このサイトはバイヤーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バイヤー」

仕事内容
バイヤーは、小売店や百貨店などの店頭に並べる商品を買い付ける仕事です。さまざまなジャンルで活躍するバイヤーがいます。たとえば洋服や靴を専門にする人は、主に「ファッションバイヤー」と呼ばれます。バイヤーはターゲットとなる消費者の姿をイメージし、どの商品をいくらで仕入れるかを考え、価格交渉も行いながら、売れそうなものを仕入れていきます。また、商品の売り方について販売員たちと一緒に考えることも仕事の一部です。
なるには
バイヤーは特別な資格を求められる職業ではありませんが、同時に、未経験者がいきなりバイヤーとして働くということもそう多くはありません。専門学校や大学卒業後に百貨店、アパレルショップ等に就職し、販売員として経験を積んだのち、本人の希望や適性によってバイヤーに転身する流れが一般的です。百貨店や量販店のバイヤーを目指すには幅広い視野が必要な一方、洋服のセレクトショップのバイヤーになる場合は、高いファッションセンスが必要とされます。
給料
百貨店や量販店に勤める場合、その店舗を運営する企業の社員として働くため、各企業の給与体系に沿った給料が支払われます。給料は規模や地域によって差がありますが、都心部の大手百貨店では年収600万円~800万円ほどとなっており、福利厚生なども整っていることが多いです。アパレル業界で働く場合は年収300万円~600万円程度が相場となっていますが、販売員より100万円以上高い給料をもらえる人もいます。
将来性
バイヤーが扱う商品の売上は景気に左右されることが多いため、不景気が続く現代は厳しい状況にあると言われています。バイヤーの求人も決して多くはなく、バブル時期のような景気が良かった頃に比べると、給与水準も下がっているようです。このような厳しい時代においては、ますますバイヤーの手腕が試されていくでしょう。売れる商品を見極める目やセンス、先見性など、幅広いスキルを備えた実力あるバイヤーが求められています。