このサイトはファッションアドバイザーを目指す人のための情報サイトです。

ファッションアドバイザーとは?

ファッションアドバイザーは、アパレル製品を扱う店舗において、お客さまの好みやニーズに合わせた商品を提案したり、トレンドを踏まえた着こなしのアドバイスをしたりする仕事です。未経験からでもスタートできますが、商品の種類や特性をよく理解し、自分自身のセンスも磨く必要があります。また、人と接することが好きであることも重要な要素となります。おもな就職先はアパレルメーカー直営店、衣料品販売店、百貨店やブランドショップとなり、雇用形態は正社員のほか、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトとして働く人も多数います。したがって、全体の平均年収は300万円前後とやや低めとなっています。お客さまに対して気持ちよい接客をし、売上向上に貢献できる人は、どのような職場でも歓迎されるでしょう。

ファッションアドバイザーの仕事内容

ファッションアドバイザーとは、アパレル製品(衣類・服飾用雑貨)を扱う店舗において、主にお客の好みやニーズに合わせた商品を提案したり、トレンドを踏まえた着こなしのアドバイスを行う販売員です。

また、店内に入ってもらうため、トレンドを意識したおすすめコーディネートのディスプレイを行ったり、商品を見やすく工夫したり、買い物がしやすい雰囲気作りをしたりと、お客に店の個性をアピールするのもファッションアドバイザーの重要な仕事になります。

その他、店内の商品がきれいにたたまれているか、商品の品ぞろえなどのチェック、商品の入れ替え作業や発注業務、売れ筋商品の動向研究といった、販売以外の仕事もあります。

ファッションアドバイザーになるには・必要な資格は?

ファッションアドバイザーになるための資格はありません。

近い資格として「ファッションビジネス能力検定」「ファッションコーディネート色彩能力検定」「ファッション販売能力検定」などがあり、実際にファッションアドバイザーとして働くうえで、知っておくとよい知識が得られます。

接客業で必要なスキルアップには「サービス接遇検定」もありますので、これらの資格の勉強をしておくのもよいでしょう。

ファッションアドバイザーは、お客の購買意欲を高めるアドバイスがきちんとできることが重要になります。

そのためには扱っている商品の特性をよく理解し、素材や色・デザインといった流行を十分に知っていなければなりません。

日頃からアパレル関係の情報をキャッチし、自分自身もセンスのある着こなしができるようにしておくことが大切です。

ファッションアドバイザーに向いている人

ファッションアドバイザーは接客業ですから、ファッションが好きというだけではできません。

まず、人と接することが好きな人が向いています。

そして、明るさと積極性も必要です。商品を購入したいという気持ちに導くことのできる、説得力のある商品知識やセンスを持ち、会話ができる人が求められます。

また、流行の先端にある商品に囲まれた、華やかで楽しい仕事に見えるファッショアドバイザー。

しかし、実際には常に立ち仕事で、商品の運搬や出し入れ、店舗によっては売り場間の移動などがあるなど、肉体労働でもあります。

体力も求められる仕事といえるでしょう。

ファッションアドバイザーの就職状況・雇用形態

ファッションアドバイザーの就職先は主にアパレルメーカー直営店、衣料品販売店、デパートやブランドショップです。

ファッションアドバイザーの求人は多く、正社員としてのほか、契約社員、派遣社員、パートやアルバイトまでさまざまな雇用形態があります。

未経験者でも採用されやすく、自分の希望する雇用形態で働くことが可能な職業です。

生活スタイルが変化しても、雇用形態を変更するなどの対応が比較的取りやすいので、長く働けるのも魅力といえます。

また、最初は正社員での採用ではなくても、会社やショップによっては、販売経験を積み、ブランドや商品の知識を学んだりすることで、正社員に登用されるたり、店長職やマネジャーに昇格するなどのキャリアアップも望めます。

ファッションアドバイザーの給料・年収・待遇

ファッションアドバイザーの年収は、250~350万円ほどです。

未経験から始めた場合、1年目の年収はおよそ200万円程度となっており、5年目くらいで300万円ほどになるようです。

他の業種に比べると、ファッションアドバイザーの仕事は、年齢や経験年数による給与水準にあまり差が見られないのが特徴ともいえます。

雇用形態にもよりますが、何年かの経験を積んだ後、店長職やマネジャー職になるなど、ファッションアドバイザーだけでなく、他の業務へのステップアップが可能になれば年収増加も見込めます。

しかし、ファッションアドバイザーだけでは高収入になりにくいのが現状です。

ファッションアドバイザーの生活・勤務時間・休日

アパレルショップの多くは土日や祝日も営業しています。

雇用形態や契約内容にもよりますが、定休日とシフトでのお休みとなります。

勤務時間は店舗の営業時間である、9時30分前後から22時前後の間が多いようです。

この時間帯で早番や遅番といったようなシフトでの勤務や、契約によって決められた時間帯での勤務となります。

また、ミーティングや雑務などで遅くなったり、時期によっては営業時間外に商品の入れ替えや模様替え、棚卸しといった業務が行われたりと時間外勤務をすることもあります。

ファッションアドバイザーの現状と将来性

現在はインターネットが普及し、実際に店舗に足を運ばずとも気軽に洋服を購入することができるようになってきました。

しかし、実際に手にとって納得のいく商品を購入したいという人はまだまだ多く、ブティックや専門店、百貨店の服飾ショップ、セレクトショップなどがなくなることありません。

アパレル業界は、いかに売上をのばし生き残るかといった競争が激しい業界でもあります。

ネットでの洋服販売は増えてきていますが、売上に貢献できるファッションアドバイザーは、今後も求められるでしょう。