美容師の転職理由・他の職場への転職状況は?

美容師が今の職場を辞める理由で多いものは?

美容師という職業は、見習い・アシスタントで入店した店舗でずっと働き続けるケースは少ないといわれています。

美容室に行ったことがある人であれば、担当してくれていた美容師が突然お店を辞めてしまったり、違うお店へ異動したりすることを告げられたことがあるかもしれません。

美容師が働く店舗を替える原因はさまざまで、決して後ろ向きな理由ばかりではありません。

ヘッドハンティング

優秀な美容師は、他店舗からヘッドハンティングの誘いを受けることがあります。

現状よりも働き方や給料面を優遇された場合、他のお店に移ることも多くあります。

独立・開業

手に職をつけて働ける美容師になる以上、いずれは独立をすることが大きな目標になっている人も多くいます。

自分の指名客や資金が目標に達すると、雇われて働くことを辞めて自分の店を出す人も多いです。

スキルアップのため

ひとくちに美容室といっても、店舗によってさまざまな営業スタイルがあります。

スキルアップのため、あるいは将来の独立に備えて、さまざまな美容室の営業方法を知るために別の店舗へ移る美容師もいるようです。

人間関係

美容師は、1日のうちの多くの時間を同じ空間で過ごします。

そこでの人間関係がうまくいかず、別の店舗へ移る人もいます。

身体的なトラブル

美容師は一日中立ちっぱなしで水を扱う仕事のため、身体的なトラブルを抱えやすく、これが離職率の高さにもつながります。

手荒れや腰痛などでドクターストップがかかってしまい、泣く泣く夢をあきらめる人もいます。

美容師のつらいこと・大変なこと・苦労

美容師の転職で気をつけるべきこと

最初に就職した美容室だけで美容師人生を終える美容師は多くなく、たいていの美容師は、いくつかの美容室を渡り歩きます。

単に今の美容室が嫌だからという理由ではなく、今後の目標や予定があっての行動であれば、転職することにさほど問題はないといえるでしょう。

ただし、見習いやアシスタントなどの未熟な状態で勤務先を替えた場合、また一からテストを受け直さなければならなかったり、人間関係を作り直さなくてはならなかったりと、美容師としての成長が遅くなってしまう可能性もあります。

転職をする際は、自分にとって本当にプラスになるのかをよく考えてから実行したほうがよいでしょう

美容師の職務経歴書の書き方のポイント

どのような店舗で働いていたか

有名チェーン店や上場企業であれば別ですが、一般的に美容室の名前を出してもぱっと具体的なイメージができる人はほとんどいません。

美容室の名前だけでなく、店舗展開や従業員数、顧客層などを具体的に書き、職務経歴書からイメージしやすいようにすることが大切です。

どのような仕事をしていたか

職歴を描く場合は、どのような仕事をしていたかを簡潔に書きましょう。

おおまかにわけて、技術に関すること・接客に関すること・店舗に関することなどを書くとよいでしょう。

具体的には、自分はどのような顧客を持ちどのような施術が得意なのか、お客さまとコミュニケーションをとりヘアスタイルを作り上げたエピソード、店舗の運営やマネジメントに関わったことなどです。

コンテストやヘアーショーに参加した経験があればそれも書き加えてください。

転職先はどのように探せばいい?

転職先を見つけるには、検索サイトや転職サイトで探す、店舗の貼り紙や求人広告をチェックする、先輩や仲間から紹介してもらうなどさまざまな方法があります。

美容室は全国に数多くあり、求人を出している美容室も多くあるため、美容師として転職する際に求人数が少なく困るといったことはほとんどないでしょう。