アパレル店員になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

アパレル店員になるための学校の種類

学歴はさほど問われない

アパレル店員になるために、特別な勉強をしなくてはならないことはありません。

服飾系の専門学校を出てからアパレルメーカーへ就職する人もいますが、まったくの未経験からスタートし、現場でお客さまと接しながらスキルアップしていくケースもあります。

資格も求められないため、仕事を始めてから目の前のことに取り組んでいれば問題ないと考えておいてよいでしょう。

ファッションやトレンドへの関心が重要

学歴よりも、日頃からファッションについての情報を集めたり、トレンドに興味を持って自分なりに考察したりすることが大切です。

アパレル店員としての知識を深めたり魅力を高めたりすることにつながるため、ファッションへの探究心を持つことが、アパレル店員にとっては何より大切なことといえるかもしれません。

アパレル店員になるには

アパレル店員になるための大学

アパレル店員になるための大学は特になく、どの学科・学部からでも目指すことはできますが、大学卒でアパレル店員になる人はあまり多くはありません。

大学卒でアパレルメーカーに就職した場合は、店員よりも幹部候補生としての意味合いが強く、販売業務を経て店舗管理・企画・広報などさまざまな仕事に携わります。

そのためアパレルメーカーに就職し、店員以外にもさまざまな仕事に携わりたい場合は、大学を出ていた方が有利でしょう。

アパレル店員になるための専門学校

ファッション・服飾系の専門学校

アパレル店員になるために、ファッション系や服飾系の専門学校を目指す人は少なくありません。

就職時に必ずしも有利になるわけではありませんが、ファッションやアパレルに関する知識を持っていると、実際にお客さまと接する際に役立つことも多いでしょう。

勉強しておくと役立つ知識

カラーコーディネート

色彩やカラーコーディネートの知識については、ファッションに携わるうえで大いに役立ちます。

お客さまに似合う色をすすめることもできますし、トップスとボトムスの組み合わせを考えたり、全身をトータルで考えたりする際にも知識を生かせるでしょう。

素材・お直しについて

洋服の素材はさまざまで、その特性について理解しておくと、お客さまへの提案の幅が広がります。

また、ショップによっては採寸やサイズ直しをその場で行うため、その技術を学んでおくと重宝されるでしょう。

接客技術

専門学校によっては、接客のマナーやお客さまへの声かけ方法、おもてなしの心などを学びます。

接客のロールプレを行うことで、実際現場に立った時の接客技術の向上に努めます。

語学

外国のお客さまが多く来店されるショップやブランドで働く場合は、店員にも簡単な日常会話程度の語学力が求められます。

店員として最低限の意思疎通ができるよう、基本的な語学ができるとよいでしょう。

アパレル店員の学校選びのポイントは?

アパレル店員になる場合、基本的にはファッションやおしゃれ、そのブランドが好きという気持ちがあればだれでもいつでも始められる仕事です。

学歴重視の世界ではないため、どのような進学先からでもアパレル店員になることは比較的容易です。

ただし、アパレル店員を経て将来専門的な職種へとキャリアアップしていきたいのであれば、あらかじめ専門学校や大学への進学を考えておいた方がよいでしょう。

また、正社員として採用される場合は専門学校卒や大学卒が必須の場合もあるので、志望する企業の募集要項をしっかりと確認しておく必要があります。