このサイトは和裁士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「和裁士」

仕事内容
和裁士の仕事には、大きく分けて仕立て・お直し・指導者の3つがあります。仕立ては、呉服店や個人の依頼主から反物を預かり、反物から和服を仕立てる仕事です。多くの場合すべて手縫いで一枚の和服を仕立てます。お直しは、和服のサイズを調整したり、修理したりする仕事です。寸法直し、ほころび直し、たるみ直し、仕上げ直しなどの種類があります。指導者は、経験豊富な和裁士が、後進を育てるために教育機関や個人教室で指導をする仕事です。指導者としての仕事のみに一本化する和裁士と、仕立てやお直しの縫製の仕事と両立させている和裁士がいます。
なるには
和裁士になるには、大きく分けて3通りの道があります。一般的なのは、大学や専門学校の和裁専門コースに入学する道です。卒業後は和裁所に入社するか、フリーランスの和裁士として独立する道があります。また、学校に通わずに和裁所に見習いとして入社するという方法もあります。見習い入社では、和裁の基本を学びながら、商品で実践して技術を習得していきます。個人教室で和裁技術を学び、和裁所に入社したり、フリーランスとして独り立ちする方法もあります。
給料
和裁士の給料は、一様に低めといわれています。和裁所に正社員として入社した場合、1級・2級和裁技能士であれば18万円〜20万円ほど。資格を持っていない場合は13万円〜15万円ほどが相場のようです。フリーランスとして仕事をする場合は、1枚あたりの仕立て代・お直し代を設定します。このところの和服業界の不況により、受注量・仕立て代ともに減少傾向があり、年収が150万円以下の和裁士も少なくはない、という現状があります。
将来性
和服を着る人が少なくなっている、また海外工場への仕立ての外注が増えている現状の中で、和裁士の仕事は減少傾向にあります。見習いや正社員を募集している和裁所にしろ、将来に渡って常に募集があるかはわかりません。そんな中で、将来的に和裁士として活躍していくには、どんな注文にも応えられる技術の高さはもちろん、付加価値や営業能力の向上、インターネットの活用など、これまで和裁士には求められなかった側面が重要視されていくかもしれません。