女性のファッションデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するファッションデザイナーには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のファッションデザイナーの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のファッションデザイナーの強み・弱み

ファッション業界は、多くの女性が活躍している業界です。

世界的に有名なファッションデザイナーの中にも女性は多く、日本ではコシノヒロコさんやその姉妹、森英恵さん、桂由美さんが有名です。

男性と女性を比較すると、女性のほうがファッションやショッピングへの興味関心が強い傾向があります。

また、女性が着る服のデザインを同じ女性の目線で考えられるというメリットもあります。

デザイン全体についてはもちろんのこと、スカートの広がり方や丈の長さ、ボタンの位置など、細かい部分において自分の経験やアイディアを生かせるでしょう。

「自分がどんな服を着たいか」から発想してデザインにつなげることができるのは大きな強みといえます。

ファッションデザイナーの結婚後の働き方・雇用形態

ファッション業界でも制度が充実してきている

女性のファッションデザイナーとして働くのであれば、妊娠・出産を経ても働きやすい環境が整っている企業を探すと長く働き続けることができます。

最近ではファッション業界においても産休や育休などの制度が充実してきているので、就職の際によく確認しましょう。

フリーランスになる道も

若いうちにたくさんの経験を積んで人脈を広げておき、いずれはフリーランスになるという道もあるでしょう。

フリーランスのデザイナーの場合、信頼関係があるアパレルメーカーやデザイン事務所などの企業から案件ごとに依頼を受けることになります。

仕事量が不安定になるという厳しさはありますが、自分のペースで働くことができるのが利点です。

ファッションデザイナーは子育てしながら働ける?

妊娠・出産のためとはいえ、長く修行してきたファッションデザイナーとしてのスキルを捨てなくてはならないのはつらいことです。

企業勤めのファッションデザイナーの場合、その会社に育児休暇などの育児支援制度があれば仕事を続けられるでしょう。

ただし、どうしても不規則な生活になりやすいため、仕事を続けるには周囲の協力が不可欠で、それがどのくらい得られるかにも大きく左右されます。

状況が落ち着いたときに復帰できるよう休んでいる間にも勉強するなど、ファッションデザイナーを続けるための努力も必要です。

ファッションデザイナーは女性が一生働ける仕事?

30歳前後で転職する人も

ファッションデザイナーは仕事が不規則なため体力的に厳しいだけでなく、納期があるために精神的に追い詰められることもあります。

そのためせっかく就職してスキルを積んでも途中で挫折する人も少なくありません。

企業デザイナーの場合、男女問わず30歳前後で将来のことを考える人が多く、転職したり他の職種へ異動したりする人もいるようです。

ファッションデザイナーとして現役で活躍するために

ファッションデザイナーは、時代の流行に敏感でなくてはならないため、若い世代の活躍が目立ちますが、一流のファッションデザイナーは若い人ばかりではありません。

むしろ一流といわれるファッションデザイナーは経験を積んだある程度の年齢の人の方が多いでしょう。

企業で働くファッションデザイナーも、40代や50代で活躍する人が増えてきました。

これは高齢化により、40代や50代、60代以上のファッションの需要も高まったためです。

こうした事情を考えると、消費者の高齢化にあわせてファッションデザイナーの仕事も多様化し、有望性は以前より高まっているといえます。

また経験を重ねれば、第一線で活躍するだけでなく若いデザイナーをとりまとめるポジションで仕事を続けていくことも可能です。

ファッションデザイナーのキャリアパスのまとめ

ファッション・アパレル業界は女性が多く活躍する業界であり、近年では産休・育休を取得して働く人や、復帰したあとのことを考え勉強を続ける人もいます。

企業デザイナーの場合、男女問わず30歳前後で将来のことを考える人が多く、転職したり他の職種へ異動したりする人もいるようです。

これは高齢化により、40代や50代、60代以上のファッションの需要が高まった事情を考えると、消費者の高齢化にあわせてファッションデザイナーの仕事も多様化し、長く続けられる仕事であるといえるでしょう。