芸能人のスタイリストになるには

芸能人スタイリストの仕事内容

芸能人のスタイリストは、テレビや映画、雑誌などで活躍する芸能人の衣装をスタイリングするのが仕事です。

テレビや雑誌などの撮影の際に、タレントやモデル、俳優などが着るものを選び、どのように着るとイメージに合うかを考えながら着こなしを考えます。

芸能界では「衣装さん」と呼ばれることもありますが、スタイリストという職業は衣装をコーディネートするだけが仕事ではありません。

撮影当日までに、テレビ局のディレクターや雑誌社の編集者、ヘアメイク担当やカメラマンといった制作にかかわるスタッフと撮影イメージについて細かく打ち合わせをします。

タレントやモデルに来てもらう衣装のイメージが決まったら、当日に着用してもらう衣装をアパレルメーカーやブランドからレンタルし、衣装や小物の管理をおこないます。

芸能人に衣装のスタイリングをするというと非常に華やかな世界に見えますが、実際には地道な作業も多くこなす必要があります。

芸能人のスタイリストになるには?

芸能人のスタイリストになるために特別な資格を取る必要はありませんが、実際に活躍しているスタイリストの多くは服飾やデザインの専門学校に進学しています。

専門学校を卒業した後、スタイリスト事務所に所属する人もいれば、アパレルメーカーに就職したり、プロのスタイリストのアシスタントになったりする人もいます。

服飾系の専門学校ではファッションに関するさまざまな知識を学ぶことができ、もちろん実務にも生かすことができますが、就職してすぐに芸能人のスタイリングができるケースは非常にまれです。

先輩スタイリストのアシスタントとして数々の現場を経験し、下積み期間に努力し続けた後にようやくトップスタイリストとして認められ、芸能人や有名人のスタイリングを担当できるようになるのです。

アシスタントとしての下積み時代

一人前のスタイリストとして芸能人の「衣装さん」になるまでには、アシスタントとしての下積み時代は避けて通れない道です。

スタイリストの仕事はきらびやかな印象が強い一方で、激務であるのが一般的です。

とくにアシスタントとしての下積み時代には、先輩アシスタントについて荷物持ちをしたり、ロケ現場に同行して思わぬサイズ調整やアイロンがけをおこなったりと、雑用に近い業務もこなす必要があります。

撮影のスケジュールに合わせて深夜まで働くなど体力勝負の一面もあり、「タレントやモデルへの衣装合わせ」という表舞台の仕事を支える地味な仕事も多く存在します。

たとえば雑誌の紙面を作る際には、アシスタントがすべての衣装や小物のタグを確認してブランド名と値段をメモするといったような地道な作業があります。

華やかなスタイリストのイメージとのギャップを感じて辞めてしまう人も少なくない世界だといえます。

芸能人のスタイリストに必要な能力

体力とタフな精神力

スタイリストは一般的にハードな職業だといわれます。

テレビや映画などの撮影に合わせた勤務になるため、労働時間は長く、勤務日も不規則になりがちです

早朝や深夜のロケに同行したり、雑誌の特集に間に合わせるためほとんど徹夜で働いたりすることも多いです。

とくにプロのスタイリストになるまでのアシスタント時代は、荷物持ちなどの雑用も任されるため仕事量が非常に多くなります。

また、撮影現場には独自の緊張感やプレッシャーがあり、ピリピリとした雰囲気のなかで仕事を進めなければいけません。

芸能人のスタイリストとして活躍するには、厳しい労働環境にも耐えられるだけの体力と、タフな精神力が必要となるでしょう。

コミュニケーション能力

スタイリストと一緒に仕事をするのは、衣装を着てもらう芸能人だけではありません。

テレビ番組や雑誌の紙面ができあがるまでには、ディレクターや編集者、美術スタッフやカメラマンなど、たくさんの人が関わっています。

作り上げる作品をイメージ通りに仕上げるには、衣装の着こなしに求められるイメージをきちんとヒアリングし、顧客が納得するものを提案する必要があります。

ファッションセンスだけでなく、さまざまな人と協力する能力が求められるのがスタイリストという仕事です。