ファッションデザイナーになるためにはどんな勉強が必要? 独学でなれる?

ファッションデザイナーになるために勉強すること

被服の知識と技術を身につける

ファッションデザイナーとして仕事をする上では、まずは被服に関する専門的な知識と技術を身につける必要があります。

幼い頃から裁縫をやっていた、趣味でミシンを使っている、というような人であっても、やはりプロフェッショナルとしてやっていくためには専門的な勉強をしたほうがよいでしょう。

一般的な勉強の方法としては、ファッションデザイナーになるための専門学校に通うことで、学科はデザイン・縫製・ドレーピング・パターンメーキングなど特化されていることが多く、めざす職種に合わせた勉強ができます。

ファッションデザイナーとしてのセンスを磨く

デザイナーになるからには知識や技術だけではなくセンスも重要です。

センスを磨くことは決して簡単なことではありませんが、偉大なデザイナーの作品を調べたり、映画や絵画を鑑賞したり、旅行に行ったりすることで磨くことができます。

人によっては学生時代に海外に留学し、世界的に有名なファッションショーを開催しているヨーロッパの都市に滞在し、日本では見ることのできないようなデザインを吸収することが将来的に大きな糧となることもあります。

世間の流行やニーズを知る

デザイナーとして成功するためには、世間のニーズを敏感にキャッチする能力が求められます。

世の中のファッションの移り変わりを知り、最新の流行を追いかけながら、どんなものが受け入れられるのかを自分なりに分析できるようになるとよいでしょう。

こうした感覚は学校の勉強だけではなく、ファッション雑誌を読み込んだり実際に街にショッピングに出かけたりすることで、磨くことができます。

独学でファッションデザイナーになれる?

ファッションデザイナーの多くは専門学校卒

ファッションデザイナーの多くは、専門学校で服飾の専門的な勉強をしています。

ファッションデザイナーになるためには、センスだけでなく専門的な知識や技術が必要だからです。

もちろん幼い頃から趣味で洋裁をしていた人にとってはすでに基礎ができあがっているということもありますが、それだけに頼るのではなく、しっかりと基本の知識や技術を身につけておくことはプロとしてやっていく上で非常に大切なことなのです。

専門学校では就職を見据えて実践的なスキルを学ぶことができますし、インターンシップや海外留学を後押ししてくれることもあるので、独学ではできない経験をすることができます。

また、専門学校に通うことで、同じ志をもつ仲間と刺激を与えあうことができたり、教官や先輩から指導を受け自分を客観的に見つめなおしたりすることができるというメリットもあります。

ここで築き上げた人間関係がもとになり将来の仕事に繋がることもあるので、人脈を作るという意味でも専門学校は重要な役割を果たしています。

独学で勉強する方法

独学でファッションデザイナーになることはできないのかというと、決してそのようなことはありません。

世の中には独学でファッションデザイナーになった人や、専門学校などに通っていなくても自分独自のブランドを持っている人もいるのです。

自分で服をデザインするうちにそれが口コミで広がって、人気が出てブランドとして確立したというような話も多くあります。

また主婦が「子どもが動きやすいように」と考えて手づくりした服や、介護職員が「介護が楽になるように」と考えて生み出した服というものもあります。

それらは、自分自身の経験を踏まえて作られているだけに、どんなプロフェッショナルでも思いつかないようなアイディアや魅力が詰まっていることもあり、世の中に受け入れられ一般の人向けに販売を始めることもあります。

このようにアイデア次第では、独学でファッションデザイナーになることもできるのです。

個人で服の販売ができる時代

独学で勉強してファッションデザイナーになった人が、そのまま個人で宣伝や販売をするということも不可能ではありません。

現代社会ではインターネットが普及したことによって、誰もが自由自在に情報発信をすることができる時代になり、SNSを使うことで、個人としても、自分のブランドとしても、洋服の制作状況や販売状況をお客さんに伝えることができます。

またHPやアプリなどのサイトを使って通信販売を行うこともそれほど難しくはありません。

個人で勉強し、服を制作し、宣伝して販売をするということは大変なことではありますが、努力次第でいくらでも道は開けるといえるでしょう。