パタンナーの需要・現状と将来性

パタンナーになりたいと考えた時に気になるのは、仕事内容や収入のほか、需要があるのかという点でしょう。

本記事では、パタンナーの現状から将来性、今後の活躍の場などを紹介します。

パタンナーの現状

ファション・アパレル業界は人間の生活に欠かせないもので、今後もなくなるということは考えにくいでしょう。

また日本は国際的にもファッション発信地としての地位を高めつつあるので、ファッション・アパレル業界の将来性は有望といえます。

ただし、流行という実態をつかみにくいものを相手にする業種でもあるので、会社ごとの浮き沈みはとても激しく、過去に一大ヒットを飛ばしたり一世を風靡したりしたアパレルメーカーやブランドが倒産するというケースも少なくありません。

さらに、ファストファッションが浸透する近年ではアパレル業界の競争は激しく、今後はパタンナーの待遇にも影響があるかもしれません。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

パタンナーの需要

ファッション産業を支える重要な職業

パタンナーは専門的な技術が求められる職種であり、誰にでも簡単にできる仕事ではないことから、パタンナーとしてのスキルを持つ人はおおいに歓迎される傾向にあります。

アパレルメーカーも大手から中小企業まで規模はさまざまありますが、大手では多くの求人があります。

ファッション業界は流行の移り変わりが激しく景気にも左右される面がありますが、一定の数のパタンナーは必要とされるため、今後も安定した需要が見込めると考えておいてよいでしょう。

優秀なパタンナーは慢性人手不足

パタンナーを志望する人はとても多くいますが、その分求人も多いので、就職に苦労することはないでしょう。

しかし就職してからキャリアアップしていく人と、いつまでも同じ仕事ばかりという人の格差はどんどん広がるのが現状で、パタンナーとして就職する前よりも後のほうが重要です。

クライアントの意向を的確にくみ取って形にすることができる優秀なパタンナーは少ないため、常に引く手あまたです。

逆にスキルの低いパタンナーは埋もれてしまいます。

実績や経験を積み重ねていくことが大切

パタンナーは専門職であるため、新人のうちは簡単なことから任されるケースがほとんどです。

しかし、経験を積んでいくうちに難しいパターン製作にも携われるようになり、日々の積み重ねが確実に自分の力になる仕事といえます。

確かな腕があるパタンナーはどのアパレルメーカーも求める人材であり、より良い条件での転職もしやすくなるため、とにかく日々の勉強と技術力の向上に努め、スキルアップに励むことで、大きく羽ばたくチャンスを掴み取ることができるでしょう。

パタンナーの将来性

ファッション・アパレル業界はどんどん国際化しています。

生産拠点を海外に移転するだけにとどまらず、日本発のファッション文化が受け入れられている国もたくさんあるため、製品づくりには海外の顧客を意識する場面も増えています。

こうしたグローバル競争を勝ち抜けるパタンナーには、スケールの大きな仕事がどんどんやって来る可能性があります。

今後はより外国人との関わりも多くなってくるので、国際化に適応した人材が求められるようになるでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

パタンナーの今後の活躍の場

アパレルCADの普及に象徴されているように、パタンナーの仕事にもIT化の波が押し寄せ、デザイン画や企画案などがデジタルデータで届くことも当たり前になりつつあります。

採用の段階でCADのスキルを持っていることが条件になるケースも少なくありません。

なかにはCADを用いない場合もありますが、いまや手書きよりもITを使った作業が主流となり、円滑に作業をすすめるために社内のメンバー同士でITを活用したコミュニケーションをとる企業も増えてきています。

今後はますますIT化に対応できるパタンナーが求められるでしょう。

パタンナーの需要のまとめ

ファション・アパレル業界は人間に不可欠のものであるため、今後もパタンナーの需要は安定してあるでしょう。

とくに、クライアントの意向を的確にくみ取って形にすることができる優秀なパタンナーは少ないため、常に引く手あまたです。

パタンナーは専門職であるため、日々の積み重ねが確実に自分の力になる仕事といえ、日々スキルアップに励むことで大きく羽ばたくチャンスを掴み取ることもできます。

今後はIT化、国際化に適応した人材が求められるようになるでしょう。