芸能人の専属メイクアップアーティストの仕事内容・なるには

メイクアップアーティストの業界では専属で仕事をすることが多くあります。

芸能人の専属メイクアップアーティストはそのひとつで、特定の化粧品ブランドやメーカーに所属して、モデルの雑誌やショーのヘアメイクに関わったり、モデルやタレントの専属メイクアップアーティストになり活躍しています。

この記事では、芸能人の専属メイクアップアーティストの仕事内容・なるために必要なことを解説します。

芸能人の専属メイクアップアーティストの仕事

特定の化粧品ブランドやメーカーに所属しモデルの雑誌やショーのヘアメイクに関わる

メイクアップアーティストにおける専属とは、特定の化粧品ブランドやメーカーに所属して、そこの仕事だけを専任で行うといったことで、一般の会社員でいう「正社員」とおよそ同じようなイメージを持っておけばよいでしょう。

専属という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、実際に雇用形態や待遇は他の正社員と同等であることが多いです。

専属となったメイクアップアーティストは、百貨店内の化粧品コーナーでその会社の化粧品を使ったメイクアップサービスを行ったり、モデルが雑誌やショーに出演する場合にもヘアメイクを施したりします。

モデルやタレントの専属メイクアップアーティストになる

化粧品ブランドやメーカーではなく、芸能界で活躍するモデルやタレント個人の専属となる人もいます

芸能人が売れっ子であればあるほど仕事量が増え、さまざまな現場に行くため多忙な生活になりますが、自分の手がけたヘアメイクが世に出ると実感でき、やりがいは大いにある仕事です。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

芸能人の専属メイクアップアーティストの業務の内容

芸能人の専属メイクアップアーティストは、芸能人がテレビや雑誌などに出る際に、ヘアメイク全般を担当します。

テレビ番組といってもバラエティ番組なのかドラマなのか、その日の衣装によっても施すメイクは大きく変わりますし、CMや雑誌などに出る場合は、その媒体のクライアントの意向や対象とする相手によってもヘアメイクが変わります。

また、舞台挨拶や授賞式などのはなやかな場の場合は、その場にふさわしい特別なヘアメイクを行います。

芸能人の魅力を引き出し、かつTPOに合ったヘアメイクを行わなくてはなりません。

芸能人の専属メイクアップアーティストになるには

芸能人の専属メイクアップアーティストになりたい場合、芸能人のヘアメイクを行うプロダクションなどの求人募集に応募する人もいますが、現場でさまざまな仕事をしていく中で直接芸能人やスタッフから声をかけてもらうことも多いようです。

化粧品メーカーと芸能人、どちらの専属になるとしても、まず圧倒的な知識やスキルは不可欠です。

ヘアメイクに関する深い知識、そして経験に裏付けられた確かな技術がある人だけが、専属としての立場を獲得できます。

それに加え、周囲からの厚い信頼も欠かせません。

とくに芸能人を相手にする場合は、上手にコミュニケーションがとれ、納得いくヘアメイクができるようでなければ、すぐに切られてしまいます。

業界内でそれなりのポジションを自分で築き上げ、その後も日々たゆまぬ努力を続けられる人が、専属のメイクアップアーティストとして活躍できるでしょう。

芸能人の専属メイクアップアーティストの仕事内容のまとめ

芸能人の専属メイクアップアーティストは、特定の化粧品ブランドやメーカーに所属してモデルの雑誌やショーのヘアメイクに関わる方法と、モデルやタレントの専属メイクアップアーティストになる方法があります。

化粧品ブランド・メーカーに所属する場合は、モデルが雑誌やショーに出演する場合にもヘアメイクを施したり、芸能人の専属メイクアップアーティストであれば、芸能人がテレビや雑誌などに出る際に、ヘアメイク全般を担当します。

なるためには、プロダクションなどの求人募集に応募する・仕事をしていく中で、直接芸能人やスタッフから声をかけてもらうという方法があります。

しかし、ヘアメイクの世界は多くのライバルがいるため、日々努力を続けられる人が、専属のメイクアップアーティストとして活躍できるでしょう。