ネイリストとして独立・開業するには?

開業資格や免許はない

 

ネイリストとして独立開業するにあたり、必ず取得しておくべき資格や免許はありません。

また保健所などの許可も必要ないため、開業のハードルは低いといえます。

必須の資格や免許はありませんが、業界内で歴史・知名度を有するJNECネイリスト技能資格を取得しておけば、自分のネイリストとしての技術レベルを客観的に証明できます。

さらに、お客様のなかにはサロンの衛生管理に不安を覚える人もいます。

その背景にはネイルサロンが増える中で、不十分なサロンの衛生管理により、爪のトラブルなどを経験するお客様もいることが挙げられます。

そのためネイルサロン衛生管理士資格を取得して、安全・安心なサロンであることをPRし、サロンのイメージ向上に努める人もいます。

開業の形式

 
開業の形式には以下の3つがあります。

なお個人事業主として開業する場合、税務署に開業届を出す必要があります。

店舗型ネイルサロン

 

ビルのテナントや路面店を借り、店舗型のネイルサロンとして開業する方法です。

立地条件を自分で選択できるため、自分のサロンコンセプトにあう環境、内装にしやすいです。

また人目につきやすいため、自宅サロンに比べ、集客力があり、住所を公開し宣伝活動を行いやすいというメリットがあります。

一方、初期投資費用、賃料、人件費が必要になり、想定以上に利益が少なくなる可能性もあります。

そのため、自宅型ネイルサロンがある程度成功し、集客・収支見込みがたち、更に収益アップを目指す場合に店舗型にチャレンジする人も多いです。

自宅型ネイルサロン

 

ネイルの施術に広いスペースは必要なく、マンションの一部屋を施術部屋として、自宅兼店舗として開業する方法もあります。

そのメリットは初期投資費用、賃料がかからないため、少ない元手でスタートできる点です。

さらに移動時間、営業時間の制約がないため、家事や育児と両立しやすく、柔軟に営業ができるのも主婦ネイリストに人気の理由です。

一方で、住居の一部をネイルサロンにする場合、開業場所を自由に選べないほか、生活感がでやすいというデメリットもあります。

さらに住居に不特定多数のお客様を招くことになるため、お客様もネイリストも安全面で不安を感じる人もいます。

面貸し契約で開業

 

店舗を開業するのではなく、個人事業主としてサロンと契約し、営業する形式もあります。

サロンの一部分に間借りし、売上から契約に応じた場所代を支払う面貸しスタイルでは、賃料などが不要なため、より初期費用を抑えることが可能です。

さらに集客は自分で行うものの、契約するサロンの知名度をある程度生かすことも可能で、自分で一から開業するよりお客様の目に留まりやすくなるでしょう。

個人事業主として経営者感覚を養うために、自宅型・店舗型ネイルサロンを開業する前に面貸しを経験する人も多いです。

開業で気をつけること

 

ネイルサロン勤務に比べ、開業することで年収アップの可能性、融通のきく働き方など得られるメリットは大きいです。

しかし、独立開業するのであれば、ネイリストとしての技量だけでなく、経営者としての感覚も必要になります。

店の売上管理などの経理的なことや、新規のお客さまを開拓するための営業活動、また、店が軌道にのって人を雇うことになれば教育プログラムの作成や人材教育まで行わなければなりません。

さらに、お客様に来てもらい、また来たくなるようなサロンづくりを心掛ける必要があります。

店のホームページ上にどのようなサービスを提供しているのか告知したり、ネイリストの経歴や店内のイメージ写真を掲載したりして、初めてのお客さまが安心して利用できるような工夫をしていくことも大切です。

独立にはそれなりの責任が伴うとともに、相当な努力も求められます。

まずはスキルを身につけたうえで、先々の計画を立てて、タイミングや状況をよく見て実行するほうがよいでしょう。

在宅ネイリストの働き方

 

自宅で働くことができれば、移動時間もなく、隙間時間は家事や育児をこなせます。

在宅で働く方法としては、自宅型サロンとして、部屋の1室をネイル施術スペースとして開業する方法があります。

ネイルケアに必要な各種道具やブラシ、付け爪、ピンセット、アクリル絵の具、ストーンといったさまざまな道具を揃えて、施術ができる台やアームレストなどを用意すれば、施術をすることは可能で、比較的気軽にスタートできます。

一方でお客様を自宅に招きいれることに抵抗がある、深夜しか時間がとれないなどの理由で、ネイルチップ制作を自宅で行う人もいます。

在宅ワークとしてサイトに登録したり、サロンと契約したりして、取引先から送られてくる材料を使って、指示通りにネイルチップを作成していきます

内職的要素が強く、根気がいる仕事ですが、隙間時間を利用したい主婦に人気です。

また、現代はインターネットの発達で個人が気軽に物やサービスの売買をできる時代です。

自らがデザインしたネイルチップをネット上で販売する人もいます。