メイクアップアーティストの道具、持ち物

メイクアプップアーティストはさまざまな人にメイクをするため、時には、キャリーケース・スーツケースがいっぱいになるほどメイク道具を持ち歩くこともあります。

メイクアプップアーティストはいつもどんな道具を持ち歩いているのでしょうか?

この記事では、メイクアップアーティストの道具、持ち物について解説します。

メイクアップアーティストの荷物

メイクアップアーティストは、たくさんの道具や持ち物を必要とする仕事です。

一般の人でも自分で化粧をする際には複数の道具を使うものですが、プロのメイクアップアーティストの場合たとえばファンデーションひとつとっても、いくつもの色やタイプのものを持ち歩き、状況に合わせて使い分けています。

現場の様子や目的、施術対象者によって道具を使い分けるため、荷物はどうしても増えて重くなります

場合によっては、キャリーケースやスーツケースが丸ごと仕事道具でいっぱいとなることもあります。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

代表的な道具

代表的な道具
  • 化粧水・乳液・美容液などのスキンケア用品
  • 下地クリーム
  • 日焼け止め
  • コンシーラー
  • ファンデーション(クリーム・リキッド・パウダー・クッションなど)
  • フェイスパウダー
  • ハイライト
  • シェーディング
  • コスメブラシ
  • スポンジ
  • リップ
  • リップペンシル
  • グロス
  • アイライナー
  • アイブロウ
  • チーク
  • アイシャドウ
  • マスカラ
  • クレンジング
  • ビューラー
  • タオル
  • ウエットティッシュ
  • 髪留め・ヘアクリップ
  • ヘアブラシ
  • ヘアスタイリング剤
  • ネイル

こうした道具は一般に市販されているものから、メイクアップアーティストのような専門家が使うプロ仕様のパレットなど、自分が使う中でいいと思ったコスメをどんどん増やしていくのが一般的です。

そのため現場を重ねれば重ねるほど道具の数が多くなってしまうため、

  • カバンの中はつねに整理整頓して、使いたい道具をすぐに取り出せるようにしておくこと
  • 相手によってどんな化粧品が必要なのか

をあらかじめ考えておき適切なものを持参することなどが大切です。

メイクアップアーティストの道具の選び方

メイクアップアーティストに必要な最低限の道具は、美容の専門学校に入学すると、学校で教材として購入できることがほとんどです。

教材に選ばれているキットは、リーズナブルでありながら使いやすさや品質のバランスがとれているため、安心して使用できます。

メイクの道具は、安いものからブランドの高価なものまでさまざまですが、いきなりハイブランドの道具をすべて揃えるのは難しいため、仕事をするなかで少しずついいものを買い足していく人が多いようです。

基本的には、どのような人の肌にも安心して使える素材のものを選ぶことが大切です。

とくにモデルは1日にいくつもの撮影を掛け持ちして、メイクを何度もやりなおすといったことが多々ありどうしても肌に負担がかかりやすいため、メイクアップアーティストとしても道具選びにも気を遣い、相手が肌荒れを起こさないように注意しています。

企業から提供を受けることも

一定のレベルに達すると、企業から試供品やお試しとして化粧品を提供してもらうこともあります

とくに新製品などは積極的に使ってもらうことで宣伝効果もあるため、企業側としても提供するメリットがあるのです。

メイクアップアーティストとしてもさまざまなブランドの新製品を取り入れることで、トレンド感のあるメイクができます。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの道具のまとめ

メイクアプップアーティストは現場の様子や目的、施術対象者によって道具を使い分けるため、時にはキャリーケース・スーツケースがいっぱいになるほど道具を持ち歩くこともあります。

そのため、つねに整理整頓して、どんな化粧品が必要なのかをあらかじめ考え、適切なものを持参しています。

必要な最低限の道具は、専門学校に入学すると、教材として購入でき、ハイブランドの道具は仕事をするなかで、少しずつ買い足していく、または企業が宣伝のために新商品を提供してくれることもあります。

メイク道具はどのような人の肌にも安心して使える素材のものを選ぶことも大切です。