女性のエステティシャンのキャリアパス・結婚後の生活

女性のエステティシャンの現状

エステティシャンは、活躍する人の大半が女性です。

エステティシャンというと、若い女性のイメージがありますが、結婚・妊娠・出産などのライフイベントをこなしながら働き続ける人も多くいます。

女性が多い職場のため、大手エステサロンでは産休や育休などの制度が整っているところもありますが、小規模のサロンでは難しいのが現状です。

ただし、一度手に職をつけてしまえば再就職もしやすいため、長く働きたいという方には働きやすい仕事といえるでしょう。

女性のエステティシャンの強み・弱み

女性エステティシャンの最大の強みは、お客さまと同性であるということです。

エステティシャンとして接するお客さまはほとんどが女性です。

そのため、コミュニケーションも取りやすく、悩みに共感したり気持ちに寄り添ったりしやすく、お客さま自身もエステティシャンに対して心が開きやすくなるといえるでしょう。

また、どうしても男性に身体を触られることに抵抗がある女性も多いため、女性にエステの需要がある限り、女性のエステティシャンの活躍の場もあるといえます。

エステティシャンの結婚後の働き方・雇用形態

若い人を優先的に採用するという現実も

エステティシャンの仕事は一見華やかに見えますが、忙しい日は1日中休む間もなく立ちっぱなしになることもありますし、お客さまへのマッサージなどではかなりの体力を使います。

また、お客さまありきの仕事のため、突発的な休みを敬遠する傾向にあり、特に少人数のサロンの場合は仕事に穴をあけられても代わりのエステティシャンがいないということもあります。

アルバイトやパートであれば短時間だけ勤務することも可能ですが、エステサロンの中には、独身で家庭の事情のない若い人を優先的に採用するということもあるようです。

働きやすさを求めて開業する

結婚や子育てしながらもエステティシャンとして現場を離れたくないという場合、開業することを視野に入れるとよいでしょう。

エステティシャンの専門学校やスクールに通って、サロンで経験を積み、専門知識や技術だけでなく、お客さまへの接し方、クレーム対応、サロン運営の流れなどを学びます。

必要に応じて資格を取得すればよりお客さまからの信頼も得やすくなります。

自宅開業であれば会社や他のスタッフに気兼ねなく、自分の都合の良い時間帯や曜日だけ働くといったこともしやすく、家庭との両立もしやすいでしょう。

エステティシャンは子育てしながら働ける?

エステティシャンとして働きながら子育てをすることは簡単ではありません。

一般的なエステサロンは「仕事を終えてからエステに通いたい」というお客さまのために、平日深夜あるいは土日も営業するところが多いため、まだ手のかかる子どもがいる場合、夜遅くまで働いたり、学校がない土日にも出勤したりするのは難しいでしょう。

ただし、平日の日中だけ働きたい場合は、アルバイト・パートなどとして働くこともできますし、一度出産や育児で現場を離れたとしても、再就職しやすい業界のためそのスキルを再度生かすことも可能です。

エステティシャンは女性が一生働ける仕事?

エステティシャンは、結婚や出産後も自分の意志次第で働き続けることが可能です。

仕事と家庭の両立にはそれなりの努力や覚悟が必要ですが、手に職をつけて長く働いていけるという点では他の職業に比べ女性が働きやすい仕事といえるでしょう。

また、エステ業界全体として人手不足であることや、さまざまな雇用形態があることから、一度離職・退職したあとも再就職がしやすく、長く働き続けたいという女性が柔軟な働き方ができる仕事であるともいえます。