「美容師」の仕事とは

美容師の仕事内容

美容師は、主に髪の毛のカットやカラー、セット、パーマ、シャンプーブローなどを行い、お客さまをきれいにする仕事です。

近年はヘアだけでなく、合わせてメイクやネイル、エステ、着付けなどのサービスを提供する美容室が増えているため、美容師に求められる仕事の幅も広がっています。

お客さまに満足していただくためには、技術力だけでなく、人間性や接客力、コミュニケーション能力等も求められます。

美容師になるには

美容師として働くには、国家資格である美容師免許の取得が必要です。高校卒業後、2年間美容専門学校に通い、所定の課程を修了することで国家試験が受けられます。

なお、通学制(昼・夜)だけでなく、通信制の専門学校(3年)も存在します。国家試験は筆記と技術の両方があるため、どちらもバランスよく対策しておく必要があります。

免許取得後は美容室に就職する人が大半ですが、ヘアメイクの事務所やブライダル関連企業に勤める人もいます。

美容師の給料・年収

まずは「見習い」としてアシスタントからのスタートとなりますが、待遇は厳しく、都心部の有名店では初任給が10万円台前半ということもあります。

スタイリストに昇格すると月給20万円程度となり、歩合制をとっている美容室では、指名してくれるお客さまが増えれば増えるほど収入も多くなります。

売れっ子美容師になれば、年収1000万円を超えることも夢ではありません。

社会保険制度や福利厚生などは、勤務先によってまちまちです。

美容師の現状と将来性・今後の見通し

美容師はいつの時代も必要とされる職業です。代表的な職場の美容室ひとつをとっても、大手チェーン系列の店舗や個人経営の店舗などさまざまであり、勤務先の選択肢は広いと言えます。

また、経験を積み、独立して自分のお店を出す人も少なくありません。

ただし、技術を要する専門職ですから、成功するにはどれだけ自分に魅力を感じてもらえるかが重要な要素となります。

知識や技術の向上と、お客さまのことを思いやる気持ちが大切です。