このサイトは美容部員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「美容部員」

仕事内容
美容部員は、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで、ファンデーションやアイシャドウ、シャンプー、マニキュアなど、さまざまな化粧品の販売をする仕事です。来店したお客さまに商品をお薦めし、試していただきながら、できるだけたくさんの商品を販売することを役目とします。お客さまごとに肌質や髪質の悩みは違うため、それらの悩みのカウンセリングも行います。美容部員のカウンセリング能力やメイクのテクニックが、売り上げを決めるうえでの大きな要因となります。
なるには
美容部員は、なるために特別な学歴や資格が必要とされる職業ではありません。ただし、メイクのテクニックや接客能力は必須となるため、ヘアメイクの専門学校を卒業してからこの職業に就く人もいます。美容部員の就職先は、化粧品を販売する百貨店や駅ビル内のコスメショップ、ドラッグストアなどが中心となります。未経験からでもスタートできる求人も比較的多く見られ、入社後は販売する商品や接客の研修を受けて、現場デビューする流れが一般的となっています。
給料
美容部員は、正社員のほか、契約社員、派遣社員、アルバイトなど、多様な雇用形態で活躍しており、人によってだいぶ給料には差が出ているのが実情です。正社員であれば月給20万円以上を得ている人が多いですが、アルバイトの場合は時給で800〜1200円程度で働く人も珍しくありません。正社員での募集は少ないため、正社員としての雇用は狭き門になります。腕の良い美容部員になると固定のお客さまが増え、売上に応じたインセンティブが支給される職場もあります。
将来性
美容部員は基本的に女性が活躍する職業であるため、結婚や出産での離職率が高く、求人数は多めとなっているようです。また、百貨店以外にドラッグストアや雑貨店など化粧品を扱う店舗の種類が増えていることからも、化粧品の知識やメイクテクニックを持つ販売員のニーズが高まっています。とはいえ、正社員の求人は決して多くなく、一度離職すると同じ待遇での復帰が難しいとされていることからも、雇用の安定性や自身のライフプランをよく考えて就職先を探す必要があるでしょう。