美容師になるには

美容師になるには

必要な資格は「美容師免許」

美容師として働くには、「美容師免許」が必要です。

この免許取得のためには、国家試験を受験しなくてはなりません。

厚生労働省が指定する美容学校(昼間部2年・夜間部2年・通信科3年のいずれか)に進学し、修了することで、国家試験の受験資格を得ることができます。

そして、国家試験に合格することで美容師免許の交付を受けられます。

現場で使える技術を身につける

学校を卒業して免許を取得すると、いよいよ美容師としての生活がスタートします。

美容師の働き方としては、全美容室に就職するか、ヘアメイクアーティストとして事務所に所属することの2つの方法が一般的ですが、美容室へ就職する人が大半です。

結婚式場の美容室などに就職する人もいますが、倍率は高めとなっています。

就職の状況は悪くなく、ほとんどの美容学生が就職先を見つけることができています。

美容師としてやっていくには、「カット」「カラーリング」「パーマネントウエーブ」「セット」といった各技術をきちんと身につけなくてはなりません。

国家試験をパスし、免許を取得した時点では、現場で通用するような確かな技術はまだ身についていません。

学校内で得られる知識は国家試験対策に近しいところがあり、現実的にお客さまに向けた技術とはいえないところがあるため、実際に施術として使える技術は、就職後に地道に努力して身につける必要があります。

美容師の資格・難易度

美容師の国家試験は、筆記試験と実技試験があります。

筆記試験については、専門学校の授業をきちんと受け、過去問で対策しておけば十分に合格できる内容です。

実技試験に関しては、日頃の反復練習が大切です。

筆記試験はパスしても、実技試験で不合格になってしまう人は少なくなく、本番で緊張して頭が真っ白になってしまったり、焦ったりしないように気を付けることも大切です。

ただし美容師の国家試験は、毎年合格率の高い試験であり、受験者数が減少していることを考えると、今後も合格率が極端に下がることはないと考えられます。

美容師国家試験の難易度・合格率

美容師になるための学校の種類

美容師を目指す人は、美容専門学校に2年から3年間通った後、国家試験を受けます。

基本的には1年間で基礎を経験し、2年目は自分の興味のある分野を絞り込んで勉強します。

夜間の学校でも2年間通って国家試験を受けることになりますが、夕方からの授業であり、国家試験に向けた授業が中心となっています。

通信制では3年間学んだ後に国家試験を受けることになり、ほとんどの人が美容室で見習い・アシスタントとして働きながら、夕方、もしくは夏期・冬期に学校へ集中して通い、必須科目を受講しています。

美容師になるための学校は基本的に美容専門学校ですが、それぞれの学校によってさまざまな特色があるため、しっかりと調べてから進学しましょう。

美容師になるための学校の種類(専門学校・大学・通信)・必要な資格は?

美容師に向いている人

この仕事に大切なのは「探究心を持ってコツコツと続けていけるかどうか」ということです。

美容業務で必要な技術スキルは、人によって習得スピードには差がありますが、反復練習によってクリアすることのできるものばかりなので、手先の器用さは気にしなくても構いません。

それよりも美容師になるためには、とにかくアシスタントの時期をいかに乗り越えられるかが、スタート地点に立つための難所です。

コツコツと仕事を続けていく粘り強さ、美容師に対する強い情熱を持つ人でなくては務まらないかもしれません。

美容師に向いている人・適性・必要なスキル

美容師のキャリアプラン・キャリアパス

練習を重ねてスタイリスト

美容室に就職した場合、まずは店内でサロンワークを重ねながら技術の向上を目指します。

就職して数年間はアシスタントとしてシャンプーやブローなどの簡単な施術・掃除・先輩スタイリストの手伝いなどをし、営業時間外に夜遅くまで練習を行います。

美容師という職業は技術あってこそのものなので、反復練習を日々行い、技術を身につけていくことが大切になります。

休日には研修があることも多く、休む暇がないほど忙しい日々を送り、練習を重ね、全てのメニューのテスト(社内テスト)をパスすると、スタイリストに昇格します。

ここで初めて、ご来店されるお客さまに1対1での提案やスタイルの提供ができるようになります。

スタイリストデビュー後

スタイリストになると、いかに指名客を増やしていくかの勝負となります。

カットや接客の技術を磨き、お客さまの支持を得ることが必要です。

キャリアを積んだ後は、より技術を身に付け昇格しトップスタイリストやディレクターなどの肩書で活躍する人、店長やエリアマネージャーとして運営に関わる仕事をする人もいます。

また自分で店舗を開業し独立する人や、メイクアップアーティストになる人など多様な活躍の道が考えられます。

美容師を目指せる年齢は?

一般的に美容師を目指す人は10代後半から20代です。

その理由はファッションや美容に興味があるということ、さらに体力的にタフなことがあげられます。

美容師は華やかな見た目とは裏腹に体力勝負の仕事のため、あまり年齢を重ねていると体力的に厳しいという面は否めません。

しかし、美容師になるために年齢制限はなく、情熱さえあればいつからでも美容師になることができます。

さらに、美容師は何歳になっても働けるため、お客さまから必要とされれば何歳まででも働くことができます。

美容専門学校はたくさんありますが、美容免許の取得だけではなく、ヘアアレンジの勉強もすることができるヒューマンアカデミーは人気のスクールとなっています。

完全無料で取り寄せることができるヒューマンアカデミーの資料には美容師という仕事について、そしてヒューマンアカデミーというスクールについての詳しくまとめられています。

少しでも美容師という仕事に興味がある人は、まず無料資料請求してみましょう。