独学でネイリストになれる?

ネイリストを独学で目指す人はいる?

 

ネイリストには美容師のような国家資格もなければ、通学しなければならないとされる学校もありません。

未経験者でもアシスタントとして、採用し、現場で技術・経験を積ませるネイルサロンもあり、独学でもネイリストを目指すことは可能です。

しかし、ネイルサロン業界は即戦力を重視するほか、小規模サロンが多く、手取り足取り基本から新人を指導する時間や余裕がない所が多いです。

そのため、ある程度の知識や技術を有する人が優先的に採用され、専門学校やスクールでネイルの基礎を学び、その後ネイルサロンなどに就職する道を辿る人が多いのは事実です。

独学の勉強方法

 

専門学校や通信講座は、技術・知識習得を目的としたカリキュラムがきちんと組まれ、最新ネイル情報なども網羅されています。

しかし、独学の場合は、道具選び、テキスト選び、最新情報の入手など全て自分で行う必要があります。

独学の場合、まずは日本ネイリスト協会へ入会しておきましょう。

同協会は入会費・年会費を払えば一般会員になれ、検定などの情報が逐次届き、ネイル用品を安く購入することも可能です。

ネイルの勉強は、書籍やインターネットで情報を集めながら進めることができますし、ネイルをするために必要なグッズを購入すれば、技術的な練習もできます。

また独学において一番問題となるのは、疑問点やアドバイスを聞くことが出来る存在がいないということです。

ネイリストの友人、行きつけのネイルサロンのネイリストなどに、技術面のアドバイスを貰えると勉強は進めやすくなるでしょう。

独学のメリット

 

ネイリストの勉強方法として独学以外に、専門学校通学、通信講座受講があります。

専門学校に通学した場合、専門学校や通学スタイルにより、学費は幅がありますが、週5平日フルで通学した場合、年間100万以上かかることも多いです。

通信講座の場合、専門学校に比べると、費用負担は少ないものの、10万円程度はかかります。

一方独学の場合、テキスト代、道具類などお金のかけ方は個人にもよりますが、1万円~3万円と安い費用負担で勉強をスタート出来ます。

そのため、主婦や社会人などお金をかけずに技術を身に着けたいと考える人は、まず独学を検討するようです。

他にも自分が好きな時に気軽に始められるほか、好きな時間に勉強できる点も独学のメリットといえます。

独学のデメリット

 

技術指導がない

 

ネイリストに必要な知識については、専門学校や通信講座に比べて、勉強時間はかかるかもしれませんが、独学でも十分に習得可能です。

しかし、技術については、DVDや参考書をみながらの独学では難しいものがあります。

講師から直接技術指導を受けられないぶん、道具の使い方、技術、施術スピードが身についていないことが多いです。

就職に役立つ資格習得が難しい

 

ネイリストは必ずしも資格が必要ではなく、無資格でも採用するサロンもあります。

しかしネイルサロン側も、全くの素人よりは、ある程度の知識・技術がある人を優先的に採用したいものです。

そんな時にJNECネイリスト技能検定合格などのディプロマがあれば、専門学校を卒業していなくても一定の技術水準をPRでき、就職の間口が広がります。

サロンワークで求められるレベルはJNECネイリスト技能検定2級以上とされています。

JNECネイリスト技能検定3級は、ネイル初心者を対象としていて、独学でも十分に合格可能です。

しかし2級以上になると、難易度もあがり、合格率も下がります。

特に技術課題が難しく、講師からの直接指導がなく、技術習得に不安が残る独学受験者の合格が厳しいものがあります。

勿論、なかには1級を独学で合格した人もいるため、不可能ではありませんが、相当の勉強時間と気合が求められます。

効率よく勉強を進めるためには、2級以降は専門学校に通学したり、技術指導に定評のある通信講座を受講したりも検討しましょう