティストは、テレビや映画の撮影などで不規則かつ拘束時間が長くなりがちなため、体力も必要な職業です。

とくにメディアの現場では、体力面で厳しいと感じることが多くなることもあります。

そのため、長く働くために

  • サロン勤務
  • フリーランス
  • 派遣社員

などに仕事を変えて働く方法もあります

サロンなど決まった営業時間内で働けば、体力面にも考慮しながら続けていけますし、経験や実績・信頼が大きな強みになるため、フリーランスになって無理のないペースで働き続けることもできるでしょう。

また、派遣社員として都合のよい時間だけ働くこともできます。

後進の指導役として働く

ある程度の年齢に達してからは、自分が中心となってヘアメイクを行うのではなく、

  • ヘアメイクの学校やスクールの講師
  • アシスタントに積極的に仕事を任せる

などして後進の指導に力を注ぐことにシフトする人もいます

インターネット上にも多くの情報があり、ヘアメイクに関する知識や技術はさまざまな方法で習得でき、独学でも勉強することは十分可能です。

ただし、現場での立ち振る舞いや具体的なメイクの仕方・仕事の流れなどは実際に現場で働いていた人でなければわからないため、現場を経験し、新人を指導できる立場の人はさまざまな場所で求められています。

今後の美容業界を担う若手を育成するためにアシスタントを雇い、実力がついたところで、自分の仕事を少しずつ任せていくというメイクアップアーティストも少なくありません。

何歳までメイクアップアーティストとして働ける? まとめ

メイクアプップアーティストはスキルと体力・気力さえあれば、何歳であっても働ける仕事です。

ですが、とくにメディアの現場では不規則な生活になりがちなため、年齢につれ体力面で厳しいと感じることが多くなることもあります。

そのため、長く働くためにある程度、時間に融通のきくサロン勤務・フリーランス・派遣社員などに仕事を変えて働いている人もいます。

また現場を経験し、新人を指導できる立場の人はさまざまな場所で求められているため、ヘアメイクの学校やスクールの講師や、アシスタントに積極的に仕事を任せ後進の指導に力を注ぐ人も少なくありません。