ネイリストの1日・生活スタイル

ネイリストの業務スケジュール

 

ネイリストの勤務体系

 

ネイリストの勤務時間や休日は、所属サロンの就業規則により違います。

ネイルサロンの営業時間は、9時~21時というのが一般的ですが、立地や客層、オーナーの経営方針に左右されます。

都心や繁華街では24時間営業、深夜営業など営業時間が長くなる傾向があります。

逆に閑静な住宅街などの完全予約制サロンでは、営業時間も短く、予約のお客様が終わり次第、営業終了ということも多いです。

勤務するネイリストもサロンの営業時間にあわせた勤務体系になり、営業時間が10時~22時のようなサロンでは早番・遅番のシフト制が一般的です。

正社員ネイリストは早番・遅番を繰り返しながら、1日8時間程度勤務します。

アルバイト・パートのネイリストは、正社員と同様の勤務体系になることもあれば、「週2のみ」「1日4時間のみ」などの条件で採用されることもあります。

また企業に所属せず、フリーランスで活躍したり、独立開業したりするネイリストもいますが、働く曜日や時間の融通が就きやすい点が魅力です。

ネイリストの休日・残業傾向

 

ネイリストの休日はサロンによって異なり、週休2日制のところもあれば、月6日程度のところもあります。

サロン勤務の場合、土日祝日はお客様の予約が多い繁忙日のため、休みがとれず、平日休みが多いです。

フリーランスや独立開業しているネイリストの場合は、休日も自分のライフバランスとの兼ね合いで予約を調整し、土日祝日に休むことも可能です。

サロン勤務のネイリストの残業時間は多い傾向にあります。

お客様の予約や施術内容によって残業が発生することもあるほか、勤務時間中に出来なかった雑務、在庫管理、見本デザインチップ制作を行うこともあります。

また新人ネイリストや経験の浅いネイリストは、研修や自主練という形で居残り技術の向上に努める必要があり、遅くまでサロンにいることあります。

ネイルサロンで働くネイリストの1日

 

早番で勤務する場合

 

ネイリストの代表的就職先であるネイルサロンでは、10時~22時という営業時間が多いです。

ネイリストは、10時~19時の早番、13時~22時の遅番と8時間程度の勤務になります。

9:30 早番出勤
開店時間30分~1時間前に出勤し、開店準備を行います。

サロン内の掃除のほか、道具類の手入れを行います。

お客様にリラックスしてもらえるようにアロマを焚いたり、照明を調整したりする空間づくりも大切な仕事です。

10:00 開店 
施術は予約中心ですが、空きがあれば、飛び込みの方の施術も行います。

一人のお客さまに要する時間は、ケアや簡単なカラーリングの場合は40分?60分程度、凝ったアートやジェルを施す場合は2時間程度要することもあります。

平均して4、5人のお客さまを1日で担当します。

14:00 休憩 
休憩をとれる時間は、お客さまの予約状況によって毎日変わります。

突然のお客さまの来店が殺到したり、予期せぬトラブルなどで施術が長引いてしまったりした場合は、ほとんど休憩なしで働くこともあります。

15:00 サロンワーク 
予約の入っていない時はサンプルチップの作成、お客様へのDM発送などを行います。

その他、売上入力や材料の発注業務などのサロンワークを行います。

17:00 継続して施術
引き続きお客様への施術やサロンワークを行います。

日中は主婦や自営業のお客さまが多いですが、夕方近くなると、専門学校や大学の講義後の学生さんや会社員の方が徐々に増え始めます。

19:00 早番退勤
クローズまで残る遅番のスタッフに引継ぎを行うほか、明日の予約の確認をした後、退勤します。

自主的に残り、技術の向上に向けた練習を行うことも多く、実際に退勤するのは、勤務終了後1~2時間後ということも多いです。

遅番で勤務する場合

 

13:00 遅番出勤
遅番の場合は昼過ぎに出勤し、本日の予約状況などを確認し、施術にとりかかります。

早番スタッフもいて人出もあるほか、お客様の予約も落ち着く時刻のため、サロンワークなども行います。

16:00 休憩
17:00以降は会社帰りのOL、学生なども増えるため、忙しくなります。

その前に休憩にはいり、軽い夕食を済ませます。

17:00 施術
早番スタッフと引継ぎを行いながら、サロンクローズ時間まで予約客、飛び込み客の施術を行います。
22:00 遅番退勤
最後のお客様の施術を終えたあと、閉店作業に入ります。

お客様の到着時間が遅れていくことで、施術終了が22時をすぎることもあります。

また翌日の営業に備え、店内の軽い掃除のほか、タオル類の洗濯を行います。

自主的に残り練習することも多く、終電近くに帰宅することも多いです。

個人事業主で働くネイリストの1日

 

個人事業主として働く場合は、集客や売上管理を自分でしなくてはいけないという責任の重さはあるものの、働く時間・曜日など働き方を自分で決めることが可能です。

そのため、育児との両立もしやすく、家庭を持っている人、副業で働く人に人気です。

自宅サロンの場合

 

9:00 開店準備 
家事を一通り終え、子供を保育園に預けたり、学校に見送ったりした後に開店準備をします。

自宅の1室を施術空間にしているため、移動時間がないことがメリットです。

一方、生活感がでてしまいがちなため、お客様に寛いでいただけるよう空間づくり、おもてなしに力をいれます。

10:00 施術開始 
自宅サロンの場合、完全予約制の場合が多く、お客様の施術時間が読みやすくなります。
12:00 昼休憩 
お昼休憩をとり、隙間時間にアートサンプルの作成、SNSの更新などを行います。

自宅サロンは集客が課題のため、HP作成や人脈開拓を通じ、新規のお客様獲得が大切です。

14:00 午後の勤務開始 
施術内容によりますが、午後は1~2人のお客様の施術を行います。
17:00 自宅サロン終了 
家庭との両立目的の主婦ネイリストの場合、サロン業務は日中のみということも多いです。

勿論、常連客の依頼で夕刻以降に施術を行うこともあり、柔軟に働くことができる自宅サロンの強みを生かします。

夜間には道具の手入れ、翌日の準備、在庫管理などを行います。

フリーランスの場合

 

フリーランスの場合、出張ネイリスト、面貸し、複数のネイリストと契約など様々な働き方があります。

ここでは講師業とサロンワークの掛け持ちで働くネイリストの1日を紹介します。

9:00 出勤 
ネイル講師として働くスクールに出勤し、メールチェックを行うほか、当日のスケジュールの確認を行います。
10:00 講義スタート 
ネイル講師としてネイルスクールにて授業を行います。

空き時間には、生徒の技術指導や授業に使う資料の作成を行います。

15:00 講義終了、移動 
講義終了後は、遅めの休憩をとり、次の仕事場に向けて移動します。
17:00 サロンで施術開始 
面貸しで施術スペースを借りているサロンに出勤し、自分のお客様に施術を行います。

間借り料はかかるものの、自宅サロンに比べて、初期費用が抑えられ、集客がしやすく、公私の区別がつきやすいです。

お客様の予約は自分で調整できるため、稼ぎたい時はフルで予約をいれサロンの終了時刻である22時前後まで働くこともあります。

ネイリストの勤務時間・休日