エステティシャンの髪型・髪色・ネイルの決まりはある?

サロンによって規定は異なる

エステティシャンはお客さまに美を提供する仕事であることから、エステティシャン自身も身だしなみには人一倍気を配る必要があります。

ただし、服装や髪形の規定はエステサロンなどの各店舗によって異なり、自由度の高いところもあれば、厳しく制限されているところもあるようです。

エステティシャンとして何よりも大切なのは清潔感、そしてお客さまに与える印象を良くすることです。

エステティシャンとしてお客さまの見本になれるよう、身だしなみを整え、見た目の美しさにも気を使う必要があるでしょう。

エステティシャンのネイル

エステティシャンは、手でマッサージをする機会が多く、手のお手入れについてはとくに注意しておく必要があります。

最も注意すべきは爪です。

お客さまの肌を傷つけることがないよう、爪はつねに短く切りそろえておくことが欠かせないため、やすりをつかって角がとがらないように整えることが必須です。

ネイルについては、ナチュラルなものなら可としているところもありますが、派手なネイルアートについては、NGとしている店舗がほとんどです。

ネイルアートでお客さまの肌に傷をつける恐れがあることや、不潔な印象を与えないようにするためです。

エステティシャンの髪柄・髪色

髪型は自由とされることが多いようですが、施術の邪魔にならないよう、アップスタイルにするエステティシャンが多いようです。

特に決まりがない場合でも、髪が長ければきちんとまとめ、ショートヘアでもワックスやピンを使ってタイトにまとめるといったスタイルが一般的で、前髪も施術の邪魔にならないようにまとめることが多いです。

髪色も制限されない場合が多いようですが、相手に不快感を与えるような派手なカラーリングは避け、黒や濃い目のブラウンにしている人がほとんどです。

エステティシャンのメイク・アクセサリー・服装

メイクは肌をきれいに見せること、そしてどのようなお客さまに対しても好印象を与えられるように意識することが大切で、あまりに濃すぎるメイクはだめですが、逆にノーメイクもいけません。

特にフェイシャルエステをメインとしているところは、お客さまから顔を見られることも多いため、メイクに力を入れているエステティシャンが多いようです。

ナチュラルな印象を与えられるピンクやオレンジ・ブラウン系のメイクをする人が多いようです。

また、エステティシャンはマッサージをすると自分も汗をかくことがあるため、ウォータープルーフのコスメを使うなど崩れにくいメイクにすることも重要なポイントです。

アクセサリーは、あまりに大きなもの、派手なものでなければ可としているところが多いようです。

服装は、店舗が指定する制服を着用することが多く、白やピンクなど清潔感のある服を指定するところが多いようです。

制服はエプロンのみという店舗もありますが、私服を着用する場合も常に清潔で、しわがないようにしておく必要があります。