このサイトはパタンナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「パタンナー」

仕事内容
パタンナーは、洋服などを作る際、ファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとに型紙(パターン)を作製する仕事です。平面に描かれたデザイン画を立体的な形でイメージし、完成形に使われる素材やイメージも頭に置きながら、1ミリの誤差もなく型紙に起こしていきます。ときには何もない状態から型紙を作ることもあり、高度な技術と知識が求められる仕事です。また、製造工程で裁断や縫製を行う際に指示を出すことも仕事の一部です。
なるには
パタンナーは、特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。とはいえ、未経験者や何の知識も持たない状態で就職するのは非常に難しいため、高校卒業後、服飾系専門学校や大学・短大の服飾系学科で学び、アパレルメーカーなどに就職するのが一般的です。関連資格としては「パターンメーキング技術検定」などがありますが、資格よりもどれだけ基礎的な勉強をしてきたかが重視されることが多いようです。
給料
パタンナーの代表的な勤務先はアパレルメーカーとなっています。各社給与体系は異なりますが、年収は300万円〜500万円程度で、一般的な会社員とさほど違いはありません。まだ経験や実績が少ない若手の間は、給料が一気に増えることはあまりないようです。しかし、キャリアアップして役職がつけば、もっと多くの収入を得られるようになるでしょう。デザイン会社で働く人もいますが、大手アパレルメーカーのほうが待遇はよいケースが多いようです。
将来性
アパレル業界でも国際化が進んでおり、海外の顧客向けの洋服を作る場面は増えています。国際化に対応できる優秀な人材は、今後さらに需要が高まっていくものと考えられています。もちろん、パタンナーとしての腕が認められれば、海外メーカーなどから招かれることもあるでしょう。実力がつけばつくほど仕事の幅も広がり、一流の人材は引く手あまたなので、自分のがんばり次第で可能性はいくらでも開けていくでしょう。