アパレル店員のやりがい・楽しさ・魅力

アパレル店員のやりがい・楽しさ

自分の薦めた商品が売れること

お店の売り上げが伸びた日はもちろん達成感がありますが、特に自分がお薦めした商品が売れた瞬間は、最高のやりがいを感じられます。

薦めた商品がまったく売れずにつらい思いをすることもありますが、接客のプロであるアパレル店員は「どうしたら売れるか」「どうしたら魅力を感じてもらえるか」を考え続けることで、少しずつ売り上げも伸びていくでしょう。

多くの人と出会えること

毎日、さまざまな人と出会えることもこの仕事ならではの魅力です。

人と会話をしたりコミュニケーションをとったりすることが好きな人なら、きっと毎日楽しんで仕事ができるはずです。

また、お客さまに信頼してもらえるようになると、お客さまは定期的に来店してくれるようになります。

「○○さんがいるから来た」といっていただけたときは、大きなやりがいを感じられます。

仲間と一緒に働けること

たいていのショップは、複数の店員が一緒に働きます。

毎日、一致団結して目標に向かってがんばるため、自然と仲間意識が生まれ、絆も強くなっていきます。

忙しいときも、みんなで励まし合うことで乗り切ることができます。

逆に、人間関係がギスギスしてしまうと仕事そのものが楽しくなくなってしまうため、良好な人間関係を築く努力をすることも大切といえるでしょう。

アパレル店員の仕事内容

アパレル店員の魅力

ファッションのトレンドに敏感になれる

アパレルショップでは、冬の寒さが和らぎ始める頃には色鮮やかな春物を展開したり、夏の終わりになると早くも秋・冬ものを登場させたりするなど、世間のシーズンを少し先取りして洋服を売っていくことになります。

そのため、アパレル店員は流行を早め早めに察知しながら仕事を進めます。

消費者の立場ではなかなか得られにくい業界の最新情報や、トレンドを知ることができるのはアパレル店員の魅力といえます。

また、一緒に働く仲間もファッションが好きでトレンドに敏感な人が多いため、お互いに情報交換し合いながら刺激的な日々を送れることでしょう。

コミュニケーション能力が向上する

アパレル店員としての経験が長くなると、初対面の人ともあまり緊張せず話せるようになったという声はよく聞かれます。

アパレル店員は決して誰もが最初から会話上手というわけではなく、前向きに仕事に取り組む気持ちをもってお客さまとの距離の取り方や会話の進め方を工夫することで次第に慣れていくのです。

この仕事をして続けていくうちに、初対面の人ともコミュニケーションが上手になり、さまざまな人と接するコミュニケーション能力が向上していくのです。

社販で洋服を安く買うことができる

アパレル店員は、基本的に自社の洋服や小物を身につけて売り場に立ちます。

そうすることで商品の魅力を伝えたり、着こなし方をアピールしたりします。

こうした服は自分で買わなければなりませんが、「社内販売制度」を利用することで通常価格よりも安く購入することが可能です。

割引率は3割引から5割引になることが多いですが、中には7割引など高い割引率を設定する企業もあるようです。

安く新しいアイテムをたくさん買えるのは、この職業の特権といえるでしょう。