このサイトは理容師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「理容師」

仕事内容
理容師は、主に髪の毛のカットやシャンプー、顔そりなどを行い、お客さまの髪型を中心に整える仕事です。近年ではカラーやパーマ、エステなども行う理容室が増えており、美容師との間で仕事内容に差がなくなってきていますが、カミソリを使う「顔そり」に関しては、理容師しか行うことができません。お客さまの希望をヒアリングし、時にはプロとしてアドバイスもしながら、一人ひとりに合った施術を行っていきます。
なるには
理容師として働くには、国家資格である理容師免許を取得する必要があります。高校卒業後、理容専門学校で2年間もしくは通信制の理容専門学校で3年間学び、所定の課程を修了することで、国家試験が受けられます。免許取得後は、専門学校での就職支援制度などを利用して理容室に就職する人が大半です。技術は経験と共に備わっていくものであるため、就職後も日々向上心を持ち、前向きに仕事に取り組む必要があります。
給料
理容師の平均年収は250万円~300万円程度が相場と言われており、決して高収入ではない仕事と思うかもしれません。しかし、勤務先や個々のスキル・経験によって給料にはだいぶ差があり、理容室の経営者などの場合、中には1000万円以上を稼いでいる人もいます。一朝一夕で収入が増える仕事ではありませんが、技術力や接客力を高めてお客さまの信頼を集められるようになれば、結果は少しずつ伴ってくるでしょう。
将来性
近年は男性向けの美容室が増えていますが、まだまだ「美容室は行きづらい、落ち着かない」という男性も多く、理容師のニーズは高いと言えます。美容師との垣根が低くなっていると言えども、顔そりができるのは理容師の特権です。理容師を目指す人の数は年々減少していますが、高齢化社会が進む中、高齢者や障害を持つ人へのサービス、訪問サービスなど、時代のニーズに合わせた理容サービスを提供する理容師たちに注目が集まっています。