メイクアップアーティストの専門学校ではどんなことを学ぶ?

ヘアメイクの専門学校では座学から実践的なことまでを学べます。

また、美容専門学校やヘアメイクの専門学校のなかには、「美容師国家試験」への合格を目指したカリキュラムが組まれているところもあり、就職面で有利になることもあります。

この記事では、メイクアップアーティストの専門学校ではどんなことを学ぶのか解説します。

メイクアップアーティストになるために学ぶことは?

学校の講義の2本柱
  • 理論
  • 実践

ヘアメイクの学校の講義は「理論」と「実践」の2本柱で成り立っています

理論は、

  • 人間の骨格や皮膚の仕組み
  • 化粧品の成分に関すること
  • 色彩に関すること
  • どのようにメイクアップを施せば美しく見えるのか

などを座学で学んでいきます。

実践では、座学で身につけた知識を現場で生かすために、実際にメイクアップをして技術力を高めていきます。

スタジオ撮影用のメイク・舞台用のメイク・和装向けのメイクなど、さまざまなシーンで求められるメイクの技術を磨きます。

また、映画などで用いられる特殊メイクや、医療で求められるセラピーメイクなどの技術を学べる学校もあります。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

美容師国家試験合格を目指せる学校

美容専門学校やヘアメイクの専門学校のなかには、「美容師国家試験」への合格を目指したカリキュラムが組まれているところもあります。

実際、サロンなどでは美容師がメイクアップを行うこともあるため、美容師としてもメイクアップアーティストとしても申し分ない活躍ができるだけの基礎が身についていれば、就職先や仕事の幅も広がりますし大きな強みとなるでしょう。

美容師免許を持っていることで、採用時に優遇してくれるサロンや企業もありますが、美容師国家試験を目指すとなれば勉強量はさらに多くなりますし、学費等もより多くかかることがあるため、その点にも留意して進学先を決めるとよいでしょう。

メイクアップアーティスト学校の実習

メイクアップアーティストの学校では、校内でのヘアコンテストやヘアメイクショーを開催することも多くあります

身につけてきたスキルを発揮する場を通じて、仲間と刺激を与え合いながらさらに上を目指せます。

また、学校によっては在学中に短期留学制度を設けている場合があり映画の本場であるハリウッドの学校など、海外のメイクアップスクールに短期間の留学をし、新しい視点でメイクアップについて勉強します。

同時に、異文化に触れることで感性を育み、一人の表現者としての能力を伸ばすこともできるでしょう。

養成講座・学校でヘアメイクの基礎を学ぶ

メイクアップアーティストは、現場での適応能力が非常に求められる仕事で、現場で指示された通りの要求に応えなければなりません。

メイクスクール出身者でなければ採用してくれないサロンやプロダクションも多く存在するので、未経験からスタートする場合、一度はメイクスクールに通った方がよいといわれています。

そのため、これからメイクアップアーティストを目指す場合、できるだけ早いうちにどの分野に進むかを決めておくべきことが望まれます。

「こういう場所で働きたい」「こういう仕事がしたい」と具体的なビジョンが描けていれば、それに見合った学校を選べ、より目指す姿に近づくことができるでしょう。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

卒業後の進路

卒業後の進路として多いのは、

企業に就職する、メイクアップアーティストのアシスタントとして働くなどです

学校を出れば多くの場合、メイクアップアーティストとして活動はできますが、この仕事は技術を要する専門職で、体力やセンス・コミュニケーション能力なども求められる厳しい世界だということを知っておきましょう。

メイクアップアーティストの専門学校ではどんなことを学ぶ? のまとめ

ヘアメイクの学校の講義は「理論」と「実践」の2本柱で成り立っており、スタジオ撮影用のメイクなどさまざまなシーンで求められるメイクの技術を磨きます。

なかには、「美容師国家試験」への合格を目指したカリキュラムが組まれているところもあり、美容師免許を取得すれば採用時に優遇してくれるサロンや企業もあります。

美容師国家試験を目指すとなれば勉強量・学費等もより多くかかることがあるため、その点にも留意して進学先を決めるとよいでしょう。

また、身につけてきたスキルを発揮する場を通じて仲間と刺激を与え合いながら、さらに上を目指すために校内でのヘアコンテストやヘアメイクショーを開催したり、学校によっては在学中に短期留学制度を設けているところもあります。