「マーチャンダイザー」の仕事とは

マーチャンダイザーの仕事内容

商品販売を統括する監督責任者

マーチャンダイズとは、直訳すると「商品化計画」という意味で、具体的には「消費者が求める商品を、適切な価格・数量・タイミングで提供すること」を表します。

その言葉を冠したマーチャンダイザーは、アパレルメーカーやデパート、スーパーマーケットなどで、商品の企画開発や販売、流通などを総合的に管理・監督する仕事です。

「売れる商品は何か?」ということを念頭に置き、市場調査や売上動向の分析、商品の開発計画立案などを行い、商品が実際に売り場に陳列されるまでを全体的に取り仕切る責任者として働きます。

ときにはバイヤーのように自ら商品を仕入れたり、開発した商品を世の中に広めるための広告制作や販売促進活動まで携わることもあります。

マーチャンダイザーの就職先・活躍の場

活躍するのはキャリアを形成した後

マーチャンダイザーになるための就職先としては、服飾メーカーや百貨店、量販店など、アパレル業界や流通・小売業界に属する企業が選択肢になります。

ただし、商品の開発生産から販売まで、幅広い業務内容に精通している必要があるため、新卒採用者や未経験者が最初からマーチャンダイザーとして働くことはほとんどありません。

大企業の場合、まずは「総合職」として入社し、営業やバイヤー、あるいはデザイナーやパタンナーといった別の職種で経験を積んだ後、マーチャンダイザーに任命されるケースが一般的です。

マーチャンダイザー1日

積極的に情報収集を心がける

マーチャンダイザーは、常にトレンドの最先端を熟知していなければなりません。

デスクワークだけでなく、実際の現場に出て消費者動向をチェックすることにも多くの時間を割きます。

9:30 出社
メールチェック、案件ごとの打ち合わせなどを行います。

10:00 企画会議
デザイナーやバイヤーと共に、次のシーズンのアソートメント(品揃え構成)について協議します。

12:00 休憩

13:00 外訪
自社店舗を巡回したり、競合店舗を見て売れ筋商品をチェックします。

15:00 デスクワーク
店舗ごとの売上を分析し、販売戦略計画を立案、資料に取りまとめます。

19:00 帰社

マーチャンダイザーになるには

実力次第で現場からもルートが

マーチャンダイザーになるためには、まずアパレルメーカーや百貨店などに就職して、さまざまなキャリアを積み、実力や適性を認められる必要があります。

任命されるのは総合職として採用された本部スタッフが多いようですが、中には店舗の販売スタッフからマーチャンダイザーになる人もいます。

「売れるもの」に対する鋭い感覚が何より求められるため、世間のトレンドや自社顧客の好み、現場事情について精通している販売員にも、実力次第でマーチャンダイザーとなる道が拓かれています。

マーチャンダイザーの学校・学費

学歴よりも経験と実力が必要

大手企業に総合職として採用されるためには大卒以上の学歴が必要となりますが、それ以外でマーチャンダイザーに学歴が問われることはほとんどありません。

デザイナーやパタンナーとして入社した人は服飾系の専門学校卒が多いでしょうし、販売職は高卒や短大卒が多い印象ですが、それらの学歴はマーチャンダイザーとなるのにあまり関係しません。

学歴よりも遥かに重要なのは、入社後の実績やさまざまな経験・スキルを踏まえた現場での実力です。

マーチャンダイザーの資格・試験の難易度

知識の習得に役立つ資格がある

マーチャンダイザーとなるのに必須となる資格は特になく、業界知識やノウハウ、スキルは入社後に働きながら現場で身につけていくことが一般的です。

実務経験さえあれば資格はあまり重要視されませんが、関連性の高い資格として「ファッションビジネス能力検定」があります。

マーケティング戦略や流通戦略に関する知識、マネジメント知識などが問われるため、勉強しておけばマーチャンダイザーとして働く際に役に立つでしょう。

必要な勉強時間も40時間程度と決して多くはありませんので、合格は困難ではありません。

マーチャンダイザーの給料・年収

実力が給料に反映されやすい

多様な知識・スキルが必要とされるマーチャンダイザーの給料は、同業界のバイヤーや販売員といった各職種のなかでも比較的高めとなっているようです。

平均年収は、5年目で400万円程度、10年目で600万円程度とされていますが、仕事の結果が見えやすい職種であるため、能力があればあるほど評価されます。

実力次第ではもっと早い段階でこれ以上の年収を得ている人もいるようです。

外資系のアパレルメーカーではさらに実力主義の面が大きく、国内企業を上回る高給を得られるチャンスがあります。

マーチャンダイザーのやりがい、楽しさ

すべてを統括する立場で働ける

マーチャンダイザーは、アパレル業界などにおいては、生産から流通、販売に至るまで、ほぼすべての業務を手掛けることができる立場にあります。

担う役割は大きく、受けるプレッシャーは決して小さくはありませんが、商品の売上に対する影響力は絶大で、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

また、自分の判断が売上という数字となってはっきりと表れるために、重い責任が伴う反面、達成感を得やすいこともマーチャンダイザーという職種の魅力です。

マーチャンダイザーのつらいこと、大変なこと

責任者としてのプレッシャーと戦い続ける

マーチャンダイザーは、常に「売れる商品」を生み出し続けなくてはなりません。

何もないところから新しい商品を創造するためには大変な苦労が伴いますし、ただ良い商品をつくればいいだけでなく、それを会社の収益に結びつけていかなくてはなりません。

商品の生産から販売まで監督する立場にあるマーチャンダイザーは、成功も失敗もすべて自分の責任です。

大きなやりがいと収入を得られる一方で、常にさまざまなプレッシャーと戦い続けなければならないでしょう。

マーチャンダイザーに向いている人・適性

どこかに捉われず全体を俯瞰で見れる人

マーチャンダイザーが受け持つ役割は、一にも二にもブランドの収益を上げることです。

必要なのは、ただ質の良い、あるいはデザインに優れた商品をつくることではなく、予算や生産体制に見合っており、なおかつ市場のニーズが十分に見込める商品をつくることです。

そのためには、関係各部署の業務内容について知識と理解があり、それぞれと調整して業務を円滑に進めていくための広い視野を持っていなくてはなりません。

何かを突き詰めてコツコツと続けていく専門タイプの人よりは、何でも広く浅く手掛けられる人のほうが、マーチャンダイザーに向いているといえるでしょう。

マーチャンダイザー志望動機・目指すきっかけ

職務経験を活かしたキャリアアップのため

マーチャンダイザーを目指すのは、バイヤーや営業といった他の職種で身に付けた知識・スキルを活かして、さらにステップアップしていきたいと考える人が大半です。

たとえば、商品の仕入れ業務を専属で行ってきたバイヤーが、仕入れ後の商品の販売戦略や広告企画にも携わりたいと希望するケースなどが一般的です。

また、販売職として現場で働いてきた人などは特に、商品をつくるというクリエイティブな職種に対する憧れが強く、マーチャンダイザーを志望する人は珍しくありません。

マーチャンダイザーの雇用形態・働き方

ヘッドハンティングされることも

マーチャンダイザーとしてひとつの企業・ブランドでキャリアを積んでいく人も大勢いますが、培ったスキルを活かして他社に転職していく人も少なくありません。

外部からも実績が目に見えやすい職種であるため、実力を評価されて外資系企業などからヘッドハンティングされるケースもあるようです。

外資系企業で有名ブランドを任されるようになれば、マーチャンダイザーとしてより高いレベルのスキルを磨けるだけでなく、収入面でも大きな飛躍が期待できるでしょう。

マーチャンダイザーの勤務時間・休日・生活

勤務時間は他業界よりも自由度が高い傾向

本社勤務であるマーチャンダイザーの勤務時間は他の会社員とほぼ変わりありませんが、一般的にアパレル業界は朝の始業時間にゆとりがあり、9時や10時始業の企業が多い印象です。

また企業によってはフレックスタイム制を導入しているところもあり、指定された勤務時間をこなせば、出社時間・退社時間は各自の裁量に委ねられているケースもあります。

仕事が立て込んでいればそうもいきませんが、他業界よりも比較的融通のきく自由な働き方ができるといえるでしょう。

マーチャンダイザーの求人・就職状況・需要

時代に左右されない重要性がある

マーチャンダイザーの活躍の場となるアパレル業界や流通・小売業界は、景気の波に影響を受けやすいところがあるといえます。

しかしながら、移ろいやすい消費者のニーズを素早く捉え、良質で売れる商品を開発したり、販売戦略を立案するマーチャンダイザーは、企業の売上アップのためには欠かせない職種です。

たとえ時代が変化しようとも、マーチャンダイザーの重要度が下がる事態は想定し難く、企業からの需要は常にあり続けるでしょう。

マーチャンダイザーの転職状況・未経験採用

企業は経験者を求める

マーチャンダイザーは企業の業績を左右する重要な存在であるため、どの企業も新卒採用・中途採用に関係なく、優秀な人材を求めています。

ただ、マーチャンダイザーは、アパレルや流通・小売業に属する他の職種よりも、経験や専門的スキルを多数必要とするため、転職市場においては即戦力となる経験者が採用されることが一般的です。

求人数自体は相応にあるため、未経験者にもまったく可能性がないわけではありませんが、前職時代の実績を数字で示すなど、能力と経験を具体的にアピールする必要があるでしょう。

マーチャンダイザーの現状と将来性・今後の見通し

景気低迷が長引く状況でも必要性は高い

マーチャンダイザーが必要とされる業界は一般的に不景気に弱いという側面がありますが、だからこそ企業は有能な人材を必要としています。

仕入れ先を変更してコストダウンできないか、もっとリアルタイムで在庫管理できないか、消費者により訴求できるディスプレイ方法はないかといったことを考えるのも大事な役割です。

売上を大きく伸ばせない外部環境にあっても収益を確保するため、マーチャンダイザーのさらなる活躍が期待されています。