パタンナーの求人・新卒採用の状況

パタンナーの就職先にはどんなところがある?

パタンナーを募集している会社は、ほとんどがアパレルメーカーです。

自社でブランドを持ち、そのブランドの服を作るセクションで働くことを想定している求人が大半です。

ファッション・アパレル業界に関連する会社は、その多くが東京または大阪の周辺に集中しています。

パタンナーは原則として本社勤務のため、勤務地はどうしてもこの2大都市圏に集中する傾向があります。

これらの地域に住んでいる人であればあまり生活に変化はありませんが、これら以外の地域からのパタンナー就職を考えている人は、転居を伴う就職になる可能性が高いです。

パタンナーの求人の状況

求人は少なくない

ファッション業界は衣食住の一角を担う、人間にとって欠かせない産業なので安定した需要・求人があり、求人情報を見ても、パタンナーという職種名をはっきりと明示して募集している求人が多く見受けられます。

正社員や契約社員の募集が大半で、仮に契約社員であっても社会保険や各種手当てが用意されているので、安定した条件で働ける環境は整っています。

実務経験者が強い

パタンナーの求人を見ていると、応募資格のところに実務経験を挙げている企業が多くあります。

中途採用の求人となるとその傾向は顕著なので、中途採用でパタンナーになるには、すでに一定の経験を有していることが条件になると考えておいたほうがよいでしょう。

それと同時にCADの知識や経験を条件にしている求人も多々見られます。CADの知識は必須だと考え、スキルを磨いておくことが必要です。

パタンナーの志望動機・面接

パタンナーを目指すきっかけは、「ファッションが好き」「洋服に関わる仕事がしたい」というものがメインとなっています。

とくにパタンナーの場合は、デザイナーなどと違い、自ら手を動かして洋服を作る実感が味わえるので、もともと趣味として洋裁をしていた人なども多いです。

面接で志望動機を話すこともありますが、ファッション・アパレル業界は、個性も比較的重視されやすい業界で、自分なりの考えや意志をきちんと言葉にして話すことができる人が高評価を受けやすくなります。

パタンナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

学校を通じた求人

ファッション・アパレル系の専門学校に通っている場合、学校に多くの求人が集まります。

そのなかにはパタンナーとしての求人も多く、在学中からパタンナーを目指している学生はこのなかから見つけることが多いようです。

パタンナーのインターン

パタンナーのインターンとは

アパレルメーカーのなかには「インターン」として業務経験を積んでいる若者もいます。

インターンは、就職をする前に就業体験をすることで、将来のキャリアを明確にしていくことを目的としており、大学や専門学校で服飾について学んでいる人や、その卒業生などがこの形で仕事をするケースが多くなっています。

専門学校によっては、学校全体としてインターン制度を取り入れているところもあります。

「ものづくり」の現場でパタンナーの仕事に直に触れる経験は、就職後にもおおいに生きてくることでしょう。

インターンの内容

パタンナーのインターンでは、「アシスタント」といった名称で仕事をすることが多く、基本的に給料は出ませんが、交通費のみ支給されることもあります。

就業時間や日数は企業によって異なり、期間は、3ヵ月程度の短期の募集もあれば、半年や1年以上継続して実施されることもあります。

インターンではCADを使ったパターンメイキングのほか、生地カット、サンプル作成、検品、さらにはデザイナーとの仕事の進め方、ビジネスマナーまで、さまざまなことを学ぶことができます。

なお、インターンとしてしっかりと仕事をしていると、そのまま会社側から声をかけられて、アルバイトや正社員として働けることもあるようです。