「百貨店社員」とは

百貨店社員_画像

複数の分野の専門店が入り、多種類の商品を展示陳列して販売する小売店に勤める人のこと。

百貨店は、洋服、服飾品、雑貨、家具、食品など、人々の生活に必要とされたり、ライフスタイルを豊かにするための多岐にわたる商品をまとめて展示し、販売する小売店のことをいいます。

百貨店では、来店されたお客さまに商品をオススメし、接客する「販売」や、どのような商品を揃えるか考え、実際に仕入れ業務を行う「バイヤー」、常連客に商品を提案する「営業」、イベントや催事の企画・運営を行う「販売促進」といったさまざまな職種の人がチームプレイで活躍しています。

特別な資格やスキルは必要とされませんが、大手では大卒以上の学歴が求められることが多くなっており、契約社員や派遣社員、アルバイトとして働く人もいます。

平均年収は300万円~500万円程度ですが、管理職になれば給料アップが期待できます。

百貨店業界全体が厳しい状況にあるため、各社は生き残りをかけて、より斬新なアイデアや視点、コンセプトの下、独自の売り場づくりを進めています。

「百貨店社員」の仕事紹介

百貨店社員の仕事内容

さまざまな商品を取りそろえ販売する

百貨店は、洋服、服飾品、雑貨、家具、食品など、人々の生活に必要なものや、ライフスタイルを豊かにするためのさまざまな商品を展示し、販売する小売店のことです。

スーパーや専門店とは異なり、さまざまなものを一堂に取り揃えているので、自社ビルを持っているなど、ほかの店舗に比べて比較的大きな売り場面積を持っていることがほとんどです。

百貨店には多くの仕事があるため、それぞれ専門の担当者が分業して働いています。

来店されたお客さまに商品をおすすめし、接客する「販売」や、どのような商品を揃えるか考え、実際に仕入れ業務を行う「バイヤー」、常連客に商品を提案する「営業」、イベントや催事の企画・運営を行う「販売促進」といったさまざまな職種の人が活躍しています。

百貨店社員の就職先・活躍の場

全国の百貨店

百貨店社員は、全国の百貨店で働きます。

それぞれの百貨店で業務内容が大きく変わることはありませんが、百貨店のなかには地場の一店舗でやっているところから、全国に幅広く展開している百貨店まであり、全国に展開している百貨店の場合は、転勤を伴う異動がある場合があります。

また、バイヤーや販売促進として活躍する場合は、所属店舗以外にもたくさんの店舗を周ったり、全国を周って商品を選んだりと店舗以外の外の場所で活躍することもあります。

百貨店社員の1日

担当部署によって一日の流れは変わる

百貨店社員は、主に百貨店の開店時間に合わせて働きます。

同じ百貨店に勤めていたとしても、担当部署によって一日の流れは変わります。

また、開店時間が長い場合は2交代などシフト制で働く場合もあります。

ここでは店舗で販売員として働く人を例にご紹介します。

9:30出社
部署の仲間と1日の流れや催事スケジュールを確認します。

10:00 接客
店頭に立ち販売を行いながら、さまざまな案内などを行います。

11:00 資料作成
一旦バックヤードに戻り、前日の売り上げや在庫状況を確認します。
電話などの問い合わせ対応をすることもあります。

13:00昼食

14:00 商品の検品
入ってきた商品に、値札はついているか、不備はないかを確認し店頭に出します。
時間のかかる作業なので店頭で販売しているスタッフと交代しながら行います。

18:00 一日を振り返り業務日報を書く

18:30退社

百貨店社員になるには

全国の百貨店に就職する

百貨店社員として働くには、百貨店の採用試験を受けて採用される必要があります。

基本的には定期的に新卒採用をしているところが多いですが、地方の百貨店の場合は、地方に住んでいる人を積極的に採用していることもあります。

また正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイトとして働く人もいます。

特別に必要とされる資格等はないものの、販売職からスタートすることも多いため、販売や接遇に関するスキルを備えていると業務に生かすことができるでしょう。

百貨店社員の学校・学費

大手を目指す場合は大卒が有利

百貨店業界は就職先としての人気が比較的高いため、百貨店社員として働きたいという強い意志があるのであれば、大学に進学しておいたほうが選択肢は広がるでしょう。

特に大手百貨店で正社員採用の場合は「大卒以上」が要件として掲げられているところが多く、高学歴の人を積極的に採用しています。

ただし、「大卒以上」の学歴を求められることが多いものの、高卒でも応募できる百貨店もまったくないわけではなく、高卒や短大卒でも百貨店社員として活躍している人はいます。

百貨店社員の給料・年収

従業員のための割引制度も

百貨店社員の平均年収は300万円から500万円程度がボリュームゾーンとされています。

大手百貨店では給与水準がやや高めで、マネージャークラスになると年収600万円以上を得ている人も増えていきます。

そのほか、販売実績や営業成績がとりわけ良い場合には、インセンティブやボーナスが支給されることもあります。

なお、百貨店ならではの待遇として従業員割引制度があり、店内で扱っている商品を割引した価格で商品を購入できたり、店内の飲食店を格安で利用したりすることが可能です。

百貨店社員のやりがい、楽しさ

お客さまの笑顔に出会えること

百貨店社員のやりがいは、若い人からお年寄りまで幅広い年代のお客さまに商品をお届けすることあります。

百貨店にはさまざまな職種があるため、決して全員が直接お客さまとコミュニケーションをとるわけではなく、裏方として経営に携わったり、職場環境を整えたりする役割を担う人もいます。

しかし、百貨店の社員として看板を背負って働くことは、「お客さまに感動や喜びを届けたい」という強い思いを抱いて働くことでもあり、非常にやりがいを感じられる仕事です。

百貨店社員のつらいこと、大変なこと

商品知識を身に付け続ける苦労

百貨店社員の大変なことは、店内についてさまざまな知識を持っていなくてはならないことです。どのフロアに何があるか、どんな商品が売られているかをしっかりと覚えなくてはなりません。

特に自分の担当については、お客さまからの質問に答え説明できるように商品知識を身に付ける必要があります。

売り場によっては商品の点数が多く、また入れ替わりも激しいため、次から次へと覚えることが出てきて苦労します。

しかし、お客さまにしっかりとした接客をするには、これは欠かせない努力なのです。

百貨店社員に向いている人・適性

流行やトレンドに敏感な人

百貨店に並ぶ商品は、その多くが「今の時代に必要とされるもの」です。

したがって、百貨店社員として働くためには、流行やトレンド、お客さまのニーズなどをよく理解していなくてはなりません。

お客さまがどんな商品を求めているのか、先のシーズンにはどのような商品が流行しそうなのか。

そうした情報を自ら集め知識を身に付けられるかによって、百貨店社員としての仕事も左右されます。

こうした意味では、アクティブでどんどん新しいものを取り入れていこうとするタイプの人のほうが、この仕事には向いているといえるでしょう。

百貨店社員の雇用形態・働き方

正社員以外の求人も多い

各百貨店では、新卒での正社員採用のほか、契約社員やアルバイト・パートの採用も比較的よく見られます。

特に販売職に関しては、契約社員やパート・アルバイトとして活躍している人も多くいます。

一部の百貨店では「正社員登用制度」を置いており、そこでは契約社員としての頑張りや成果が認められると、正社員になれるチャンスを掴むこともできます。

百貨店で働く人は女性が多いため、離職を防ぐために女性が働きやすいよう取り組んでいる百貨店も多くあります。

百貨店社員の勤務時間・休日・生活

勤務はシフト制で休みは不規則

1日の実働は7.5時間~8時間程度に設定されており、「早番」と「遅番」の2交代制で働くことが多くなっています。

早番と遅番どのようなシフトで働くかに関しては、職場や他のスタッフの出勤状況などによって異なり、管理部門はサラリーマンのように決められた時間で働く人もいます。

大手百貨店の休業は「元旦のみ」や「年に数回」というところが多く、ほぼ年中無休で営業しているため、百貨店社員は交代で休日を取ることになり、お客さまの多い土日祝日を避けて不規則に取ることが多いようです。

百貨店社員の現状と将来性・今後の見通し

百貨店を取り巻く厳しい環境

昔から人々に親しまれている百貨店ですが、近年は厳しい状況が続いています。

その背景には、インターネットショッピングの普及や、郊外型の大規模ショッピングモールの開業により、買い物のスタイルが大きく変わったことがあります。

各社の競争はさらに厳しくなり、とくに地方都市の百貨店は経営難に陥って閉店を余儀なくされているところも出てきています。

百貨店での仕事に対する情熱を抱き、「どう売上をアップさせ、生き残りをかけていくか」を一人ひとりが真剣に考えていく必要があるといえるでしょう。