アパレル店員の仕事内容

アパレル店員の仕事とは

アパレル店員は、アパレルショップで洋服を販売する仕事です。

お店に来店するお客様に着こなしなどのアドバイスをするほか、商品管理や検品作業・タグ付け・店舗レイアウト・試着のサポート・レジ業務などの販売に関する付随業務も行います。

他にも随時、店内の掃除や洋服をたたみなおすなど、お客さまが快適に買い物を出来る店づくりを行います。

キャリアを積んでいくにつれ、売上管理、スタッフの教育、スタッフのシフト調整、顧客情報管理などお店のマネジメント的な業務を任せられます。

日々多くのお客さまと接するため、ファッションの流行に敏感であることや、高いコミュニケーション能力や明るく前向きな性格であることがもとに求められ、一日中立ち仕事となるため体力も要する仕事です。

ただファッション好きであるだけでなく、お店の「顔」としての責任感と自覚が求められる仕事です。

アパレル店員の業務の内容

「売る」こと以外にもさまざまな仕事が

アパレル店員は、アパレルショップで洋服を販売する仕事ですが、それに付随する幅広い業務と役割を担います。

接客では来店してくれたお客さまに対して明るく元気な挨拶をすることはもちろん、洋服選びに悩んでいるお客さまへのアドバイス・試着のサポート・レジ業務などを行います。

また、お客さまに洋服を快適に選んでいただくため、店内の掃除をしたり、乱れた洋服をたたみ直したりなど商品整理も欠かせません。

そのほか、仕入れた商品の検品作業やタグ付け、在庫管理、店舗内のディスプレイなども重要な仕事の一部です。

昇進すると店舗マネジメントも行う

未経験者の場合、最初はいち店員としてスタートしますが、キャリアを積むことでマネージャーや店長などにまで昇進することもできます。

ただ接客や商品管理を行うだけでなく、スタッフの教育・管理を任されたり、毎月の売り上げ目標を立てたりと、店舗運営に直接関わる仕事にも携わることになります。

接客のプロとして

アパレル店員にはさまざまな仕事がありますが、なかでも店員には「接客のプロ」であることが求められます。

お客さまに心地よく買い物をしていただくため、一般常識やマナー、コミュニケーション力を身につけていることはもちろん、自店舗で扱う商品や流行のファッションについて、広く深い知識を持っている必要があります。

店員自身のセンスも問われる

いくら素晴らしい商品を並べていても、それだけで商品が売れるとは限りません。

お客さまがオシャレでセンスのよい店員の姿を見ることで、「自分もこんな風に着こなしたい!」という購買意欲に繋がることも少なくありません。

アパレル店員は、いつでも「お客さまに見られている」という意識を持って、自らのファッションセンスを高めていかなければなりません。

アパレル店員の役割

営業時間中、アパレル店員の多くはそのブランドの服を身に付けて仕事をします。

アパレル店員は自らが広告塔となり、ブランドイメージを向上させる役割もあり、お客さまから見本となるような着こなしが求められます。

自分の得意なファッションや接客相手の年齢層、接客スタイルをイメージしたうえで、就職先を決めるとよいでしょう。

アパレル店員の勤務先の種類

アパレル店員が働くショップは、全国に展開するチェーン店から、個人が経営するブティックまでその規模はさまざまです。

百貨店で展開する高価格帯商品を扱うショップは、高級感を前面にだし、上質でゆっくりとした接客が求められますし、ファストファッションブランドでは簡素な接客が好まれるなどお店の特色によって、求められる接客が異なります。

またブランドによっては、レディース商品に特化、ファッション小物に強みがあるなど取扱商品の構成もさまざまで、それに見合った商品知識を身に付ける必要があります。

アパレル店員の仕事の流れ

アパレル店員の仕事と流れは、各ブランドや店舗によって差があります。

一般的な店舗の場合は、午前中はお客様が少ないため、清掃を始め商品の品出しや在庫管理など事務作業をしながら接客を行います。

休憩をはさみ、客足の増える午後に備えスタッフを増やし、接客に力を入れます。

お客さまの要望に応えるほか、コーディネートや商品の提案など自分からアプローチをすることも大切です。

翌日や遅番のスタッフに引継ぎをして仕事を終了します。

アパレル店員と関連した職業

アパレル店員とファッションアドバイザーの違い

アパレル店員と近い仕事に、ファッションアドバイザーという職業があります。

ファッションアドバイザーとは、衣類・服飾用雑貨を扱う店舗の中でお客さまに商品を提供する、いわゆるアパレル店員のことですが、お客さまに商品を提案したり、トレンドを取り入れた着こなしやコーディネートの仕方についてアドバイスをしたりする専門家です。

アパレル店員と同じように商品管理や発注業務、商品の入れ替え作業なども行いますが、マーケティングや購買動向研究など販売以外の仕事も行うのが特徴です。

ファッションアドバイザーの仕事

アパレル店員とアパレルメーカー社員の違い

アパレルメーカー社員とは、アパレル(衣料品)を企画製造し、卸売や販売を行っている会社で働く人のことをいい、アパレル店員もこの中に含まれます。

アパレル店員は、主に店舗での接客を行う「販売部門」に配属されますが、そのほかにも

おもに洋服や靴などのデザイン生産を行う「デザイン・制作部門」、どのような商品を作るかを考える「企画・管理部門」など、メーカーが持つブランドのコンセプトやイメージに基づいて「魅力的な、売れる商品」を生み出す仕事をする人が多く働いています。

アパレルメーカー社員の仕事

また、アパレル業界に興味があって、自分に向いているのかということや、働き方やキャリアについて深く教えてもらいたい場合は、キャリアチケットというサービスを利用するのがおすすめです。

キャリアチケットは、新卒向けのサービスで、アパレル店員として採用されるための面接対策や志望動機の添削なども無料で行ってくれます。

最短3日で内定を獲得した人もいるなど、実績も十分であるため、アパレル業界に興味がある場合は、気軽に相談してみることをおすすめします。