「アイリスト」とは

アイリスト_画像

まつ毛ケアのプロフェッショナル。道具や薬剤を使いながら、j人のまつ毛をきれいにする。

アイリストは、「まつ毛ケアのプロフェッショナル」として、美容サロンなどでお客さまのまつ毛を整えたり、きれいにしたりする仕事です。

来店されたお客さまの目元に関する悩みをカウンセリングし、専用の器具や薬剤などを使いながら、「まつ毛エクステ」「まつ毛カール」「まつ毛パーマ」など、さまざまなメニューを施します。

薬剤を用いることからも安全には常に気を配る必要があり、この仕事に就くには国家資格である「美容師免許」の取得が不可欠です。

正社員で働く場合、給料は月給およそ18万円からのスタートで、美容師よりも初任給は高めとなっているようです。

アイリストの活躍の場はどんどん広がっていますが、流行に左右されやすい世界であるため、時代の流れを見極めながら、お客さまに喜ばれるものを提供する姿勢が求められます。

「アイリスト」の仕事紹介

アイリストの仕事内容

まつ毛ケアのプロフェッショナル

アイリストとは、まつ毛や目元に関するケアを行う仕事を行います。

近年、若い女性を中心に、人工的にまつ毛を植毛する「まつ毛エクステ」や、薬剤を使ってまつ毛をカールさせる「まつ毛カール」「まつ毛パーマ」などの技術が浸透し、高い人気を誇るようになってきました。

その流れを受け、目元のケアを専門に行う「アイリスト」も増加しています。

お客さまに対しカウンセリングを行い、どのような仕上がりにしたいのかという希望や普段の化粧の仕方を聞き出します。

そして今までのまつげエクステの経験などをもとに、どんな素材を使うか、何本つけるかといったことを決め施術を行います。

目元という非常に繊細な部位に施術を行うため、専門的な知識と技術が必要とされる仕事です。

アイリストの就職先・活躍の場

美容サロンが中心

アイリストは、目元ケアを専門に行う美容サロンを中心に活躍しています。

また、目元ケアも行う美容室や、エステサロンなどで活躍するアイリストもいます。

アイリストとして働くには美容師免許が必要なため、美容師がアイリストのスキルを習得し同じサロン内アイリストとして働く場合もあります。

こうしたサロンなどで経験を積み、自分で独立開業する人も少なくありません。

美容師や美容部員に比べるとまだまだ認知度の低い職業ではありますが、若い女性を中心に憧れを集めている職業でもあります。

アイリストの1日

サロンの営業時間に合わせて働く

アイリストの出勤時間は、勤務する美容サロンの開業時間に合わせて働くのが一般的です。

店舗によっては21時頃までオープンしていることもあり、シフト制で働くこともあります。

09:30 出勤
店舗の清掃や使用する薬剤の準備など開店準備をします。

10:00 開店
お客さまを案内し、要望にあったケアを行います。

11:00
空いた時間には、ダイレクトメールを送ったりSNSを更新したり広報活動をします。

13:00 休憩

14:00
午後の接客スタート
夕方から夜にかけては特に忙しい時間帯です。

19:00 閉店
店内を清掃し、片付けをして帰宅します。
時にはスキルアップのための研修が行われることもあります。

アイリストになるには

美容師免許を取得し技術を取得

アイリストとして働くためには、国家資格である「美容師免許」を取得することが必要です。

「美容師免許」を取得するためには、まずは高校を卒業した後に美容師の専門学校に進学し、美容師国家試験を受けます。

美容師免許を取得したら、まつ毛専門の知識やテクニックを学びます。

美容サロンなどに就職してから先輩に指導をしてもらう人もいますし、アイリストの技術を学べる民間の講座に通ってさらなる勉強を続ける人もいます。

実際のお客さまを相手に施術をするためには、何か月も努力する必要があります。

アイリストの学校・学費

まずは美容師の専門学校へ

アイリストは、施術で薬剤を使用する場合もあることなどから、美容の専門学校で学び、「美容師免許」を取得して働くことが定められています。

美容の専門学校では、ヘアカットやスタイリングの実技はもちろんのこと、パーマをかける際に使う薬剤に関する化学や、お客さんへの接客のテクニックまで幅広く学びます。

近年はアイリスト希望者向けに、目元ケアを専門的に学べるところもあります。

そこで2年から3年勉強し、卒業する際に国家試験を受け、無事に合格すると「美容師免許」を取得することができます。

アイリストの資格・試験の難易度

美容師免許が必須

現在、アイリストは、必ず「美容師免許」を取得しなくてはなりません。

近年「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などの関心が急速に高まったことで、目元ケアを行う美容サロンが激増しました。

ところが、正しい技術を身に付けないアイリストも激増し、トラブルが続出、社会問題になったのです。

こうした健康被害を受け、国から美容に関するプロの知識と技を持った人しか施術できないことが通達されました。

そこで「美容師免許」が必須ということが徹底されるようになったのです。

アイリストの給料・年収

美容師よりも給料は高め

正社員のアイリストとして雇われた場合、給料は月給およそ18万円からのスタートなります。

一般的に、同じく美容師免許が必要な美容師よりも初任給は高いことが多いようです。

大手の美容サロンであったり、アイリストとしての経験が豊富であったりする場合は月給20万円以上も望めます。

店舗によっては、指名料としてインセンティブがつく場合もあります。

経験を重ね「チーフアイリスト」になったり、店舗を経営する「マネージャー」に昇格したりすることで、さらに高収入になることもあります。

アイリストのやりがい、楽しさ

自分の技術で女性を美しく

女性にとって、目元というのは顔の印象を大きく左右するパーツのひとつです。

目元の悩みを持つ人にとって、まつ毛エクステやまつ毛カールはコンプレックスを乗り越えるための大切な手段です。

まつ毛のケアをすることで、きれいになれたと喜ぶお客さんは多く、アイリストはお客さんのそんな笑顔に出会えることに一番のやりがいを感じています。

自分の技術が評価され、綺麗になりたいという女性の前向きな気持ちを応援できるのが、アイリストにとって何よりの幸せです。

アイリストのつらいこと、大変なこと

地道で繊細な作業

アイリストと聞くと「美容に関わる華やかな仕事」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実は地道で神経を使う作業の繰り返しです。

まつ毛のケアを行う際は、お客さんの目元に薬剤を塗ったりピンセットで植毛したりするため、ケガには細心の注意を払わなくてはなりません。

お客さんの多い日には、朝から晩までひっきりなしに神経の使う細かい作業が続くため、長時間にわたってミスなく作業を続けることができる集中力が必要とされる仕事です。

アイリストに向いている人・適性

美容に関心があり集中力がある人

アイリストは、目元のケアを通して女性たちの「もっと美しくなりたい!」という気持ちを後押しするのが使命です。

女性のアイメイクの流行は、季節やその年によってめまぐるしく変わるものなので、日頃から美容への興味があり、流行の最先端を追いかけたいという人にとってはやりがいのある仕事となるでしょう。

また、一回のケアをする間、集中力を持続させなければなりません。

長時間集中力を切らさずに作業できることも、アイリストには求められます。

アイリスト志望動機・目指すきっかけ

アイリストに対する憧れ

アイリストはこの10年ほどの間に一気に職業としての知名度が高まってきました。

最近の若い女性にとっては憧れを抱きやすい職業のひとつでもあります。

志望動機を聞かれたときは、この業界に興味を持つことになったきっかけや熱意の強さをしっかりと語りましょう。

「自分はまつ毛が短くて幼い頃からコンプレックスだったが、まつ毛のエクステをしてすごく自信がついた」というような自分自身の具体的なエピソードを交えることで説得力を高めることが大切です。

アイリストの雇用形態・働き方

独立開業しやすい仕事

アイリストには、正社員・アルバイトなどさまざまな働き方がありますが、特徴として独立開業しやすいということがあげられます。

美容室ほど大規模な設備も必要なく、自宅の一部をサロンとして使って仕事をすることも可能です。

しかしそのためには、立地や規模、コンセプト、サービスやメニュー内容などを十分に検討する必要があります。

さらに技術者としてだけでなく、経営についての勉強をしていく必要もあるため、ある程度サロンなどで経験を積むことが必要です。

アイリストの勤務時間・休日・生活

世間の休日は忙しい

アイリストの仕事は接客業のため、土日祝日などの世間的な休日が稼ぎどきになり、自分の休暇は平日に取るというスタイルになります。

とくに忙しくなるのは夏休みや冬休みなどの長期休暇や、結婚式が多いシーズンやクリスマス前です。

イベントが多く世間の女性たちがオシャレに力を入れる時期には、必然的に美容サロンも混みあうことになるのです。

個人で指名をもらうような人気アイリストは、お客さまの都合に合わせるため長期的に休みを取ることが難しくなることもあります。

アイリストの求人・就職状況・需要

アイリストが働くサロンが増えている

最近では若い女性を中心にまつ毛のエクステやパーマが大流行していることもあり、美容サロンでもこういった施術メニューを取り入れるところが多くなってきています。

こうした動きに伴って、アイリストという職業はここ十年ほどの間に一気に認知度が高まってきており、新しくアイリストの募集をしている店舗も増えています。

特に目元ケアを専門に行う「アイラッシュサロン」はここ数年で増えてきた形態のサロンなので、オープニングスタッフとして大量にアイリストを募集していることもあります。

アイリストの転職状況・未経験採用

美容師からの転職が多い

すでに美容師免許を取得していて、現在「美容師」や「メイクアップアーティスト」として働いている人が、アイリストへの転職することは少なくありません。

アイリストへの転職動機はさまざまですが、「美容師と比べて給料が上がりやすい場合がある」「一人のお客さまに集中して施術ができる」「座って作業ができる」「美容師よりも手荒れの心配がない」などの声がよく聞かれます。

ただし、まつ毛のケアに関する専門知識を学ぶ必要があるため、美容師としてのキャリアがあっても研修を受け一から勉強する必要があります。

アイリストの現状と将来性・今後の見通し

現在進行形で市場の開拓が進む

アイリストは、比較的新しい職業です。

まだまだ歴史が短い職業なので、現在進行形で市場の開拓が進んでいるというのが現状で、意欲がある人には、挑戦のしがいがある職業です

一方で、流行の煽りを受けて短期間で市場が一気に変化するのが、アパレルや化粧品業界の特徴です。

時代を見極めながら、技術の習得を極めるのか、新たな流行に合うような施術メニューを考案し続けていくのか、マルチに活躍できるようにするのか、自分自身でしっかり判断することが大切です。