副業・ダブルワークのネイリストとして働くには?

副業・Wワークのネイリストとは

 

別に正規雇用の本業をもった人が、副業としてネイリストの知識や技術を生かして働くことがあります。

または既にネイルサロンに勤務するネイリストが、休日や夜にネイルチップ制作、出張ネイリストなどを掛け持ちして働くWワークを行うこともあります。

副業やWワークを行う理由は様々です。

本業としてネイリストとして働いていたものの、肉体的、経済的にきつくなり辞め、無理のないスケジュールでネイリストとして活動する人もいます。

さらに独立の前に、Wワークをしながら資金をためる人もいます。

ネイリストは大掛かりな設備、高価な道具が必要なく、個人で仕事がしやすいといえます。

一方、個人で活動するということは集客から全て自分で行う必要があります。

サロン勤務と違い、お店の知名度やノウハウを生かせないため、自分の経験や技術だけで勝負していかねばならず、ディプロマとしてJNECネイリスト技能検定2級などを取得しておくとよいでしょう。

なお、副業を禁止にする会社も多いため、本業の就業規則を確認しておく必要があります。

副業・Wワークのネイリストの仕事内容

 

ネイルチップ制作

 

ネイルチップ制作を行うことができるネイリストを募集する会社があります。

内職的な要素が強く、材料が家に届き、隙間時間に自分のペースでコツコツと行えます。

また近年は個人がインターネット上で簡単に売買できるため、自分のサイトを開いたり、手作りサイトに登録し、オリジナリティあるデザインのネイルチップを製作し、販売したりすることで、より単価をあげていくことも可能です。

出張ネイリスト

 

お客様の希望する時間や場所に訪問し、ネイル施術を行います。

ネイリスト側には場所確保の必要性はなく、道具さえあれば気軽にスタートできます。

最近は出張ネイルサービスを希望する客、出張ネイリストをマッチングするサイトもあります。

交通費、材料費を除いた施術料金が自分の収入になるため、効率よく稼げると人気です。

面貸しで働く

 

ネイルサロンに施術スペースを間借りし、集客は自分で行いながら、働く方法です。

売上から契約に応じ、サロン側に場所代を支払う必要があります。

自分の好きな時間、曜日で働けるうえ、お客様も一般店舗のため訪問しやすいという利点があります。

ネイルサロンで働く

 

本業の傍らアルバイトとしてネイルサロンに勤務したり、従業員ではなく個人事業主として業務委託契約をサロン側と結び、繁忙期を中心にお店に入ったりすることもあります。

ネイリストを対象にした派遣会社もあり、そこに集まる求人には「WワークOK」「日払いOK」というものもあります。

副業・Wワークのネイリストのメリット

 

収入を増やせる

 

正規雇用のネイリストの平均収入は300万円程度と決して高い水準ではありません。

アルバイトのネイリストならば、時給は900円~1,200円でこれだけで食べていくことは難しいです。

そのため、本業を別で確保し副業、またはWワークのネイリストとして活動することで安定した収入を得ることが出来ます。

独立前の練習

 

副業、Wワークで働く場合、集客などを自分で行う必要があります。

副業を行うことで自分のスキルアップが可能になるほか、将来の独立資金や新規顧客獲得に繋がります。

副業・Wワークのネイリストのデメリット

 

集客が大変

 

副業・Wワークのネイリストは時間の融通がききやすいフリーランスで活動することが多いです。

最初から集客がうまくいくことは珍しく、最初は友人や知人、それらの紹介から地道に顧客を見つけていく必要があります。

最近ではSNSなどを活用した集客も欠かせません。

集客がうまくいかないことには、収入も思うように確保できないため、生活に響くこともあるでしょう。

疲れがたまる

 

ネイリストは職業柄、腰痛や肩こりに苦しむ人が多く、肉体的にハードな仕事です。

副業やWワークのネイリストの場合、本業や掛け持ち仕事の隙間時間や休日を使い、仕事を行うため、疲れがとれないまま忙しく日々を送ることになります。

ある程度は自分のスケジュールにあわせて働く時間をコントロールできるのが副業・Wワークの利点ですが、腕がなまらないように練習したり、施術の下準備をしたりする必要があり、忙しい時期などは慢性的に疲れていることもあるでしょう。

確定申告が必要

 

副業やWワークで働く場合は、確定申告が必要になることが多いです。

手続き関係が苦手な人にとっては煩わしく感じてしまう人もいるようです。

副業・Wワークのネイリストの給料

働き方、働く時間にも差があるため、一概にはいえませんが、自分にあった働き方をみつけることで副業・Wワークの収入を増やすことが可能です。

例えば、リピーター客がついた出張ネイリストであれば、会社が休みの週末2日を使い、月に10万円以上の副業収入を得ることも可能です。

集客などが苦手という人は、内職としてネイルチップ制作をコツコツ行う人もいます。

チップの単価は50円~100円程度で、10本の単価は500円~程度です。

この場合、作業量と作業スピードにより収入が左右されます。

さらに自分でオリジナルデザインのチップを販売する場合、10本3,000円で販売しているネイリストもいて単価はあがります。

しかし数多くのネイルチップから自分のチップを選んで、購入してもらわなければ、収入にはならず、効率が悪い面もあります。