エステティシャンの給料・年収

エステティシャンの平均年収・給料の統計データ

エステティシャンの平均年収・月収・ボーナス

エステティシャンは、長い勤務時間と労働量の多さに比べて、給与面ではあまり恵まれているとはいえません。

近年では離職率を低下させる目的などから、歩合制を取り入れるなど、スタッフが働きやすい環境を整えているサロンも少しずつ増えています。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
エステティシャン
(転職会議)
291万円 -
エステティシャン
(Indeed)
583万円 時給 1,094円
日給 1.3万円
月給 21.8万円
栄養士/管理栄養士
(DODA)
281万円 男性:291万円
女性:278万円
20代: 263万円
30代 :320万円
40代 :331万円
50代〜:380万円
生涯賃金:1億4690万円

上記のデータから、エステティシャンの平均年収は200万円台後半から500万円台と大きく開きがあることがわかります。

エステティシャンの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

エステティシャンの年収を300万円と仮定した場合、月額の給料は25万円です。

実際の手取りは20~21万円ほどとなるでしょう。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています。

エステティシャンの初任給はどれくらい?

エステティシャンの求人を見てみると、未経験の場合の給料は18万円前後が相場です。

地域によっては16万円ほどとさらに低くなっていることもあり、新人のうちは厳しい生活を強いられることも考えておいた方がよいでしょう。

エステティシャンの福利厚生の特徴は?

エステティシャンとして企業に就職した場合は、一般的な福利厚生が得られます。

とくに女性が多く活躍する職業のため、産休・育休をはじめとした女性が働きやすい制度や環境を整えている企業も多くあります。

一方、個人のエステ店や小規模店舗の場合は、福利厚生が十分でないところもあるため、あらかじめしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

エステティシャンの給料・年収の特徴

エステティシャンの年数相場

地域によって異なりますが、正社員として働くエステティシャンの月給は18万円〜22万円くらいが相場で、平均年収は30歳代前後で300万円〜400万円ほどとなります。

ただし、早番・遅番といったシフト制をとっていないエステサロンに勤務する場合、開店から閉店まで丸半日近く働かなければならないこともあり、労働内容と給与面が不釣り合いと考える人も多いです。

給料や待遇以上に、「お客さまを美しくする」「美容に関する仕事ができる」というやりがいを感じることができなければ、この仕事を続けていくのは厳しいかもしれません。

経験と共に給料アップ

エステティシャンの仕事はは年齢とともに給料が上がるというよりは、経験やスキルがある人ほど多くの収入が得やすい職業です。

ただし、その分ボーナスの支給がないというところも多く、新人時代は生活に苦労することもあるでしょう。

歩合制をとるサロンも

「歩合制」を取り入れている企業やエステサロンでは、自分の売上や成績次第で年収が大幅に上がる可能性があります。

そういった職場で働く場合、月の売り上げノルマを超えた分は「インセンティブ」として、基本給に上乗せされた額をもらえます。

歩合の割合は、サロンによって3%〜10%程度と幅がありますが、努力次第で給料をアップさせたいという人には向いている働き方でしょう。

ノルマを達成する

エステのなかには、エステティシャンに売り上げ目標やノルマを課すところもあります。

具体的には、化粧品や美容アイテムなどを売る物品ノルマ、お客さまの次の予約をとったり、契約を延長してもらったりする契約ノルマなどがあります。

ノルマというとネガティブなイメージがありますが、店舗によってはノルマの達成率によって、ボーナスやインセンティブとして収入に還元される場合があります。

エステティシャンの正社員以外の給料・年収

アルバイト・パートのエステティシャン

アルバイト・パートとしての採用される場合、たいていは時給で換算され、勤務した時間により給料が出ます。

時給は1000円前後というところから、経験がある場合は1500円以上というところもありかなり差があります。

独立・開業するエステティシャン

経験を積んだエステティシャンの中には、独立して自分の店舗を持つ人もいます。

とくに中小規模のエステサロンに勤めている場合、長く働いてもほとんど役職が上がらなかったり、給料が頭打ちになってしまうことも少なくないため、より上を目指したいと考える場合、独立という選択肢が考えられます。

サロンで多くのお客さまに指名をされるくらいの実力があれば、独立してもそれなりに自信を持ってやっていけるでしょう。

ただし、軌道に乗るまでは安定した集客ができず、赤字となってしまうことも少なくありません。

実際、多くの個人サロンは経営に苦しんでいるのが現実です。

勢いだけで独立できるほど甘い業界ではないため、しっかりと経営計画や資金繰りの見通しが立ってから独立すべきでしょう。

独立した場合の平均年収にはかなり幅がありますが、軌道に乗せればサロンで従事しているときよりずっと多くの収入を得ることが可能です。

エステティシャンが収入を上げるためには?

エステティシャンが収入を上げるためには、まず経験を積み一人前と認められることが重要です。

エステティシャンとして人気が高まれば、指名のお客さまも増えますし、仕事の機会も増えます。

また、より待遇のいいエステサロンに転職するという方法もあります。

近年では通いやすい価格帯のエステが増え、エステはより身近な場所になりつつありますが、その分サロン間の競争が激しくなっているのが現状です。

こうした状況の中、質の良いエステティシャンを確保するために、高い給与で実力あるエステティシャンを雇ったり、エステティシャンが働きやすい環境を整えているエステ企業も増えてきています。

エステサロンは個人でも気軽に開業できるため、乱立傾向にあります。

求人情報をしっかりとチェックし、より働きやすい職場を見つけることも重要です。

エステティシャンの「給料・年収」の口コミ投稿

  • 給料・年収
    3.00
    給料・年収
    3.00

    エステティシャン sachiさん

    30歳 女性 経験7年 北海道

    退職済み(正社員)


    30代で月収は20~40万円ほどで、販売実績に応じでプラスされました。

    提携サロンで使える割引券をもらえたり美容商品を割引で購入できます。研修制度があり、定期的に勉強会などがあり、常に学べる環境にありました。