アパレル店員への転職・未経験採用はある?

アパレル店員への転職状況は?

アパレル店員の募集はとても多いため、転職先を探すのはさほど難しくないでしょう。

アパレルやファッション関連の仕事の経験がある人はもちろん、まったく関係ない業界から転職することも可能です。

ただし、異業種から転職する場合は、なぜアパレル店員を目指すのかという志望動機をしっかりと考えておくことも大切です。

アパレル店員への転職の志望動機で多いものは?

アパレル店員への転職として多いものは、好きなファッションブランドに関わりたいというものです。

実際にブランドのファンでお客として店舗に通っていた人が、そのままアパレル店員に転職したというケースはよく見られます。

また過去にアパレル店員として働いていた人が、自分の年齢やスタイルに合ったお店に転職したり、キャリアアップのために別な企業で働いたりすることは珍しくありません。

アパレル店員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からアパレル店員になるには

アパレル店員は比較的未経験や異業種からの転職も多いため、特別なルートはなく採用もされやすいのが現状です。

ただし、未経験からの転職の場合はアルバイトや契約社員からの採用が多いため注意が必要です。

アパレル店員への転職に必要な資格・有利な資格

アパレル店員は特別な資格や経験が問われる職業ではなく、資格があるからといって特別有利となることもあまりありません。

それよりもアパレル店員に対する自分なりの考えや想いを伝えられるようにしておくことが大切です。

アパレル店員を目指す人におすすめの資格はある?

アパレル店員への転職に役立つ職務経験は?

アパレル店員への転職の面接試験で重視されるのは、店員としては不可欠な基本的な言葉遣いやマナー、身だしなみなどです。

そのうえで明るく話しやすい人であれば、相手にプラスの印象を与えることができるでしょう。

サービス業や接客業での勤務経験があれば、こうしたことがあらかじめ身についているため、有利になることもあります。

アパレル店員への転職面接で気をつけるべきことは?

アパレル店員へ転職する際に気を付けなくてはならないのは「素人目線」を忘れないことです。

いくらそのブランドが好きでどれだけ愛用していたとしても、店員のように商品知識を語ったり、さも既に店員であるかのようなふるまいをしたりしてはいけません。

これから新たにアパレル店員になる人に求めていることは、お客として自分がどうされたらうれしかったか、どのような提案をしてほしかったかなどのお客からの視点で物事を考え仕事に生かすことができることです。

その企業のファンや愛用者だとしても、知ったかぶりをしていてはすぐに見抜かれてしまうので気を付けましょう。

アパレル店員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

アパレル店員はアルバイト採用が多い

アパレル店員はさまざまな年代の人が働いていますが、別職種からの転職を考えていく場合、20代のうちに行動に移すほうがよいでしょう。

アパレル店員はアルバイトや契約社員からスタートするケースが多いため、正社員に比べると給料も低いですし、待遇にも差があります。

若いうちは待遇よりやりがいを求める人もいますが、年齢を重ねてからの転職では生活に苦労するかもしれません。

ハードな仕事内容

転職を早めにしたいもうひとつの理由は、アパレル店員の仕事は意外に体力勝負であるということです。

勤務中は基本的に店頭で立ちっぱなしとなり、店舗によっては勤務時間が長かったり、シフト制で休日が不規則になったりするため、どうしてもハードワークになりがちです。

こういった体力を要する仕事が多いことからも、できるだけ若い人を採用したいと考える企業は少なくありません。

また、どのショップやブランドでも、たいていターゲットとなる年齢と同世代の店員が採用されるため、あまりに年齢を重ねていくと、若者向けのショップで働くのは難しくなります。

アパレル店員としてキャリアアップを目指していきたいのであれば、若いうちに転職を目指すほうがよいでしょう

未経験からアパレル店員の転職での志望動機

未経験からアパレル店員を目指す場合は、なぜアパレル店員を目指そうと思ったのかの理由をはっきりと話しましょう。

その上で、アパレル業界で生かせるようなこれまでの経験やスキル、アパレル業界や志望企業に関連したエピソードなどをプラスするとより効果的です。

アパレル店員への転職を考えている人は、アパレル企業の求人が豊富な転職エージェントを検討してみましょう。

リクルートエージェントは、最大手のエージェントであり、アパレル業界の求人も多数保有しています。

面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることができ、転職を無理に強要されることもないため、まずは気軽に相談から始めてみるとよいでしょう。