このサイトはネイリストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ネイリスト」

仕事内容
ネイリストは、爪の手入れ(ネイルケア)と装飾を施す(ネイルアート)仕事です。ネイルケアはブラシやニッパーなどの道具を使い、爪の形を整えたり甘皮の処理をしたりして、お客さまの爪を美しく仕上げます。ネイルアートはカラーだけでなく、ラインストーンやアクリル樹脂などを用い、お客さまの好みに応じたデザインを創り上げていきます。技術はもちろん、コミュニケーション能力、そしてセンスも求められる仕事です。
なるには
ネイリストは、特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。未経験からアルバイトとしてネイルサロンに入り、現場で知識や技術を身につけていく人もいます。しかし、ネイリストの検定試験はいくつか存在するため、それらに合格していると就職や待遇面で有利になることがあります。ネイルの基礎的な知識と技術はネイルの専門学校で学ぶことができ、中には昼間に別の仕事をしながらネイリストを目指して、夜間の学校に通う人もいます。
給料
未経験からアルバイトとして働く場合は時給900円~1200円程度、社員の場合は年収300万円程度が相場です。勤務先によって給料は異なりますが、ネイリストという仕事は一般的に、スキルや経験によって昇給することが多いのが特徴です。また歩合制のところでは、月に50万円以上稼ぐ人気ネイリストもいます。独立してフリーランスで働いたり、自分のお店を出すこともできます。店舗によっては福利厚生の一部として独立支援制度が用意されています。
将来性
ネイルアートの人気は根強く、ネイルサロンの数もネイリストの求人も増えていますが、競争も厳しくなっているため、今後は個々のネイリストの技術や個性がますます重視されるでしょう。また、ネイリストが相手にするのは若い人だけと思われがちですが、近年は高齢者を相手にしたネイルケアのニーズも高まっています。たとえば、施設に入所中の高齢者の方にボランティアでケアを実施するネイリストもおり、活躍の場は広がっています。