メイクアップアーティストのアシスタントの仕事内容・弟子入りするには?

メイクアップアーティストのアシスタントになるメリット

メイクアップアーティストを目指す人は、まずヘアメイクの専門学校やスクールに通い、卒業後にヘアメイクプロダクションやサロンなどに就職する流れが一般的です。

一方で、そのような学校に通う前、もしくは学校を出てから、現在活躍するプロのメイクアップアーティストに弟子入りして、アシスタントとして現場で仕事をどんどん覚えていく人もいます。

アシスタントは見習い期間であるため、精神面・金銭面ともに厳しさを味わうことも多いのですが、現場での生きた経験ができるため、メイクアップアーティストとして大きく成長できるというメリットもあります。

メイクアップアーティストのアシスタントの仕事

アシスタントは、先輩メイクアップアーティストが撮影やイベントなど仕事に出向く場合に同行し、一連のアシスタント業務に携わることが主な仕事となります。

メイク道具の準備、関係者への挨拶、現場撤収の際の片付けなど、あらゆる雑務をこなします。

仕事に慣れて信頼されるようになると、自らヘアメイクを任せてもらえることもあるほか、仕事のスケジュール調整や事務所での事務作業などを頼まれることもあります。

より細かい仕事内容は、先輩メイクアップアーティストがどのような現場で仕事をしているのか、あるいは指導の仕方や考え方によって変わってきますが、直接ヘアメイクとは関係ないことでも、アシスタント時代に培った経験は、将来自分一人で仕事をする際にきっと役立つでしょう。

アシスタント時代は、既に活動しているメイクアップアーティストに付くため、多様な種類の現場に出向く機会があるでしょう。

ただし、ブライダルの現場中心であったり、映画やドラマなど映像関連の現場中心であったり、あるいは特殊メイク専門であったりと、メイクアップアーティストによって得意分野が異なることはよくあります。

どの現場でも一生懸命に取り組んでいれば必ず身につくことはありますが、その現場ならではのルールなどが見えてくるため、アシスタントをする際には、まず自身がどのようなメイクアップアーティストになりたいのかを考えた上で、応募したほうがよいでしょう。

メイクアップアーティストのアシスタントになるには

メイクアップアーティストのアシスタントを目指す場合、まずは求人情報を見つけなければなりません。

運よく見つけて応募できたとしても、どうしたら採用してもらえるかは、先輩となるメイクアップアーティストの考え方にもよるため、一概にはいえません。

少なくとも、メイクアップアーティストになりたいという強い意志を持ち、相手に伝えることができなければ、わざわざ経験の浅い人をアシスタントとして雇ってくれることはないでしょう。

アシスタントの求人募集は、人脈で紹介してもらえる場合や、インターネットなどを使ってみるけることもできます。

個人のメイクアップアーティストが、自分のホームページやブログ上などでアシスタントを募集していることもあるため、諦めずに探し続けることが大切といえそうです。

メイクアップアーティストのアシスタントとして大切なこと

メイクアップアーティストのアシスタント期間中は、他の職人の仕事と同様、決して楽な日々ではありません。

給料は安く、ほとんどもらえないこともありますし、場合によっては雑用としか思えないような仕事を任されることもあるため、アシスタントになることをを考えるのであれば、厳しさにも負けない覚悟を持っておく必要があるでしょう。

メイクアップアーティストになるための道はひとつではなく、専門学校で体系的に知識や技術を身につけ、そのまま化粧品メーカーやプロダクションなどに就職し、社員として経験を積んでいくこともできます。

一方、未経験からアシスタント期間を経て、若くしていち早く現場デビューをするチャンスを得ている人もいます。

どちらの道を選ぶにしても、まずは「自分がどう成長していきたいのか」を考え、進路を選択することが大切です。