ネイリストから他業界への転職はある?

ネイリストを辞める理由で多いものは?離職率は?

離職率はどれくらい?

ネイリストの離職率は、他の職種に比較して高いです。

例えば、新人ネイリストがネイルサロンに就職しても、1年後には半分~8割が辞めるというデータがあります。

厚生労働省が発表した新卒(大卒)の1年以内の離職率は1~2割前後、3年以内合計離職率が3割前後となっており、ネイリストの離職率の高さが際立ちます。

離職理由は?

給料が安く、労働に見合わない

ネイリストの平均年収は300万円程度で、他の業界・職種に比べて低いです。

さらにネイリストは1人前になるまでの期間が長く、新人や経験が浅いうちは、アルバイト待遇ということも多く、さらに年収は低いです。

しかし、ネイリストの仕事は残業、早出も多く、肉体的にもハードな仕事です。

1人前になるまでには実質強制的な居残り練習があることも珍しくありません。

もちろん、技術や経験を積めば、昇給、独立開業による年収アップなどが見込めますが、そこに到達するまでに挫折してしまう人もいます。

接客の悩み

ネイリストは施術中、お客様に心地よい時間を過ごしてもらうために、お客様にあわせて会話量を調整したり、会話の内容を変えたりする必要があります。

さらにお客様から理不尽な要求、時にはクレームを直接受けることもあります。

ネイル自体は好きだけど、接客が苦手、向いていないと感じ辞める人も多いです。

結婚・出産などライフスタイル変化

ネイリストは女性が圧倒的に多いため、ライフスタイルの変化に際して、環境・周囲の理解が得られず辞めてしまう人も多いです。

ネイルサロンは比較的小規模な場合が多く、一般企業に比べて育休、産休、有給の制度が不十分でなかったり、実質利用ができなかったりします。

ライフスタイルの変化にも対応できるような働きやすい業界や業種に転職し、ネイルは趣味で行うと割り切るネイリストもいます。

ネイリストの転職状況・需要

ネイリストが他業界へ転職する時は、大半の場合が未経験者としてのスタートになるでしょう。

ネイリストとしての経験が比較的活かしやすいネイルメーカーの営業職や企画職であれば、ネイリスト経験・資格が強みになるため、転職が有利になるかもしれません。

ネイル用品店などネイルの関連商品を扱うお店で販売員を募集していることもあります。

接客の他に店頭に並べるサンプルチップ制作も行うため、採用求人でネイリスト資格・経験を求めることもあります。

ネイルメーカーの企画、営業に比べ、ネイル用品店などの販売員の求人数は多く、元ネイリストの需要はあります。

ネイルと全く関係ない一般企業の求人については、正社員や福利厚生がよい求人については高倍率になります。

特に人気の高い事務職であれば、簿記などの資格を保有していることも求められます。

ネイリストから他業界・業種に転職する場合は、関係する資格をとったり、一度アルバイトなどで経験を積んだりすることも必要でしょう。

ネイリストの転職先で多いものは?

ネイリストの転職で多い業種が、一般事務をはじめとする事務です。

求人の数が多いことに加え、デスクワークが中心で肉体的な負荷も小さいため人気があります。

さらに、ネイルメーカーの営業や企画に転職する人も多いです。

ネイリストとして現場でお客様の生の声を聞き、年代別の傾向、趣味などを知っているからこそ、より高い効果のある販促イベント企画、商品営業などが可能になる強みがあります。

他にもネイル関係であれば、ネイルスクールの講座営業、講師に転職をする人もいます。

ネイリストを辞めたいと思っても、ネイルは好きという人が多いので、形は変わるものの、ネイル業界に携わることが出来る点は魅力でしょう。

また流行に敏感でセンスに長けた人であれば、アパレル接客に転職する人もいます。

アパレル店員も学歴や資格などが不問であることが多く、はじめやすいのも理由の1つです。

ネイリストの経験は他の仕事でも活かせる?

ネイリストはお客様に関わる中で、お客様のニーズを掴むことに長けています。

さらにコミュニケーションスキルも培われるため、接客業などに活かせるでしょう。

特にアパレル関係、エステ関係などはその美的センスも役立てながら、お客様の「綺麗になりたい」気持ちを応援できるため、ネイリストと繋がるものがあります。

さらにネイリストは1~2時間程度、集中して爪のアートを施します。

その集中力の高さを経理事務、データ入力など、正確性と地道な仕事ぶりが要求される職種に活かす元ネイリストもいます。

コミュニケーション能力や集中力はどんな業界、業種でも求められます。

転職する際は、企業側が応募者に何を求めているか分析し、ネイリスト時代のスキル、経験をどう次の職に活かしていくことが可能かを説明できるようにしましょう。

ネイリストの年齢ごとの転職状況は?

年齢ごとに離職理由や転職先を選ぶ動機が異なります。

まずネイリストになりたての10代後半~20代前半の層は、ネイリストの仕事の現実と理想のギャップに悩み、1人前になる前に辞めてしまう人が多いです。

この場合、ネイリストの仕事そのものに嫌気がさしていることも多く、他のネイルサロンに転職などはせず、ネイルメーカーや一般企業に転職することが殆どです。

20代後半などは、ネイリストとして数年の経験を積んでいるため、キャリアアップを目指して他のネイルサロンにうつることもあります。

さらに現場経験を生かしてネイルメーカーなどに転職したり、なかにはスカウトされたりすることもあります。

また20代後半以降の女性は結婚、出産、育児などでライフスタイルが変化することが多いです。

柔軟に働きやすいフリーランスや自営業の道を模索するネイリストもいますが、集客や経営に不安がある人は、働きやすい一般企業にライフワークバランス重視の転職をする傾向があります。