このサイトはテキスタイルデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

テキスタイルデザイナーとは?

テキスタイルデザイナーは、服飾やインテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインする仕事です。生地の素材となる糸選び、プリントまたは織りの染色方法、デザイン、加工方法を企画する専門職で、生地に関する深い知識が必要とされます。おもな就職先はアパレルメーカーやインテリアメーカー、繊維メーカー、デザイン事務所などとなり、大学の工芸学科やデザイン学科、服飾やインテリアのデザイン専門学校などでテキスタイルデザインを学んだ人がこの仕事に就くケースが多くなっています。全体の平均年収は400万円~500万円程度といわれますが、勤務先や勤続年収などによっても変わってきます。経験を積んで独立することも可能ですが、また身につけるべき専門的な知識や技術は奥深いため、一人前になるまでには相当の努力を重ねる必要があるでしょう。

テキスタイルデザイナーの仕事内容

テキスタイルデザイナーは、服飾やインテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインするのが仕事です。

生地の素材となる糸選び、プリントまたは織りの染色方法、デザイン、加工方法を企画します。

まずは生地を扱う服飾デザイナーやインテリアデザイナー、メーカーと打ち合わせ、生地の用途など生産意図を把握します。

産地を検討して素材を選び、工場や職人など製造業者に依頼してサンプルを作り、各担当者に提案します。

それから仕上がり具合を確認し、修正しながら生地を完成させると、生産ラインに入ります。

素材や染色方法、加工方法の組み合わせによって、生地の質感や色出しはさまざま。奥深い専門的な知識や感覚が求められます。

テキスタイルデザイナーになるには・必要な資格は?

テキスタイルデザイナーになるためには、大学の工芸学科やデザイン学科、服飾やインテリアのデザイン専門学校などでテキスタイルデザインを学んだ後、アパレル・インテリア・繊維メーカー、デザイン事務所に就職するのが一般的です。

テキスタイルデザイナーという名称の国家資格などの公的資格や民間資格は存在せず、必ず取得しなければならない資格はありません。

ただ日本衣料管理協会の認定する衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)など関連する民間資格はあります。

こうした民間資格は就職する際に有利という考え方もあります。ともあれ糸の種類やより方、染色、織り、加工、配色・図柄といったデザインについてしっかり学ぶ必要があります。

テキスタイルデザイナーに向いている人

テキスタイルデザイナーは生地に関するさまざまな知識がなければ仕事になりません。

ファッションやインテリアが好きで、生地について深く知りたいという探求心がある人はテキスタイルデザイナーに向いているといえるでしょう。

また使われる生地によって商品の売れ行きが上がらなければなりません。

手触りや機能性、耐久性を考慮し、配色や図柄といったデザインについて多くの人に喜ばれる新しい感覚が求められます。

優れたデザイン感覚やユニークな発想力をもつ人は適性があります。

ファッション業界やインテリア業界と関わりが深いため、華やかな印象を抱くかもしれませんが、繊維業界に属するテキスタイルデザイナーの仕事そのものは地味です。

淡々とした作業が好きな人もテキスタイルデザイナーに向いているでしょう。

テキスタイルデザイナーの就職状況・雇用形態

テキスタイルデザイナーの一般的な就職先は、アパレルメーカーやインテリアメーカー、繊維メーカー、テキスタイルコンバーター、デザイン事務所、百貨店の繊維部門などです。

独立開業する場合もありますが、他のデザイナーと比べると人数は少ないでしょう。

メーカーの場合、大手企業であれば製造小売業のSPAが多く、それ以外は企画製造を自社で行うOEM生産と企画製造を他社に依頼するODM生産にわかれます。

テキスタイルデザイン業務を専門に従事できる企業かどうか、見極める必要があります。

雇用形態は正社員、契約社員、業務委託(個人事業主)のいずれのパターンもあります。

就職先はけっして少なくありませんが、テキスタイルデザインを学ぶ教育機関が多いことを考えると、競争率は高いと考えられます。

テキスタイルデザイナーの給料・年収・待遇

雇用形態や勤務先の企業規模、勤続年数、役職の昇給度合いによって、テキスタイルデザイナーの収入には個人差があります。

全体の平均年収としては400~500万円程度となるでしょう。

知識や技術、設備面でハードルが高いため、独立してフリーで活躍することは簡単ではありません。

また、需要に比べると、テキスタイルデザイナーを目指す人が多く、結婚や出産後の復帰が難しいという声もあります。

テキスタイルデザイナーの生活・勤務時間・休日

基本的に正社員や契約社員として企業内で働く人が多いため、勤務時間や休日は一般のサラリーマンやOLに準じます。

素材選びや打ち合わせのため染色工場や織物工場、メーカーに足を運んだり、パソコン上でデザインソフトを駆使してデザイン制作を行ったりします。

納期が迫ると、残業が増えたり、休日出勤したりすることもあるでしょう。独立開業する人や、ブランクを経て復帰する人もいますが、他の職業と比べるとその人数はあまり多くありません。

常に市場のニーズに応じた新しいデザインセンスが求められるため、経験年数の浅いうちに現場からたくさんの技術を吸収し、継続して向上をめざす生活になるでしょう。

テキスタイルデザイナーの現状と将来性

たとえばアパレルメーカーと共同で生地を企画することによって、テキスタイルデザイナーが派手な活躍をすることもありますが、たとえビッグネームでも日頃の作業は基本的に地味な職業です。

またファッション業界やインテリア業界とは異なり、繊維業界は必ずしも順風満帆に発展し続けているわけではありません。

非常に人気があり、フリーで活躍する夢を抱く人も多くいますが、身につけるべき専門的な知識や技術は奥深く、一人前になるまでには時間がかかります。

激しい競争率や厳しい試練を乗り越えたテキスタイルデザイナーが、これからも素敵なファブリックを提供していくことでしょう。