アパレル店員の大変なこと、苦労

アパレル店員のつらいこと・大変なこと

人間関係のストレス

アパレル店員は、毎日お客さまと接する仕事なだけに、人間関係でストレスを感じやすい仕事でもあります。

体調が悪い時や疲れている時でも笑顔で明るい接客をしなくてはなりません。

ブランドやショップもよりますが、幅広い年齢層の方と上手にコミュニケーションをとらなければならないのも、アパレル店員が苦労するところです。

また、お客さまだけではなく、他のスタッフとも良好な人間関係を築く必要があります。

店舗で一緒に仕事をする上ではチームワークが大切になるため、人付き合いが好き・得意な人でないと、つらい思いを味わうことが多くなるかもしれません。

ノルマの達成

正社員のアパレル店員の場合、売り上げ目標、いわゆる「ノルマ」を課せられることが多いです。

もし個人のノルマがないとしても、店舗には売上目標があるため、常に数字を意識して仕事に臨まなければなりません。

なかなか目標の数字に届かないときは大きなプレッシャーがのしかかります。

ただ、お客さまと会話しながら好きな洋服を販売すれば良いというわけではない、というところもアパレル店員の大変な一面です。

アパレル店員の悩み

足腰への負担が大きい

アパレル店員は、休憩時間を除いて一日中立って仕事をしなければなりません。

毎日仕事が終わると足がパンパンになる人も多く、また、呼び込みのために声を出したり商品を運んだりと、体力も使う仕事です。

体調が悪いと仕事に支障が出てしまうため、身体のケアには気を付けなければなりません。

洋服の購入費がかさむ

自社ブランドの洋服着用を義務付けている店舗も多いため、その購入費用がかさむのも大変なところです。

社販として割引されることが多いですが、どうしてもお金はかかります。

常にファッションに気を配るということもアパレル店員の仕事の一部ですが、金銭的負担が大きいと生活が苦しくなりアパレル店員を離職してしまう人もいるようです。

アパレル店員を辞める理由で多いものは?

職場環境や待遇

アパレル店員を辞める理由で多いものは、職場環境や待遇によるものです。

アパレル店員は一般的なサラリーマンと比べると給料が低く、またその中から自分が着用する服を買わなくてはならないため、生活が苦しいと感じる人が多いようです。

また、職場によっては休みがとれなかったり、残業が蔓延していたり、ノルマが厳しかったりと過酷な環境であることもあるため、就職先を選ぶときはしっかり調べて置くようにしましょう。

キャリアアップのため

アパレル店員は、一定の年齢になると「ブランドイメージに合わなくなった」「キャリアアップしたい」と辞める人も少なくありません。

アパレル店員の場合、キャリアを積むと店長などマネジメントを担う立場になることもありますが、店員として現場で長く働きたい場合は、自分の年齢やブランドイメージなどを考えいくつもの店舗を渡り歩いたり、アパレル以外のショップの店員になったりすることが多いようです。

実際に転職を考える際は、大手エージェントを利用するのもよいでしょう。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。

まずは気軽に相談してみましょう。